HOME | 概要 那覇 座間味島 座間味島 那覇→羽田

座間味島エリア:日本(沖縄県) 日付:2011/03/07 (4/4)

阿真ビーチでシュノーケリング

天気予報通り、前夜から雨。晴れていれば阿嘉島へ行こうと考えていたが、雨の中行く気になれず。防災無線の案内によると、今日は波が高く、(予約していた)高速船は欠航。フェリーは特別ダイヤで座間味港を12:30に出港するとのこと。まだ時間は十分あるので、どうせ濡れるならとキャンプ場の目の前にある阿真ビーチでシュノーケルをすることに。阿真ビーチは満潮時にウミガメが餌(海藻)を食べに来る。そして、今日はちょうど朝が満潮の時間だ。民宿ロビンソンでシュノーケリングセットとウェットスーツをレンタルし、ウミガメの来るポイントとサンゴが見えるポイントを確認。


ウミガメのポイントを探すこと数分。ウミガメ発見。しばらくウミガメとランデヴー。ウミガメは私にお構いなく海藻を求めて悠々と泳ぐ。するともう1匹いたので、次はそのウミガメ観察。その後はちょっと沖合のサンゴポイントへ。熱帯魚も泳いでいる。安慶名敷島よりサンゴも熱帯魚も少なかったが、十分満足。途中で休憩を入れ、1時間程、座間味の最後のアクティビティを楽しんだ。


座間味島から那覇へ

シュノーケリングの後、ロビンソンでシャワーを浴び、座間味港へ。ちょうど雨がやんでおり、濡れずにすんだ。


フェリーざまみ。



12:30、座間味港から那覇へ向け出港。



海上、波が高く、時折船が上下に揺れ、波しぶきが飛んで来る。船内の客室もあるが、外の屋根付きデッキの壁際で、波しぶきが飛んできたら壁際に隠れることを繰り返すという、まるで子供の遊びのような暇の潰し方で、シケた海の航行を楽しむ。



14:30頃、那覇泊港到着。



泊港近くの富士家ぜんざいで氷ぜんざい(290円)を食べる。ボリュームがあるが甘さ控えめなので、もっと食べたいくらい。



予約している羽田行きの飛行機は20:35発だが、前の便をキャンセル待ちすることに決め、16:00前に那覇空港へ。


しかし、前の便は全て満席で、2便ほど待ったが、キャンセルは出ず。整理番号からいっても、この後の便も自分達の番が回ってくることは絶望的。キャンセル待ちはあきらめ、お腹がへったので、那覇市街へ戻り、牧志公設市場へ夕食を食べに行くことにする。


牧志公設市場の2階食堂で青菜ラフテー盛(800円)とジーマーミ豆腐(300円)を食べる。ラフテーは柔らかく味がしみ込んで、うまい。ジーマーミ豆腐は味(甘み)のあるところが偏っており、座間味で食べた方がよかった。



食後に市場を見学してから那覇空港へ戻った。



HOME | 概要 那覇 座間味島 座間味島 那覇→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • この子はいたずら坊主で、私の持っている竹の杖を奪い取ろうとしたり、デジカメで撮った画像を見せている時にカメラを叩き落とそうとしたり、石を投げつけてきたり・・・

    • 川の水は少ない。アイト・ベン・ハッドゥの遺跡の下流(写真の右側が下流)には石や土嚢が敷き詰められているポイントがあり、濡れずに川を渡れるようになっている。

    • 夕暮れまで暫く休憩。奥のピラミッド状の山がネムルトダーウ。フランス人文学青年が山に向かって静かに本を読む。

    • ゴンパに入れれば、これから進む先の風景が見やすいのだけれど、ゴンパへの登り道から眺めたところではこんな感じ。


    • 最後の一滴は彼が。 こちらの習慣だと、1月6日までは新年だとか。

    • 本なんかも自販機で売られていた。

    • おそらく、アニ遺跡の中で、一番有名な建物。聖グレゴリオ教会。

    • 店はトレッキングロードに屋根がついた、こんなアーケード風になっている(この写真は店を通り過ぎた場所から写したもの)。この数分先にも似たようなアーケード風のショップがある(帰りに寄ることになる)。