HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

アイスランドエリア:ヨーロッパ(アイスランド) 期間:2013/08/10~2013/08/22

2009年に旅先で会ったイタリア人がアイスランドのトレッキングを絶賛しており、トレッキング好きの私は、その時から、行ってみたい国の一つになっていた。今回トレッキングしたのは、北西部のHornstrandir(ホットンストランディルと発音するらしい)と南部のLaugavegur(ロイガヴェグル)の2コース。ともに3泊4日でテント泊。Hornstrandirは草原と苔の緑の鮮やかさが印象的。雪渓を水源とした清冷な小川も豊富で水の心配はない。車でのアクセス不可(ボートでアクセス)でトレッカーもほとんどいない(3泊4日の行程で30人いたかどうか)。道中ほとんど標識がなく、ルート(踏み跡)が分からなくなる箇所もあった。また、危険な雪渓の登り下りもあった。したがって一人歩きはお勧めできない。あと、靴を脱いでの渡渉箇所がHöfnからHorn間で1か所あった。一方、Laugavegurはアイスランドで人気のルートでトレッカーが多く、ルートもはっきりしており、一人歩きでも不安はない。靴を脱いでの渡渉箇所は、 アルフタヴァトン-エムストル間で2か所、エムストル-ソルスモルク間で1か所あった。景色の方は、前半は噴煙があちこちに湧き上がり火山の趣。変化に富んだ景観で飽きない。後半は黒い砂礫の平坦な地形が多くなり、天気も良くなかったのでちょっと飽きがきた。2コースとも樹木が生えていないので、終始見通しが利き展望良好。ただ快晴だったのは、Hornstrandirの初日だけで、その他は曇りがちで時折雨に降られたのが残念だった。それでも、同じ火山国日本でもお目にかかれないダイナミックな自然景観の中を歩きまくり、充実感あふれるトレッキングだった。

費用

◎アイスランド(航空券代除く)

 67,261円+150ドル

 空港両替所:150ドル→17135アイスランドクローナ(1ドル114.233クローナ)

  その他は、クレジットカード決済。平均1クローナ0.82円くらい。


◎パリ・アムステルダム

 48.45ユーロ

 日本から持参。


◎北京

 125.8元

 日本から持参分+現地のATMでキャッシング。

航空券

◎航空券


往路

8/10 成田15:50(中国南方航空)19:30広州23:00(中国南方航空 エールフランス機で運航)

8/11 5:40パリ12:25(WOWエアー)14:00レイキャビク19:00(エアーアイスランド)19:40イーサフィヨルズル


復路

8/15 イーサフィヨルズル19:35(エアーアイスランド)20:15レイキャビク


8/21 レイキャビク8:15(WOWエアー)13:25アムステルダム17:40(中国南方航空 KLMオランダ航空機で運航)

8/22 8:55北京15:20(中国南方航空 日本航空機で運航)19:55成田


航空券代

成田-広州-パリ、アムステルダム-北京-成田

中国南方航空 総額:127,650円

 航空券代:97,400円

 燃油代 :18,940円

 その他 :11,310円

中国南方航空のホームページから予約


パリ-レイキャビク

WOWエアー 総額:242.94ユーロ(32,617円 @134.2594円)

 航空券代:178ユーロ

 空港税等:29.64ユーロ

 その他 :35.30ユーロ


レイキャビク-アムステルダム

WOWエアー 総額:135.39ユーロ(18,177円 @134.2594円)

 航空券代:81ユーロ

 空港税等:21ユーロ

 その他 :33.39ユーロ

WOWエアーのホームページから予約


レイキャビク-イーサフィヨルズル(往復)

エアーアイスランド 総額177ユーロ(23,534円 @132.9584)

 航空券代:126ユーロ

 燃油代 :14ユーロ

 空港税等:15ユーロ

 その他 :22ユーロ

エアーアイスランドのホームページから予約


◎ボート

北西部のHornstrandirトレッキング時に利用

 Ísafjörður-Hesteyri 6,900クローナ(5,728円 @0.83)

 Veiðileysufjörður-Bolungarvík 8,900クローナ(7,387円 @0.83)

Ísafjörður(イーサフィヨルズル)のWest ToursホームページからEメールで予約


◎バス

南部のロイガヴェグルトレッキング、ゴールデンサークル観光、ブルーラグーン観光、空港往復で利用

総額:33,700クローナ(27,239円 @0.8083)

 ハイキング・パス(レイキャビク-ランドマンナロイガル、ソルスモルク-レイキャビク)11,500クローナ

 ゴールデンサークル(レイキャビク-シンクヴェトリル-ゲイシール-グトルフォス往復)8,900クローナ

ブルーラグーン(レイキャビク-ブルーラグーン往復、ブルーラグーン入場料込み)9,800クローナ

 フライバス(レイキャビク国際空港-レイキャビク市街往復)3,500クローナ

Reykjavik Excursionsのホームページから予約

スケジュール

8/10午後 成田から広州(中国)へ飛行機で移動(4時間半)

   夜  広州からパリへ飛行機で移動(12時間半)


8/11朝  パリ着

      パリ観光(ノートルダム寺院、凱旋門)

   昼  パリからレイキャビクへ飛行機で移動(3時間半)

   午後 レイキャビク観光

   夜  レイキャビクからイーサフィヨルズル(Ísafjörður)へ飛行機で移動(40分)


8/12午前 イーサフィヨルズル観光

   午後 イーサフィヨルズルから Hesteyri へボートで移動(1時間)

      Hesteyriから Búðir へトレッキング(7時間)


8/13午前  BúðirからHöfnへトレッキング(6時間)

   午後  HöfnからHornへトレッキング(2時間半)

   夕方  HornからHornbjarg(周遊)へトレッキング(4時間半)


8/14午前  HornからLátravíkへトレッキング(3時間半)

   午後  LátravíkからHöfnへトレッキング(4時間半)


8/15午前  HöfnからVeiðileysufjörðurへトレッキング(5時間)

       VeiðileysufjörðurからBolungarvíkへボートで移動(1時間)

   午後  Bolungarvíkからイーサフィヨルズルへミニバスで移動(20分)

       イーサフィヨルズル観光

   夜   イーサフィヨルズルからレイキャビクへ飛行機で移動(40分)


8/16午前  レイキャビクからランドマンナロイガル(Lanndmannalaugar)へバスで移動(4時間半)

   午後  ランドマンナロイガルからフラプティンヌスケル(Hrafntinnusker)へトレッキング(4時間)


8/17午前  フラプティンヌスケルからアルフタヴァトン(Álftavatn)へトレッキング(4時間半)

   午後

   夕方  アルフタヴァトンからブラットハゥルス山(Mt. Brattháls)へトレッキング(往復3時間)


8/18午前  アルフタヴァトンからエムストル(Emstrur)へトレッキング(5時間)

   午後

   夕方  エムストルからマルカルフリョウツグリュゥブル(Markarfjlótsgljúfur)へトレッキング(往復2時間)


8/19午前  エムストルからソルスモルク(Þórsmörk)へトレッキング(5時間半)

   午後  ソルスモルクからヴァラクニュゥクル山(Mt. Valahnúkur)へトレッキング(往復1時間半)

      ソルスモルクから Húsadalurへ徒歩で移動(20分)

   夕方  Húsadalurからレイキャビクまでバスで移動(4時間)


8/20午前  ゴールデンサークル(シンクヴェトリル、ゲイシール、グトルフォス)観光

   午後

   夕方  ブルーラグーン観光


8/21午前  レイキャビクからアムステルダムへ飛行機で移動(3時間)

   午後  アムステルダム観光

   夕方  アムステルダムから北京へ飛行機で移動(9時間)


8/22午前  北京着

      北京観光

   午後  北京から成田へ飛行機で移動(3時間半)

   夜   成田着

  


2013/08/10 : 成田→広州→パリ

2013/08/11 : イーサフィヨルズル

イーサフィヨルズルの街の半島の付け根辺りに位置するゲストハウス。シングル1泊(トイレ・シャワー共同)8,700クローナ。Booking comのホームページから予約。自炊用のキッチンスペースあり。レンタサイクル(マウンテンバイク)無料。

2013/08/12 : Búðir

Hornstrandir(ホットンストランディル)トレッキング(3泊4日)の初日に泊まった。幕営料無料。近くのHlöðuvíkと呼ばれる場所にテントサイトがあり、ここに泊まるのが正解。Búðirには小屋があるが誰もいないし開いていなかった。また、水道の蛇口はあるが出てこないし、近くに水場もなかった。

2013/08/13 : Horn

Hornstrandirトレッキング(3泊4日)の2日目に泊まった。幕営料無料。この一帯のHornvik(ホットンヴィーク)湾にはHöfnと呼ばれる場所にレンジャーもいるテントサイトがあるが、Hornbjarg(ホットンビヤルグ)により近いHorn付近にテントを張った。

2013/08/14 : Höfn

Hornstrandirトレッキング(3泊4日)の3日目に泊まった。幕営料無料。水道、トイレあり。

2013/08/15 : レイキャビク

Expedia(エクスペディア)のホームページで予約。男女混合ドミトリー(10人部屋)3,351円。BSIバスターミナルから徒歩10分以内、国内線(国際線ではない)空港ターミナルから徒歩15分程度の立地。中心街へも10分程度で行ける。ドミトリーは広く、パーテーションがあり、最低限のプライベートスペースが確保されるようになっている。

2013/08/16 : Hrafntinnusker

Laugavegur(ロイガヴェグル)トレッキング(3泊4日)初日のテントサイト。幕営料1,200クローナ。料金は近くの山小屋で払う。これを知らずにテントを立てたら、後で巡回に来て、料金を回収された。料金を払うとテントに付けるシールをくれる。

2013/08/17 : Álftavatn

Laugavegur(ロイガヴェグル)トレッキング(3泊4日)2日目のテントサイト。幕営料1,200クローナ。草地の平原で、広く快適なテントサイト。

2013/08/18 : Emstrur

Laugavegur(ロイガヴェグル)トレッキング(3泊4日)3日目のテントサイト。幕営料1,200クローナ。小屋近くの広いスペースは団体用となっている。小川沿いがテントを張るスペースになっている。

2013/08/19 : レイキャビク

Hotel Gardur 8月15日にも泊まった宿。

2013/08/20 : レイキャビク

Hotel Gardur

2013/08/21 : レイキャビク→アムステルダム→北京

2013/08/22 : 北京→成田


HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • そして同じく魯迅公園内にある魯迅記念館へ(8元)。ここに来ている人もほとんどが日本人。

    • 今日も農作業お疲れ様でした。


    • 泊まっている宿の一階にある食堂。豪勢にえびなどを頼んでみる。ビールも飲めるが、他の地域と同様にコソコソ飲まないとならない。新聞紙に包まれたキングフィッシャー1本120ルピー。

    • ライトレイルから外を眺めると、一面、雪。

    • 港に停泊している帆船。

    • 開いている宿が少ないということは、価格も高いということで、インサイドトイレットの部屋が300ルピー。ただ、ダイアモックを飲んでいたこともあり、トイレが部屋の中にあるのはよかった。夜中に何度もトイレに行ったもので。

    • カラファテ市街手前の高台を市街へと向かう車内から見た景色。下った先の平坦な部分は旧空港らしい。

    • 道路から一段降りたところが、私たちの食堂&休憩所。道から丸見え。