HOME | 概要 成田→シンガポール ヤンゴン ニャウンウー カロー Ywapu Hti Tine ニャウンシュエ ニャウンシュエ ニャウンシュエ ヤンゴン シンガポール→成田

ミャンマーエリア:東南アジア(ミャンマー) 期間:2009/12/25~2010/01/04

数年間世界放浪をした友人お薦めの国のうちの1つ、ミャンマー。軍事政権のイメージが強く、治安が悪く閉鎖的で暗いイメージがつきまとうが、実際に旅をしてみての感想は、治安も良く、遺跡は見ごたえがあり、料理もおいしい。素朴で親切でフレンドリーな人が多く心温まる。旅行中どれだけの笑顔を見たことか。こちらも自然と笑顔になっていく。旅行者目当てでお金をせびる人もいたが、拒否の姿勢を示すとあっさりあきらめる。唯一、バガンの子供がしつこく、たちが悪くて、半ギレしてしまったが。観光客が多く訪れる地域をちょっと離れれば、子供も大人もみな純真だった。ミャンマーは、間違いなく私も強くお薦めできる国だ。

費用

旅行費用(航空券代除く)

 402.89ドル


両替

 ヤンゴンの両替商

 200ドル→204,000チャット(1ドル1,020チャット)


ツアー

①カロー-インデイン-インレー湖-ニャウンシュエ2泊3日トレッキング 45ドル+12000チャット(インレー湖ボート代)

 カローで宿泊したWinner Hotelで予約。数グループでツアーを組むこともできるが、私は自分のペースで歩きたいため、割高になるが、自分だけのツアーにこだわった。料金にはガイド代、食事代、1泊目(民泊)の宿泊代(2泊目は寺院で寄付として宿泊代を払う)が含まれる。

②インレー湖ボートツアー 17000チャット

 トレッキング後、インデインから乗ったインレー湖のボートマンに、その日のうちに口約束で集合時間・場所を決めて予約。乗合いのツアーもあるが、こちらも自分だけのツアー。自分の行きたい場所へ行き、滞在したいだけ滞在できる。ツアー当日マーケットの開かれている、インレー湖南岸のタントーへ連れて行ってもらい、その後、織物、アクセサリー、工芸品の各製作現場、首長族が働く手芸工場を見学。最後にボートマンの自宅へ連れて行ってもらった。


 

航空券

移動手段


◎航空機

往路

12/25

 SQ637 成田11:30-18:00シンガポール

12/26

 SQ5012 シンガポール7:55-9:20ヤンゴン

12/27

 W9 141 ヤンゴン6:30-7:50ニャウンウー


復路

1/3

W9 109 ヘーホー15:45--6:15マンダレ16:35-17:05バガン17:25-18:20ヤンゴン

1/4 

 SQ5017 ヤンゴン16:40-21:15シンガポール

 SQ638 シンガポール23:45-成田7:30


成田-シンガポールはシンガポール航空

シンガポール-ヤンゴンはシルクエアー

ヤンゴン-ニャウンウー、ヘーホー-ヤンゴンはエアバガン


航空券代金

シンガポール航空・シルクエアー

 航空券代:56000円

 燃油代:6400円

 空港税:2040円

 合計:64400円

シンガポール航空のホームページから購入


エアバガン

 ヤンゴン-ニャウンウー

 航空券代:85ドル

 ヘーホー-ヤンゴン

 航空券代:85ドル

現地旅行代理店のSanay Travelのホームページ経由でEメールで購入(日本語)。

予約後、Eメールでやりとり。チケット受取り及び支払いはヤンゴン空港到着時。


◎バス

12/28 ニャウンウー(バガン)3:30-15:00カロー 運行会社不明 10500チャット

出発の前日、ニャウンウーのバスターミナルにあるオフィスで予約。

宿泊先のゲストハウス前まで迎えに来てくれる。バスターミナルでミャンマー人を乗せ4:00前に再出発。5:00過ぎにまだ真っ暗な中、朝食休憩なのか数十分停車。途中、故障で修理あり(10分程度)。10:30頃レストハウスで約30分の昼食休憩あり。

ビザ

ビザ必要

東京品川区のミャンマー大使館で申請、受領。私は日曜出勤の振替休日2日分を使って、直接大使館へ申請、受領に行った。

発行費用3000円(指定の銀行口座へ振り込み)

スケジュール

12/25 昼  成田からシンガポールへ飛行機へ移動(7時間半)

    夕方 シンガポール着(日本との時差-1時間)

12/26 午前 シンガポールからヤンゴンへ飛行機で移動(3時間)

       ヤンゴン着(日本との時差-2時間半)

    午後 ヤンゴン観光

12/27 午前 ヤンゴンからニャウンウーへ飛行機で移動(1時間半弱)

    昼  バガン観光

    午後

12/28 早朝 ニャウンウーからカローへバスで移動(11時間半)

    午後 カロー到着 カロー散策

12/29 早朝 カロー散策

    午前 カロー~インレー湖2泊3日トレッキング Kalaw~Ywapuトレッキング開始(6時間半)

    午後 Ywapu着

12/30 早朝 Ywapu~Hti Tineトレッキング開始(6時間半)

    午後 Hti Tine着

12/31 早朝 Hti Tine~Inn deinトレッキング開始(4時間)

    午前 Inn dein着 Inn dein散策

    午後 Inn deinからボートでニャウンシュエへ移動

    夕方 ニャウンシュエ到着

1/1  終日 ニャウンシュエ近郊散策

1/2  終日 インレー湖ボートツアー

1/3  早朝 ニャウンシュエ散策 

    午前 ニャウンシュエからヘーホーへバイクタクシーで移動(1時間弱)

       ヘーホー散策

    午後 ヘーホーからヤンゴンへ飛行機で移動(2時間)

1/4  午前 ヤンゴンからトワンテーへ船、ワゴンバスで移動(1時間半強)

       トワンテー散策

    昼  トワンテーからダラへバイクタクシーで移動(1時間弱)

    午後 ダラからヤンゴンへ船で移動(10分弱)

    夕方 ヤンゴンからシンガポールへ飛行機で移動(3時間)

    夜  シンガポール到着 シンガポールから成田へ飛行機で移動(7時間)

1/5  早朝 成田到着

    

    


2009/12/25 : 成田→シンガポール

2009/12/26 : ヤンゴン(ミャンマー) : パノラマホテル

ボージョー・アウンサン・マーケットから東へ徒歩10分弱の立地。現地旅行代理店のG&GのホームページからEメール経由で予約(日本語)。1泊シングル24ドル。支払いは宿泊当日ホテルのロビーで日本語の話せるG&Gのスタッフに。広くて清潔で快適。私にはもったいないくらい。

2009/12/27 : ニャウンウー(ミャンマー) : ピンサ・ルパ・ゲストハウス

「地球の歩き方」に日本語を話すスタッフがいると書いてあったので、空港からタクシーで直行。フミヤと自称する日本語ペラペラのスタッフがいる(藤井フミヤに似ているからと日本人旅行者の誰かがあだ名をつけたらしい)。色々旅の相談にのってくれる。1泊シングル5ドル。トイレ・シャワー付き。レンタサイクル(1日1500チャット)もここで借りられる。

2009/12/28 : カロー(ミャンマー) : ウィナーホテル

カローの市場に近く、大通りに面している。経営者は中国系。最初はバス下車後に客引きに連れられゴールデン・カロー・インへ行ったが、ここで頼めるトレッキングツアー(一人のみ)の料金が思いの他、高かったため、別の宿を探し、ここで相談したら、こっちの方が安かったので宿泊することに決めた。1泊5ドル。朝食付き。トイレ・シャワー共同。ホテルというだけあって、もっと料金の高い展望のよい部屋もあるらしい。

2009/12/29 : Ywapu(ミャンマー) : 民家

トレッキング初日に泊まった。宿泊する家はガイド任せ。宿泊費はツアー代に含まれているが、この家にどれくらい払っているのかは不明。ただ、ガイドに聞いたところ、ガイドが事前に買ってきた私の夕食・朝食の食材の余りとガイドの履いていたトレッキングシューズを物納したようだ(その後、このガイドの靴はサンダルに)。高床式の家で家族構成は父母子供2人の4人家族。電気は通っていない。

2009/12/30 : Hti Tine(ミャンマー) : 寺院

カローからインレー湖への2泊3日のトレッキングでは、この寺院に泊まるのが定番のようだ。私の宿泊した日も何組か泊まっていた。寺院の広いお堂の隅っこの一画が宿泊スペースとしてあらかじめ設置されている。写真のような仕切りで個室にしてくれており、最低限のプライベート空間は確保されている。食事は別棟の炊事場兼食堂でガイドの作った料理を食べる。翌朝出発時に寺のお坊さんに簡単な儀式みたいなものをしてもらい、ガイドにドネーション(寄付)を支払うよう促され、相場が分からないので1000チャットを払おうとするが、ガイドがもう少しというので、2000チャット支払った。

2009/12/31 : ニャウンシュエ(ミャンマー) : クイーン・イン

トレッキング終了後、インデインからインレー湖をニャウンシュエへボートで向かう途中に立ち寄ったガーペー寺院で会った日本人旅行者が泊まっており、お薦めと言われたので決めた宿。ニャウンシュエ中心街の西の端にある川(運河)の橋を渡り、左折し数十m先の左側、運河沿いにある。中年の姉妹が経営している。2人ともとてもやさしく、色々旅の相談にのってくれる。ボートツアーもここで頼んだ方が安くなったみたい。3泊したが、宿泊代は3泊とも全て同じ部屋(ダブルルーム)で、1泊目はここを薦めてくれた日本人と相部屋状態で一人6ドル。2泊目と3泊目は一人利用で1泊7ドル。朝食付き。トイレ・シャワー付き。

2010/01/01 : ニャウンシュエ(ミャンマー) : クイーン・イン

2010/01/02 : ニャウンシュエ(ミャンマー) : クイーン・イン

2010/01/03 : ヤンゴン(ミャンマー) : ガーデン・ゲストハウス

当初、「地球の歩き方」に載っている安宿のビューティー・ランド・ホテルⅡに泊まるつもりだったが、あいにく満室。そこで、やはり「地球の歩き方」に載っているここにした。部屋は狭く快適とは言えないが、寝てしまえば関係ない。1泊シングル4ドル。朝食(トースト・コーヒー)付き。トイレ・シャワー共同。

2010/01/04 : シンガポール→成田


HOME | 概要 成田→シンガポール ヤンゴン ニャウンウー カロー Ywapu Hti Tine ニャウンシュエ ニャウンシュエ ニャウンシュエ ヤンゴン シンガポール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • んーこれは…。

    • 天安門前は記念撮影スポット。大半が中国人観光客。

    • お寺では、いくつもの願掛けバルーンが打ち上げられていた。

    • 搭乗手続きを開始して、14時半過ぎにほぼ予定通り離陸。

    • 少年が木になっている果物をくれた。名前は失念。小さな梅みたいな果物で、さっぱりしていて喉を潤すにはちょうど良かった。

    • 峠で一度、タクシーを降りて、ルンタ撒き。

    • もともとは500人ほど描かれていたらしいが、今残っているのは18人。奥行き20mくらいの壁に残っているだけ。

    • 今日もまた夕景観賞。17:20、マチャプチャレ(右)とヒウンチュリ(左)。

    • 知らないうちにブルーモスクの構内に入っていた。(ブルーモスクは特に入場料は必要なし)