HOME | 概要 デリー空港 ラマユル ファンジラ コンスキ峠手前でテント スムダ・チェンモ スムダ・ド レー レー→デリー→成田

コンスキ峠トレッキングエリア:南アジア(インド) 期間:2009/10/03~2009/10/11

短期間で行くなら、飛行機で入れるラダックだろうということで4度目のラダック旅行。ルートの選択もいろいろと悩んだが、短くても楽しめる場所ということで、ラマユルからスムダ・ドへのルートを選んだ。ワンラから先の情報については、ネットを探してもなかなか適切なものがなく、不安もあったが、いいガイドブックも見つけたので挑戦してみた。ラマユル・ワンラについては6年前に行ったことがあったので、その時の写真を届けるのも今回の目的の一つ。ワンラからヒンジュまではジープ道が完成していていて、ちょっとがっかりであったが、トレッカーは少なく一人が好きな人にとってはいい場所かも(?)。ただ、ヒンジュから先の峠周辺の素晴らしい景色や、スムダ・チェンモ、スムダ・ドなどの村々は想像以上に素朴でいい雰囲気を醸し出していた。次はヌブラか、ザンスカール。

費用

両替・キャッシング

前回の旅行の時の残金が見つからず、デリー空港のトーマスクックで両替(10/3)

300ドル→13,000ルピー(43ルピー/ドル)


使用金額(旅行費用)

今回の旅行を終わっての残金が6,640ルピーであったので、実際に現地で使った金額は6,360ルピーとなる。デリー空港での両替レートを利用して、ドル換算すると148ドル。ただ、このうち、タクシー代が4,000ルピー(=93ドル)だった。

航空券

使用キャリヤと日程

往路

10/3 AI 307  成田12:00 -  デリー16:55

10/4 IT3341 デリー6:10 - レー7:40


復路

10/10 IT3342 レー8:10 - デリー9:25

10/10 AI 306 デリー20:50 - 成田 08:00翌日着


航空券代金など

エアーインディア

海外航空券代金:72,000円

成田空港使用料:2,040円

燃油費:2,000円

航空保険料:1,000円

現地空港税等デリー:3,600円

合計:80,640円


キングフィッシャー

Fare:USD 238.80

Taxes/Fees/Charges:USD 10.88 WO (Passenger Service Charge)

              USD 4.10 IN (User Development Fee)

Total Fare:USD 253.78


キングフィッシャーについては、直接、ネットから注文。

ビザ

事前に茗荷谷のインドビザ発券所で取っておく必要がある。駅から歩いて10分ほどのオフィスで取得できる。必要なものは以下の通り。


・パスポート(有効期間が6か月以上残っているもの)

・写真(45mm×35mmのパスポートサイズ)x1枚

・ビザ申請用紙

・申請代金1,935円

ビザの申請用紙はジャパン・オーバーシーズ・コーポレーションのサイトからダウンロードできるので、事前に書いておくと手続きはスムーズに進む。書き方についての例もダウンロードできる。

ガイドブック・許可書など

TREKKING IN LADAKH

軽量化のために、必要部分のみコピーし、ノートに張り付けて持っていった。

スケジュール

2009/10/03 : デリー空港(インド) : デリー空港

エアインディアで夕方の到着。デリー市街に出ても、寝るだけになるので、国際&国内空港の椅子の上で粘り、翌朝の飛行機でレーに移動する。

2009/10/04 : ラマユル(インド) : ドラゴンゲストハウス

6年前にも泊ったラマユルのドラゴンゲストハウス。家族が多く賑やかなゲストハウス。部屋もきれいだし、お勧め。主人も奥さんも陽気で、居るだけで楽しくなる。キャベツの植替えや、野菜の選別作業も経験。部屋代200ルピー+食事代150ルピー。

2009/10/05 : ファンジラ(インド) :

今のシーズン、村には1軒しかゲストハウスはオープンしていない。オンシーズンにおいても、他のゲストハウスみたいなところに泊れるのかは不明。民宿はできないと思う。一泊するだけだったから、どんな部屋でもよかったけど、夕方以降は部屋に光が入ってこないのでかなり暗い。ただ、電気は使える。食事は宿に付属する売店のお姉さんが作ってくれる。宿代と食事代で200ルピー。

2009/10/06 : コンスキ峠手前でテント(インド) :

ヒンジュから2時間ほど歩いたところにあった小屋の前にテントを張らしてもらった。本当は川岸の平らな場所に張りたかったのだが、遮るものが何もない場所では、突風が怖かったので、この場所を選択。ただ、実際には、風なんて吹くことはなく、非常に静かな一日であった。あと、月が異様に明るく、誰かが私のテントに向かって懐中電灯を照らしているのかと、ドキッとする一幕も。もちろんタダ。

2009/10/07 : スムダ・チェンモ(インド) : 民泊

小さな村のなかの1軒。先に到着していたフランス人にゲストルームを占領されていたので(?)、私はその隣の部屋。ここでも十分快適。村ではちょうど脱穀・選別作業をやっている時で、かれらの作業を見ているだけでも楽しかった。夕食はみんなで作ったチュテキという料理。食事つき&弁当付きで350ルピー。

2009/10/08 : スムダ・ド(インド) : 民泊

村に泊れる場所があるのかどうか不安であったが、村にある2軒のうち1軒には泊れることが分かり、泊った家。立派な家でおばあさんと奥さんと学校の先生が世話を焼いてくれた。家の前には広場(=畑)が広がり、その向こう側にザンスカール川が流れるという非常に心落ち着く場所。小学校も目と鼻の先にあり、そこの授業見学も良かった。翌日の弁当を頼まなかったため、50ルピー引きの300ルピー。

2009/10/09 : レー(インド) : ゴタル・ゲストハウス

前回泊ったレーのゴタル・ゲストハウス。去年の外壁は茶色だったのに、今回行ってみると白色に変っていた。トレッキング中の汚れを流したかったのに、この時期は水道が使えないのが残念(たぶん、どの宿も)。主人も奥さんも親切で居心地がいい。夕食を宿で食べなかったので100ルピーの支払い。

2009/10/10 : レー→デリー→成田(インド) :

みやげもの

コンスキ峠の石

コンスキ峠の石。タダ。


HOME | 概要 デリー空港 ラマユル ファンジラ コンスキ峠手前でテント スムダ・チェンモ スムダ・ド レー レー→デリー→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 泊まっていた宿の脇の小道を通り、メインの通りから離れていくと、広いサッカー場などがある。そのサッカー場の周辺には高床式の住居が多く、子供たちはその家の周辺で泥まみれになりながら遊んでいた。

    • ケテケスの集落遠望。なかなか雰囲気のいい集落だ。

    • 船は各々の思い出が詰まった乗客を乗せ大海原を進む。日本人ガイドは日本人の乗客一人一人に声をかけて周っている。私も男女それぞれのガイドに声をかけてもらい、ダイビングをできなかった私がこのツアーを楽しめたか気にかけてもらった。シュノーケリングで十分楽しませもらったことを話すと安心してくれたようだ。クルーズの時間をほとんどデッキで過ごし、ミコマスケイを出航して2時間後にケアンズの港に到着。クルー全員に見送られ、港を後にした。 体験ダイビングは怖くてできなかったが、今まで足が付く場所が近くにないと怖かったシュノーケーリングでは、足が付かない場所でも数十分プカプカとリラックスできるようになったので、少しは水恐怖症が解消したようだ。

    • ジャガイモとご飯。結構イケた。 夕食後は、フランス人2人が私の部屋にきて、地図を写しながらのおしゃべりタイム。「それにしても、君たち準備不足だよー。」

    • 予定の18時を少し過ぎて、デリー空港到着。イミグレも人が少ないため、それほどかからず。外に出たのが18時50分。メインバザールまで行くか、それとも空港で朝まで過ごすか、迷ったが朝早く空港に戻ってくるのも面倒くさいので、2階のレストランの奥にある有料待合室(3時間/30ルピー)で待つ。12時間の待ちだったけど、60ルピーでOKだった。相変わらず、よく分からん。

    • 垂直の壁を猫がよじ登っている。スイスイと登り、一番上まで到達した。

    • 人工的な村で、まっすぐな道路の両側に商店などが並んでいる。

    • 宿の主人に別れを告げ、ボート乗り場へ。

    • G.W.ということで日本人も泊まっていたので、みんなで食事。何種類かのカレーを用意してくれたけど、辛くてあまり食べられなかった。