HOME | 概要 デリー コーチン(コーチ) アレッピー(アラップーザ) トリバンドラム コバーラム・ビーチ カニャークマリ(コモリン岬) カニャークマリ→チェンガルパットゥ(車中泊) デリー→上海(車中泊) 上海 上海→羽田

コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラムエリア:南アジア(インド) 日付:2012/09/18 (5/10)

トリバンドラム観光


午前中のうちに、トリバンドラム観光をやろうと外に出る。

とりあえず、カニャークマリからの鉄道チケットを取ろうと駅へ。sleeperクラスだと、全く相手にされなかったが、3-Tierだったら、WL5にはいれたので、それをとりあえず押さえる。

それにしても、チケットの購入のために、みんながちゃんと並んでいたのには驚いた。



トリバンドラムの駅。


朝食


ブーテン・マリガ宮殿寺院手前にある食堂で、パラタと肉。パラタはうまかったが、肉が激辛。汗が吹き出して止まらない。


ブーテン・マリガ宮殿寺院


パドマナーバスワーミ寺院を横目に見ながら、ブーテン・マリガ宮殿へ。



寺院の参道の脇にブーテン・マリガ宮殿はある。藩王国時代の宮殿を博物館にしたもの。入場料は50ルピーで、カメラ持ち込みは+20ルピー。でも、撮影が許されるのは、建物の外だけ。

館内の見学には説明係と一緒にグループで回らなければいけないらしく、チケットを購入していても、建物の入口で一度、人が集まるのを待たされる。

建物の中に入ると、最初に現れるのは、実物大のカタカリの人形。テンポよく説明してくれるので、なかなかゆっくりと見ることはできないが、そこそこ広い博物館の中を一通り効率よく短時間で見て回れる。象牙の椅子とかベネツィアングラスだとか凝った建物の造りだとか、、マハラジャの豪華権勢っぷりには目を見張るものがあった。陳列物よりは、建物自体の説明のほうが多かったかもしれない。

最後には「私は、政府の役人ではなく、ここの博物館の一介の職員です。もしよろしければ御厚意を」という感じで終わる。みんな20ルピーくらい払っていたので、私も20ルピーを。



古い建物であるが、メンテナンスが行き届いているのは、メインの宮殿くらいか。その脇にある小さな建物は崩れそうなものも多かった。


ガナパティ寺院


ブーテン・マリガ宮殿からの帰り道に見える真っ黒なヒンズー教寺院。多分、異教徒は入れない。



宿のチェックアウトを終え、駅に向かっていると、警察が路駐のバイク回収を行なっていた。


トリバンドラムからコバーラム・ビーチへ


ガナパティ寺院からさらに南に行った所にあるイースト・フォート前から、コバーラムビーチ行きのバスが出ている。これはエアコン付きのバス。バスの中では音楽もかかっていた。

エアコン付きのバスも一部走っているが、値段がエアコン付きが26ルピーで、エアコン無しは12ルピー。



20分ほどで、コバーラムのバススタンドに到着。そこから、おみやげ屋が並ぶ坂道を下って行くと、目の前には砂浜が広がる。


コバーラム・ビーチ


インド人観光客に混じって、砂浜を歩く。とりあえず、コバーラム・ビーチの中心となる灯台側の砂浜まで歩いて行く。



宿の客引きが何人かいるので、部屋を見せてもらいながら、砂浜を奥に進んでいく。オフシーズンのためか、海に面した部屋は高くても1000ルピーくらいかな。


ACHUTA TOURIST HOME


見つけた宿が、ACHUTA TOURIST HOME。650ルピーのところを600ルピーに負けてもらう。目の前が海で、部屋のドアを開けると、風がよく通る。

ベランダから下を覗いていると、パイナップル売りのおばちゃんが来たので、まるまる1個購入。100ルピー。このおばちゃんは6本指だった。初めて見た。



目の前の海では、インド人や白人などが、海水浴。貸しベンチなどもある。

日本人も数人滞在中。観光客から小銭をくすねようとする北インド風のインド人も何人かいるので、その辺は注意。



部屋で、海パンに着替え、海に突入。この海、かなりしょっぱい。スリランカのトリンコマリーで入ったときは、こんなにしょっぱくなかったような気もするが、、、

海で遊んでいたら、右手にしびれを感じ、右手首を見てみると、クラゲに刺された跡が、、、ちょっと心配になり宿に戻り、塗り薬をもらう。オロナインみたいな薬だった。

海岸沿いにはチベタンショップなども多い。


灯台からの眺め


18時まで灯台に登れるので、行って見ること。入場料25ルピー+カメラ25ルピー。

灯台内の螺旋階段を登り、一番上まで。外に出てみると、風が強い。インド人も楽しそうに記念撮影をしている。



漁を終えた漁船だろうか、何隻も目の前の海を横切って北方面に帰っていく。



灯台での一枚。



登ってきた灯台。



海に沈む夕日も綺麗だった。


夕食


泊まっている宿の一階にある食堂。豪勢にえびなどを頼んでみる。ビールも飲めるが、他の地域と同様にコソコソ飲まないとならない。新聞紙に包まれたキングフィッシャー1本120ルピー。



HOME | 概要 デリー コーチン(コーチ) アレッピー(アラップーザ) トリバンドラム コバーラム・ビーチ カニャークマリ(コモリン岬) カニャークマリ→チェンガルパットゥ(車中泊) デリー→上海(車中泊) 上海 上海→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ここの子供達は、チョコレートくれだの、ペンくれだの、ほとんどおねだりしてこない(全くない訳ではなかったが、ねだられたとしてもしつこくない)。

    • 石頭城の看板。

    • 両替所もあったが、レートはこんな感じ。ドルを見た限り、とてつもなく悪いという感じはしない。カトマンズでは74.5ルピー/ドルであった。


    • 門を入った瞬間から、シルクロードの世界。素晴らしい。雲ひとつない空の下、茶色の建造物がいい感じ。 正面にあるのが、カルタ・ミナル。未完成のミナレット。

    • 宿の兄ちゃん。彼にクリムトゥ山まで連れていってもらった。市場への買出しの途中。

    • 17時半シャブルベシ着。普段なら16時くらいにはシャブルベシに着くのが普通のよう。タイヤの交換が響いたのかな。 一本道の両側にゲストハウスや雑貨屋などが並んだ小さな町。外国人が泊まるゲストハウスは「ブッダゲストハウス」「ホテルラサ」など4~5軒ほど。

    • 上の写真のさらに右側の景色。右上の山の稜線辺りを越えてここまでやってきた。

    • 村の入口にあるチョルテン。