HOME | 概要

アモイ・客家円楼エリア:東アジア(中国) 期間:2003/12/27~2004/01/01

費用

1元≒13.1円

中国での旅行費用:1116元≒14620円

土楼で李さんの2日間ツアー(?)に参加したので、ここで390元使い結構お金かかった。ちなみに飛行機代は当然含まれていない。お土産などは買っていないのでこれが今回の旅行の純生活費になる。今回は残念ながらそれほど惹かれるお土産がなかった。


両替レート

アモイ空港 10000円→763.33元(12/27)

アモイ市内 5000円→382.83元(12/30)

アモイ市内 3000円→229.47元(12/31)

アモイ空港の中国銀行は両替してもきちんと全額出てこなかったな。脇で確かめていたら天から5角札がヒラヒラと。。。出国の際財布に固執する検査員といい、まぁなんというか、中国らしい。出国のときは財布などバックの中に入れX線に通したほうがいいかもしれない。

ビザ

2003年9月1日より普通旅券(パスポート)を所持する日本国籍者は15日以内の滞在であればビザの取得が免除となったので不必要。

追記

服装

下からスニーカ、靴下、ジャージ、パンツ、Tシャツ、風を通さないフリース。

昼間は汗をかくこともあったが、夜は寒い!!夏用の寝袋を持っていったが寒さで目覚めることもあった。もう一枚くらい上にはおれるものがあってもよかった。

ガイドブック・許可書など

旅行人ウルトラガイド客家円楼・岡田健太郎・旅行人

客家円楼そのものの詳細はこの本で知った。他に情報があまりない中、役に立った。ただ、地図の精度がいまいちなのが残念。それにしてもこれほど詳細に書く根気があるよな~~。

中国・ビン(門の中に虫という漢字)の道・司馬遼太郎・朝日新聞

土楼を旅行中、話題に上がった本。僕はこんな本があることを知らなかったので帰国してから読んでみた。内容は福建省全般に関するもので土楼については触れられていない。アモイについては最後の方にちょこっと。僕と同じようなルートを取るなら最後のアモイの項くらい読んでいたほうがより旅を楽しめると思う。福州・泉州に行く人は全部だな。

地球の歩き方・中国2003~2004

アモイに関してはこちらの本を利用。日光岩や胡里山などに関する記述を読んだくらい。客家円楼に関する記述はなし。アモイやコロンス島の地図は現地で購入。アモイ市街やコロンス島に関する記述は「広州・桂林と華南」版のほうが詳しそう。今回の旅行で僕はそれほどアモイなどに重点をおいていなかったので新たに買うことなく手元にある中国全土版だけ持っていった。

スケジュール

龍岩市・櫻花旅館 - 1泊(12/27) -

土楼民俗文化村・環興楼 - 2泊(12/28,29) -

アモイ・燕青旅館 - 1泊(12/30) -

コロンス島・龍頭旅社 - 1泊(12/31) -



HOME | 概要

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 街はペラヘラ祭りを見に来た人達で溢れかえっている。

    • クイーンズタウン-テアナウ間は、風光明媚な気持ちいい区間だ。

    • オスメニア・サークルでタクシーを下り、歩き方に書いてあるジャスミン・ペンションへ。宿代が760+αペソの中途半端な金額だった。 オスメニア・サークル付近をうろうろ。両替したり、夕食をしたり。ストリートチルドレンのガキンチョたちに囲まれ、かばんの中に手をツッコまれそうになる。こんな経験初めて。蹴り倒しても良かったが、まぁ、事件になるのも嫌なんで適当にあしらう。 これまで、いろいろな処にいったけど、ここはあまり治安のいい感じはしない。移動で疲れたこともあったので、宿に戻って体を隅々まで洗って、爆睡。

    • Hotel Gardurの近くにあるアイスランド国立大学。広い芝生の前庭が印象的。夏休みで学生はいないみたいで閑散としている。

    • 今日は何の用事もないので、朝8時起き。ただ、朝の5時半くらいに人間違いでインド人にたたき起こされる。「ソーリー、サー」とか言って消えていった。あとは、あちこち虫にやられてかなり痒い。 スピロ村にもう一度行こうかとおもったが、また凹むのも嫌なので、部屋の前で爪を切ったりしながら、ゆっくり過ごす。私がチャンゴから乗ってきたバスが10時半くらいにここを通るはずなので、10時前から幹線道路脇にあったベンチに腰掛けながら待つ。 バスでは座ることもできた。隣に座ったのは昨日、アニゴンパで世話になった尼さん。リコンピオまでは1時間20分。

    • 写真は考古学博物館。5ドル。中もこれといったものはなかったような・・・別に行かなくてもよかったかな。エアコン効いているわけでもないし。

    • 不漁。ここ1週間くらいこんな感じらしい。遠浅のこの海岸にはあまり魚はいなさそうだもんな。

    • ワカティプ湖を抜けると平原地帯が広がる。羊や牛の放牧風景を見ることしばしば、数は少ないが馬や鹿が放牧されていることも。