HOME | 概要 池袋→釜石 釜石 遠野 早池峰山 盛岡→新宿

釜石市・大槌町(東日本大震災被災地)、早池峰山エリア:日本(岩手県) 日付:2011/05/02 (3/6)

釜石市街から両石地区へ







釜石市両石地区

釜石市街から歩いて約1時間で両石地区に到着。ここ両石地区では、津波は防波堤を越え、さらに一部の防波堤をなぎ倒し、集落を根こそぎさらっていった。

































釜石市鵜住居(うのすまい)地区

両石地区から徒歩約15分で鵜住居地区へ。釜石市街で話を聞かせていただいた方がこの鵜住居地区の方だった。見渡す限りの瓦礫。そこに街の息吹は全く感じられない。しかし、時間はかかるかもしれないが、またいつかここにも人々の笑顔が戻ってくることを信じたい。















大槌町

鵜住居に来て、若干の疲れもあり、さらに台風並みの強風が吹き荒れる天候の為、崩れた家屋でガタンガタンとトタンが今にも引きはがされそうで、下手をすると強風にあおられたトタンや瓦礫が私を襲ってくる恐れもあり、釜石市街へ戻ろうかとも少し考えた。しかし、この先にある大槌町は町ごと津波にさらわれた被災地として報道でも見聞きしており、今回の旅の計画時点でその現場を見ておきたいと思っていたのと、さらに昨日釜石市街で会った被災者の方から「大槌町は見に行った方がよい。」「写真を撮るだけでなく被災地の状況をみんなにも伝えて欲しい。」と言っていただいていたので、思い直し、半ば好奇心、半ば使命感のような感じで行くことに決める。そして休憩時間も入れて1時間弱で大槌町に入る。ここでは津波の他に火災の影響で延焼した家屋もあるようだ。自衛隊員がその原因になったであろう、プロパンガスのタンクを回収し、積み上げていた。
大槌町の惨状は、釜石市街、両石地区、鵜住居地区ももちろん酷かったが、それらの地区よりはるかに広範囲にわたるだけに、瓦礫の平野と化したかつて「街」に感傷を抱く以前に自然の猛威に対する人の無力さを感じた。
もし神がいるとしたら、何故にこのようなこのような酷い仕打ちをするのか。神はいないのではないか。それでも神は、信じる人にとって、これからもその人の心のよりどころになり続けるのであろう。








































HOME | 概要 池袋→釜石 釜石 遠野 早池峰山 盛岡→新宿

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 9:30、家の前まで迎えにきたスリーウィーラーでトリンコマリーへ移動。時間に余裕があるのでバスターミナルではなく、コネスヴァラム寺院に行ってもらう。料金は800ルピー。

    • よく写真などで見るジェクゴンパの写真。中国の他のゴンパと同様、坊さんの姿はあまり見られず、ひっそりとしている。文革時代の残骸が若干見られるが、ほとんどは復興されている。 ゴンパをぶらぶらするも人がいなくて、つまらないので思う存分写真を撮って、丘を降りる。


    • チョーン・カム湖脇にあるワット・チョーン・クラーン。

    • 途中から川の脇を歩く。正面の丘の上にはワンラゴンパが見える。懐かしい。

    • 2014年初日の出。

    • メディナ内のケバブ屋。3本で10DH。

    • 昨日は、天気が悪くてよく見えなかった山々は今日は良く見える。

    • ゴンパ全景。ここに来る途中、追い越したオランダ人女性は、このゴンパの美しさに感激していた。