HOME | 概要

ウッタラカンド,ガンゴートリ,ゴームク (ガンジス川源流)エリア:南アジア(インド) 日付:2011/05/02 (3/9)

パーミットを取りに行く

さぁ、パーミットを取りに行こう


で、森林局はどこだと訊いて回ってがいまいちよく判らん。胡散臭いタクシーの運転手が行って帰って200Rsだと言うのでしょうが無いので連れていってもらう。多分歩いた場合ガンゴートリ行きのタクシー乗り場から40分位かかると思われる。上りもきつそう。


ウッタルカーシ森林局(通称フォレスト)

タクシーはぐねぐねとした山道を登りきり15分ほどで森林局(通称フォレスト)へ到着。


なんで役所のオフィスがこんな不便な場所にあるのか分からないが兎に角不便な場所にある。やたらめったら緑に塗られたドアが目印。















HOME | 概要

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 聖イグナチオ教会ステンドグラス。

    • 阿真の集落にて。犬の飼い主によると、この犬は琉球犬とビーグル犬の混血。また、「めざましテレビ」の「今日のワンコ」のコーナーでサーフィンをする犬として紹介されたとのこと。

    • バンガアンの村に行くには、宿から少し街道を進み、街道沿いにある集落から下に降りていく。

    • 時間通りに出発も遅刻者が2人いて、岸に留っていたボートに乗ってやってきた。。。

    • まずはシュエサンド・パヤーへ。なかなか立派な仏塔だ。


    • プーンヒル(3210m)では日の入りとなっても、7000mを越える山には、まだしばらく夕日が当たっている。

    • Sea Baronを出て歩いていると、澄んだ空気にまばゆい輝きの満月が東の空から昇ってきていた。

    • チリンに近づくにつれて、谷が少しずつ狭くなってくる。 チリンの村は道沿いから見えない。店なども1、2軒のレストラン(開いていなかったが…時間が早いせいか?)があるだけで、随分と寂しいところだった。チリンからは砂利道がマルカ谷への渡し場まで続く。