HOME | 概要 マカオ1 マカオ2 香港 香港→成田

マカオ・香港エリア:東アジア(マカオ) 期間:2011/07/15~2011/07/18

週末を海外で過ごすのもたまにはいいかなと思っていたところ、4連休が取れたので、マカオ・香港に行って見ることにした。目的は、もう10年以上も前に深夜特急を読んで以来、気になっていた「大小」というカジノをマカオでやること。

香港に到着してからは、そのままマカオにフェリーで移動して2日間過ごし、3日目は香港泊。マカオではカジノを、香港では客家な巨大な集合住宅を巡った。いつもと比べて短期間の旅行だったけど、日本での週末とは全く趣の違った3泊4日となった。

費用

両替

7月15日に香港空港の両替屋で、3万円を2,769香港ドル(0.0923香港ドル/円)

7月17日にリスボアのカジノで、2万円を1,912香港ドル(0.0956香港ドル/円)

7月18日に深水埗の両替屋で、1万円を950香港ドル(0.0950香港ドル/円)

リスボアのカジノの両替レートが良かった。香港ではなくマカオだからレートが悪いのは当たり前だと思っていたけど、今回の旅行でマカオの時のレートが一番良かったのは、驚き。


航空券

中華航空のウェブサイトで、台北経由香港行きの往復チケットを検索してみると、まだ空きがあったので購入。成田~台北は43,190円、台北~香港は8,694台湾ドル(≒24,250円)。


旅費(現地使用額)

香港、マカオで5,021香港ドル(≒52,850円)を使用。うち、カジノ代は1,500香港ドルで、宿代は3泊で900香港ドル。

航空券

成田~台北間

出発 : 2011-07-15 09:40, NRT -Tokyo Narita

到着 : 2011-07-15 12:10, TPE -TAIPEI (TAOYUAN)

便名 : CI0107

飛行時間 : 03:30


出発 : 2011-07-18 14:20, TPE -TAIPEI (TAOYUAN)

到着 : 2011-07-18 18:35, NRT -Tokyo Narita

便名 : CI0018

飛行時間 : 03:15


運賃合計 : JPY 28,000

税金/燃油特別付加運賃 : JPY 15,190

支払総額 : JPY 43,190


台北~香港間

出発 : 2011-07-15 13:50, TPE -TAIPEI (TAOYUAN)

到着 : 2011-07-15 15:35, HKG -Hong Kong

便名 : CI0679

飛行時間 : 01:45


出発 : 2011-07-18 11:05, HKG -Hong Kong

到着 : 2011-07-18 12:45, TPE -TAIPEI (TAOYUAN)

便名 : CI0904

飛行時間 : 01:40


運賃合計 : TWD 6,200

税金/燃油特別付加運賃 : TWD 2,494

支払総額 : TWD 8,694


フェリー

香港空港→マカオ : エコノミー席233香港ドル

マカオ→香港 : 九龍行き173香港ドル

ビザ

香港、マカオともに90日以内の滞在なら不必要。

ガイドブック・許可書など

地球の歩き方・香港

ご存知、地球の歩き方・香港版であるけれど、これには、マカオ、深センも載っていて便利。マカオの地図は貧弱であったが、なんとかこれ1冊で間に合う。香港の客家めぐりは、ここにあるだけの地図では少々厳しいかも、、、私はiPhoneのマップにナビゲートしてもらった。

深夜特急1 香港・マカオ

深夜特急の香港・マカオ版。沢木氏が旅行した当時とは、もう随分と変わってしまっているけど、その名残はあちこちに残っていて、それを追体験するのも楽しい。行き帰りの飛行機で3~4回も繰り返し、読んだ。

スケジュール

2011/07/15 : マカオ1(マカオ) : 東京賓館

安宿が集まる内港エリアで探した宿。あやしい宿も多いけど、ここは至って健全。陽気なおじさんが受付をやっている。一泊260ドルで、休日前は値上がりし290ドル。エアコン、トイレ、シャワー付き。部屋は狭い。

2011/07/16 : マカオ2(マカオ) : 東京賓館

リスボアでカジノを楽しむには、地理的にちょっと遠いかもしれない。リスボアに通うなら、その近くで宿を探したほうがいいかもしれない。

2011/07/17 : 香港(香港) : 航天賓館

前回、宿泊していた百楽門賓館の1階下にある航天賓館。東京賓館と同じようにこちらの女主人も陽気でいい(中国語しか通じないけど…)。日本人と分かると喜んでいた。部屋はかなり綺麗で、水回りも問題ない。ただ、1泊350香港ドルとちょっと高め。同じフロアに仏教の集会場があり、結構騒がしい時がある。

2011/07/18 : 香港→成田

みやげもの

マカオのカップ

モンテの砦にあるマカオ博物館のお土産物屋で購入したカップ。12香港ドル。デザインもそこそこ良かったし、値段があまりに安かったのでついつい買ってしまった。

マカオ名物・乾燥肉

完全な乾燥肉ではなくて、半分生の肉。豚、牛や、それぞれに香辛料を加えたものなど、いろいろな種類のものが、マカオの店先に並べられて売られている。量り売り。2枚で91香港ドル。味見もさせてもらえたので、美味しかったものを購入。


HOME | 概要 マカオ1 マカオ2 香港 香港→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • バトゥトゥモンガからの展望。なかなかの絶景だ。

    • タウリルトのカスバからの景色。入場料は20DH。

    • アマルガ湖畔のチェックポストが遠くに見えるようになった頃、車道から離れショートカットするトレイルがあったのでそのトレイルを下る。小川を跳び越えて渡る箇所があったが大したことはない。車道と合流し、大きな橋を渡るとアマルガ湖畔のチェックポストはすぐ目の前。ホステリア・ラス・トーレスからここまで約1時間半。まだバスの時刻まで1時間あったので、ちょっと脇道をそれて、グアナコの観察。

    • ファタヒラ広場に面して建つ、古めかしい建物。廃墟のようだ。

    • 暖炉に背を当てながらの夕食。メニューははフライドライスとポテトスープ。ポテトスープはまさにポテト!という感じで、ウマイ。食後は、暖炉にあたりながら、うつらうつらと過ごす。

    • 登り過ぎたポイントから。なかなかの景色だ。結果的に道を間違えたが、この風景を見られたから良しとしよう。

    • 船に戻ると、ランチの準備ができていたので、まずは腹ごしらえ。青い海、白い砂浜を見ながら贅沢な食事。このクルーズのランチは定評があり美味。日本人コックも同船していた。

    • 15:10に出発。少し下ると左側の展望が開ける。

    • Air Icelandの国内線空港ターミナル。国内線専用空港とはいえ、首都の空港としては非常にこじんまりとしている。