HOME | 概要 コロンボ キャンディ シーギリヤ ポロンナルワ ポロンナルワ ニラヴェリ ニラヴェリ コロンボ→成田

スリランカエリア:南アジア(スリランカ) 日付:2014/08/13 (5/9)

ポロンナルワ遺跡散策

宿で朝食後、宿でレンタサイクルを借り(350ルピー)、ポロンナルワの遺跡を散策。ポロンナルワの遺跡は歩いて回るより、レンタサイクルを借りて回った方がいい。私は当初、徒歩で回ろうと思っていたが、宿に泊まっていた人にレンタサイクルを薦められた。実際、周ってみたが、遺跡と遺跡の間は結構距離があり、自転車で回るのが効率的。各遺跡の前には自転車を置けるスペースがある。
まずは、パラークラマ・サムドラ近くにあるチケットオフィスでチケットを購入(3250ルピー)。シーギリヤ同様、DVD付きだった。そこから数分走った先にある遺跡入口でチケットチェック(ここでチケット売ってくれればいいのに)。


宮殿跡。かつては栄華を誇ったであろう建物も、今となっては廃墟。



宮殿跡近くにある閣議場跡。柱が林立して神殿っぽい。


ここまで、Kさんと一緒に周っていたが、遺跡観光のペースが違うので別行動に。この後も遺跡内で、何度もKさんと再会した。


遺跡と遺跡の間はこんな土の道でつながっている。坂道があったのは、北端にあるハスの池、ティワンカ・ピリマゲ寺院に向かう道ぐらいで、あとはほぼ平坦な道。



遺跡の中心地、クワドラングルにあるワタダーゲ。靴を脱いで中に入ることもできる。



パバル・ヴィハーラ。クワドラングルに比べ訪れる観光客が少なく、ひっそりとしている。



ランコトゥ・ヴィハーラ。パバル・ヴィハーラと比べても圧倒的にでっかい。



遺跡内にいたハイイロオナガザル。



群れをなして、遺跡内を闊歩していた。



ハスの池。模様は美しいかもしれないが、私にとっては、ただこれだけかのがっかり遺跡だった。



ティワンカ・ピリマゲ寺院内の壁画。
ティワンカ・ピリマゲ寺院は遺跡の一番はずれにあるので、時間がたっぷりある人は、見に行ってもいいが、ハスの池同様、時間をかけてまで(しかも登り坂がある)わざわざ見に行く価値があるかなってのが、正直な感想。



ガル・ヴィハーラの立像と涅槃像。



カワセミみたいな綺麗な羽をした鳥に遭遇。



キリ・ヴィハーラ。
遺跡内全般、外国人観光客よりもスリランカ人の観光(巡礼?)客の方が多かった印象。



ランカティラカ。
正面の立像の端から奥に進むと瞑想の道と言われる暗い通路(立像の向こう側を横断する通路)があるが、高い天井部にはコウモリがわんさかいるようで(暗くてはっきりは見えない)、キーキーとコウモリの大合唱が上から聞こえた。また、この通路を横断したが、足元にはコウモリの糞が落ちており、両足の靴下(遺跡の手前で靴を脱いでいた)に糞がくっついてしまった。


ミンネリア国立公園 エレファント・ギャザリング・サファリツアー

ポロンナルワ遺跡群を約4時間かけて散策完了し、13:10過ぎに宿へ到着。汗びっしょりになったので、シャワーを浴びるなどし、しばらく休憩。14:00前、ミンネリヤ国立公園のエレファント・ギャザリング・サファリツアーの車が宿にお迎えにくる。


ツアーの車。荷台部分が座席になっている。天蓋はオープンできる。



途中、給油をして(客を乗せる前に給油しておけばいいのに・・・)宿から約45分でミンネリヤ国立公園の入口(チェックポスト)に到着。エレファント・ギャザリング・サファリツアーに向かう車が何台も集まっている。



象のいるポイントまではまだまだ先。特に見所のないジャングルの中を約50分走る。



ジャングルを抜けた先は大平原。遠くにミンネリヤ・タンクと呼ばれる貯水池が見える。ここに象が集まってくるのだろう。しかし、象は見えない。



ジープで舗装されていない平原を走ること数分、数100m先に交通量の多い、明らかに一般道が見える。ジャングルをあれだけ走って、かなり奥地に来たと思いきやそうではなかった。実は、ここから見えた道は、宿からミンネリア国立公園入口に向かう時に通った道だった。ジャングルの道を1時間弱かけて走るのが非常に無駄に思えた。


ミンネリヤ・タンクをぐるっと時計回りに走っていると、かなり遠くの対岸に象の集団と車の群れが見え、そちらへ向かっていく。


15:58、象の群れを間近に見られるポイントにやって来た。



何十頭もの象がのんびりと草を食べている。しばし見学タイム。



象を見学する車とヒトの群れ。






16:14に次のポイントに向けて出発。数分後には2カ所目のポイントに到着。






10分程度見学して、来た道を戻る。もっと見させてくれればいいのに。



途中、水鳥の群れの集まるポイントで撮影タイム。



帰路、また象の群れに遭遇。



移動中のようで、象の群れが我々の前を悠々と横切っていく。




ジャングルに入る手前に展望塔があり、ここで10分ちょっと休憩。


展望塔からは遠くに水牛の群れが見える。そして、その先の湖には漁をしているのか、小舟と人の姿も。



展望塔から。
牛の群れも多い。野生ではなく放牧をしているようだ。


来た道と違うルートでジャングルの道を20数分かけミンネリヤ国立公園のチェックポストまで戻る。そこからまた幹線道路に出て、50分かけて宿に到着。到着時刻は18:30。辺りが薄暗くなってくる時間だった。


宿の近くの食堂でローストチキン(600ルピー)の夕食。なかなかおいしかった。



HOME | 概要 コロンボ キャンディ シーギリヤ ポロンナルワ ポロンナルワ ニラヴェリ ニラヴェリ コロンボ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 内部は店の名前の通りトルコの古民家を模した客室。靴を脱いで足を伸ばせるので長居させてもらう。


    • ミルフォード・サウンド・ロッジ内のミニショップ。食品、雑貨が販売されている。

    • 263mの展望台から、再びエレベータに乗って、350mの展望台へ。

    • 墓地の前を通ると、墓石の上になんと顎の骨が。

    • キルティプルの街。想像していたより栄えている。


    • 知らないうちにブルーモスクの構内に入っていた。(ブルーモスクは特に入場料は必要なし)

    • こうして砂漠を見下ろすと、砂漠全体が巨大な風紋になっているのが分かる。さしずめ棚田のような光景だ。砂漠の向こうにはテーブルマウンテンが見える。