HOME | 概要

アモイ・客家円楼エリア:東アジア(中国) 期間:2003/12/27~2004/01/01

費用

1元≒13.1円

中国での旅行費用:1116元≒14620円

土楼で李さんの2日間ツアー(?)に参加したので、ここで390元使い結構お金かかった。ちなみに飛行機代は当然含まれていない。お土産などは買っていないのでこれが今回の旅行の純生活費になる。今回は残念ながらそれほど惹かれるお土産がなかった。


両替レート

アモイ空港 10000円→763.33元(12/27)

アモイ市内 5000円→382.83元(12/30)

アモイ市内 3000円→229.47元(12/31)

アモイ空港の中国銀行は両替してもきちんと全額出てこなかったな。脇で確かめていたら天から5角札がヒラヒラと。。。出国の際財布に固執する検査員といい、まぁなんというか、中国らしい。出国のときは財布などバックの中に入れX線に通したほうがいいかもしれない。

ビザ

2003年9月1日より普通旅券(パスポート)を所持する日本国籍者は15日以内の滞在であればビザの取得が免除となったので不必要。

追記

服装

下からスニーカ、靴下、ジャージ、パンツ、Tシャツ、風を通さないフリース。

昼間は汗をかくこともあったが、夜は寒い!!夏用の寝袋を持っていったが寒さで目覚めることもあった。もう一枚くらい上にはおれるものがあってもよかった。

ガイドブック・許可書など

旅行人ウルトラガイド客家円楼・岡田健太郎・旅行人

客家円楼そのものの詳細はこの本で知った。他に情報があまりない中、役に立った。ただ、地図の精度がいまいちなのが残念。それにしてもこれほど詳細に書く根気があるよな~~。

中国・ビン(門の中に虫という漢字)の道・司馬遼太郎・朝日新聞

土楼を旅行中、話題に上がった本。僕はこんな本があることを知らなかったので帰国してから読んでみた。内容は福建省全般に関するもので土楼については触れられていない。アモイについては最後の方にちょこっと。僕と同じようなルートを取るなら最後のアモイの項くらい読んでいたほうがより旅を楽しめると思う。福州・泉州に行く人は全部だな。

地球の歩き方・中国2003~2004

アモイに関してはこちらの本を利用。日光岩や胡里山などに関する記述を読んだくらい。客家円楼に関する記述はなし。アモイやコロンス島の地図は現地で購入。アモイ市街やコロンス島に関する記述は「広州・桂林と華南」版のほうが詳しそう。今回の旅行で僕はそれほどアモイなどに重点をおいていなかったので新たに買うことなく手元にある中国全土版だけ持っていった。

スケジュール

龍岩市・櫻花旅館 - 1泊(12/27) -

土楼民俗文化村・環興楼 - 2泊(12/28,29) -

アモイ・燕青旅館 - 1泊(12/30) -

コロンス島・龍頭旅社 - 1泊(12/31) -



HOME | 概要

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 10月9日12時にスムダ・ドに迎えに来るように頼んでいたタクシーが本当に来てくれるのか、不安があったが、どうすることもできないので、その時間まで、小さな村の中を歩き回る。

    • バスでエンデに行こうかとも思っていたけど、バイタクの値段もそれほど高くはなかったので、バイタクで行くことに。100,000ルピア。11時にモニ村を出て、12時半に到着したので、1時間半ほど。途中、仮眠と取りたいと一時停止したので、実際にはもう少し早く到着できていたかも。

    • 森が開けたところで一休み。


    • 川の脇なので、それほど起伏があるわけではなく、歩きは単調。ただ、道が狭いところもところどころにあり、こういうところでは、ゾッキョに通せんぼさせられたりする。ベンカルあたりからカンテガが見られ、チュモアからナムチェの町のある丘が見えてくる。

    • トンコナンハウスの軒下で寛ぐ地元の青年達。

    • チャラック村を過ぎたところで、サラで出会ったマルカゴンパの坊さんに追いつかれた。彼らは馬なのでやはり速い。

    • 今まで登って来た道は狭かったが、この太子廟周辺だけ、少し開けている。ここには、売店や宿もある。

    • ホテルを出て、コモリン岬のほうにも行ってみることに。