HOME | 概要

雲南省・四川省エリア:東アジア(中国) 期間:2002/08/22~2002/09/27

はじめに予定したルートはリタンをとおり、雲南ルートでラサまで行くつもりであったが、現地でいろいろと情報を集めてみると、1週間から2週間かかると言うことで、このルートは断念した。このあと、成都から飛行機でラサに入ることを考えたが、現地で会う旅行者から、四川省のチベット文化圏も面白いという話を聞き、最終的に以下に示すルートを選んだ。ラサは次回に持ち越し。下の地図において、カタカナで書いてあるのはチベタンの町。漢字で書いてあるのは漢民族の町もしくは他の少数民族の町。

費用

合計 9万5000円

 香港 - 1万5000円を3泊で使い切る。これには中国ビザ代180HK$は含まれる。

 雲南省・四川省 - 72800円

 タイ(バンコク) - 7200円

※この金額には香港-深セン間のボート代189HK$、深セン-昆明間の飛行機代1060HK$、日本-香港、バンコク-日本の飛行機代は含まれていない。ただし成都-バンコク間の飛行機代2200元は含まれている。


両替レート

香港空港 5000円→302.5HK$

香港・重慶大厦で両替 10000円→641HK$

昆明空港内の建設銀行で10000円→671.04元

麗江の中国銀行で20000円→1364.58元

康定の農業銀行で165US$→1352.0元

成都の中国銀行で30000円→1993.80元

※バンコクでは余った中国元60ドル分ほどで足りた。

ビザ

今回取ったビザは「中国ビザ」のみ。香港とタイはビザなしで入れるので必要なし。香港のラッキーハウスで中国ビザは取ってもらう。写真が一枚必要で180HK$。

追記

上にも書いたように最初の計画では雲南ルートを抜けようと思っていたので、寝袋を持参。モンベルの夏用シュラフ。中国で使うことはなく、ファンが寒かったバンコクで一回だけ使用(?)。また、以前行ったネパールのトレッキングで4200mまで上がったとき、頭痛で寝れないという高山病の症状が出ていたので、携帯用酸素ボンベを持っていった。しかし、酸素の方は成田空港で機内に持ち込めないということで没収。他は海外旅行持ち物リストに書いてあると通り。

スケジュール

香港 - 3泊 -

雲南省 - 9泊 -

 昆明・大理・麗江・中甸(ジョンディエン)

四川省 - 20泊 -

 郷城(チャンテン)・理塘(リタン)・康定(カンディン)・甘孜(カンゼ)・炉霍(ダンゴ)・色達(セルタ)・馬爾康(マルカム)・若爾蓋(ゾルゲ)・アバ・成都

タイ(バンコク) - 3泊 -



HOME | 概要

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • Hornの小屋を見下ろす。 ここからの下り口を探すのに少し迷った。

    • 桟橋の真下の海には大量の魚が群れをなしている。統制がとれていて右へ動くときはみんな右へ、上へ動くときはみんな上へ。でも、良く見ていると同じ方向へ動かないものも中にはいる。つむじ曲がりなのか(魚につむじはないが)、我が道を行くタイプなのか。人間界にもこういう人はいる(私?笑)。

    • 大聖堂前のペリスティルと呼ばれる広場。多くの観光客でごった返している。

    • 宿はこんな感じ。トイレなどもきれいで驚いた。ただ朝便所の水は凍ってしまって流れないので下からバケツで汲んでもってあがって使用した。

    • 牧草地に水を撒くスプリンクラー。長いもので数百mもある。近くにスプリンクラーを操作する人は見当たらない。機械で制御されており、設定された時間になったら自動で水を撒くようになっているのか、雨が降っている場所でも、健気に?水を撒いていることも。


    • 駅前では、カッパもお出迎え。

    • ファウンドーウー・パヤーを出発してから約15分。狭い水路の向こうにガーペー僧院が見えてきた。

    • ドブ川にしか見えないが・・・