HOME |

プロフィール

大学院で情報科学を専攻した後、同じ研究室の先輩に「うちに来たら、インドとかネパールとかに行けるよ」と言われ、某企業へ。しかし、仕事では行けたことは一度もなく、専らG.W.や年末年始に有給をくっつけ、ヒマラヤ山脈周辺エリアをふらついている。

趣味は、海外旅行(ヒマラヤ山脈周辺!)に、山登り(沢登り!)、カヌー、チベット仏教などなど。海外渡航歴は現在、17カ国。いたずらに国の数を追い求めているわけではないのでこれ以上増えることはそうそうなさそう。このサイトに紹介している旅行以外に、アメリカ・カナダ・メキシコ・台湾・マレーシアにもそれぞれ行ったことがある。ちなみに仏教を信仰している地域や標高の高い山が目の前に見える地域が好き。旅行の楽しみは「そこに住む人との出会いである」と思っている。人種の壁を越えた人とのふれあいは涙が出るほどの非常に心温まるもの。これがある限り私は旅をやめられない。

今度、行きたいところ → アルナーチャル、ザンスカール、ラサ、ラホール(キナウルの近く)、ウユニ塩湖、砂漠らしい砂漠、パタゴニア、ギニア高地


コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 右手に切り立った大きな沢筋が出てきたら、スムダ・チェンモはすぐ。

    • Mt. Brattháls山頂から。

    • 聖ロヴロ大聖堂。只今、6:40。中に入れるのは8:00から(有料 25クーナ)。しばらく街歩きをする。


    • で、そこで使われているインクを頂いてきた。

    • 雨など気にせず遊ぶ子供たち。 ドラゴンゲストハウスについてからは、少し休憩。同宿はイスラエルやカナダの欧米人8人組で、今日がトレッキング最終日であった。彼らは庭にあるテラスで談笑していたので、私は宿の食堂で、彼らのガイドたちの打ち上げに混じって、HITビールを頂く。彼らといろいろ話していて思ったのは、ガイドなどを雇ったトレッキングもいいのかなぁと。私のような旅行の仕方では、あまり現地に金を落とすことにはならないし。

    • さらに、彼らの一つ一つを感心して、見ていたら、摺ったばかりの湿った経典の一部をスッと引き抜いてくれた。文字一つ一つがくっきり印刷されているわけではないので、読みにくいけれど、かないお気に入りのお土産となった。

    • 庭先でコーヒー豆を日干しで乾燥している。この地域で採れるコーヒーは、トラジャ・コーヒーとして有名。

    • しだいに雨が降ってきて周りの景色も霞んできたので、ただひたすら歩きに徹する。 写真は、平原が終了する地点手前からの歩いてきた方面。