HOME | 概要

雲南省・四川省エリア:東アジア(中国) 期間:2002/08/22~2002/09/27

はじめに予定したルートはリタンをとおり、雲南ルートでラサまで行くつもりであったが、現地でいろいろと情報を集めてみると、1週間から2週間かかると言うことで、このルートは断念した。このあと、成都から飛行機でラサに入ることを考えたが、現地で会う旅行者から、四川省のチベット文化圏も面白いという話を聞き、最終的に以下に示すルートを選んだ。ラサは次回に持ち越し。下の地図において、カタカナで書いてあるのはチベタンの町。漢字で書いてあるのは漢民族の町もしくは他の少数民族の町。

費用

合計 9万5000円

 香港 - 1万5000円を3泊で使い切る。これには中国ビザ代180HK$は含まれる。

 雲南省・四川省 - 72800円

 タイ(バンコク) - 7200円

※この金額には香港-深セン間のボート代189HK$、深セン-昆明間の飛行機代1060HK$、日本-香港、バンコク-日本の飛行機代は含まれていない。ただし成都-バンコク間の飛行機代2200元は含まれている。


両替レート

香港空港 5000円→302.5HK$

香港・重慶大厦で両替 10000円→641HK$

昆明空港内の建設銀行で10000円→671.04元

麗江の中国銀行で20000円→1364.58元

康定の農業銀行で165US$→1352.0元

成都の中国銀行で30000円→1993.80元

※バンコクでは余った中国元60ドル分ほどで足りた。

ビザ

今回取ったビザは「中国ビザ」のみ。香港とタイはビザなしで入れるので必要なし。香港のラッキーハウスで中国ビザは取ってもらう。写真が一枚必要で180HK$。

追記

上にも書いたように最初の計画では雲南ルートを抜けようと思っていたので、寝袋を持参。モンベルの夏用シュラフ。中国で使うことはなく、ファンが寒かったバンコクで一回だけ使用(?)。また、以前行ったネパールのトレッキングで4200mまで上がったとき、頭痛で寝れないという高山病の症状が出ていたので、携帯用酸素ボンベを持っていった。しかし、酸素の方は成田空港で機内に持ち込めないということで没収。他は海外旅行持ち物リストに書いてあると通り。

スケジュール

香港 - 3泊 -

雲南省 - 9泊 -

 昆明・大理・麗江・中甸(ジョンディエン)

四川省 - 20泊 -

 郷城(チャンテン)・理塘(リタン)・康定(カンディン)・甘孜(カンゼ)・炉霍(ダンゴ)・色達(セルタ)・馬爾康(マルカム)・若爾蓋(ゾルゲ)・アバ・成都

タイ(バンコク) - 3泊 -



HOME | 概要

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • こちらが地図でも紹介されていたMilford Lookout Trackの展望台からの景色。

    • フェリーは9時発。帰りのフェリーはガラガラだったけど一応指定席。来た時と同じように、ふわりふわりと上下運動を繰り返すので、気分が悪くなる。船内では動き回ることもなく、ぐったりしていた。

    • ジェットエアウェイズの機内食はうまい。オムレツにソーセージに、パン、フルーツの盛り合わせ。機内はガラガラ。半分も載っていなかった(なぜ、予約が取り難いのか謎)。

    • 前半は昨日と同じようなもの。

    • カルス城から見えるカルスの街並み。

    • 角の随分と長いヤクがノッシノッシと歩いている。

    • ミャンマー・中国の国境ラインって、どうなっているんだろうと思って、その境辺りを歩いてみると、現地の人は、中国-ミャンマー間を自由に行き来している。 さすがに、このゲートからでは人目が多すぎて、ミャンマー側にいけないので、境に沿って歩いてみる。

    • こんな感じのほぼ平坦な道を歩く。Mt. Bratthálsの横長の稜線はこの右上にある。

    • ダム広場。正面の建物が王宮。