HOME | 概要 昆明 昆明 飛来寺 明永村 デチェン 燕門 燕門 デチェン 香格里拉 香格里拉 上海 上海 上海→羽田

雲南省エリア:東アジア(中国) 日付:2007/12/30 (9/13)

香格里拉へ

寒いから虫はいないだろうと気を抜いていたところ、首と右腕を虫にやられる。5箇所くらいずつ。


8時30分発のバスであったので、8時過ぎにはバスステーションへ。外はまだ薄暗い。バスに荷物を積み込むのに少し時間がかかり、出発したのは、8時50分。隣の席は、ウルムチ出身の貿易商。ラサからの帰りだそうだ。



そしてチョルテンを一回りして、バスへ戻る。これから香格里拉までの道中の安全を祈願する。


梅里雪山の見える場所で


少し走ったところにある梅里雪山が見える展望台で、一時停車。今日は梅里雪山の先端しか望むことはできなかったが、みんなバスから降りて、1~2元で松の枝葉を買って、それを供えた。


峠周辺

朝方は雲があったが、徐々に雲がなくなってきた。


徳欽と香格里拉の間にある標高4292mの峠。道路以外にはうっすらと雪があるが、日差しが強いので道にはほとんど積もってはおらず、バスの窓を開けても、それほど寒さを感じることもなかった。



空が青いねぇ。



徳欽方面を振り返る。この谷筋を辿っていけば、徳欽にぶつかるのだろう。


香格里拉の町が見えてくる


あともう少しで香格里拉へ。遠く町並みを見渡せる。左手には松賛林寺を見ることが出来る。



ガソリンスタンドもチベットチック。



隣の席のムスリムとお別れ。


香格里拉の街中へ

まず、宿探し。2泊の予定なので、小さくて居心地の良さそうなところをと思いながら、街中を歩き回った。結局、大通りから1本入った青々客棧という宿へ。受付には12月28日から働き始めたばかりの虎跳峡出身の女の子がいた。部屋は北向きというのを除けば、70元でバスタブも付いており悪くない。屋上からの眺めを良かった。




時間があったので、old townの方へ。昔は籠にマツタケを山盛りにした売人がいたのだけれど、今回見かけたのは、乾燥マツタケばかり。



それに、こんなのまで建っている。お寺だと思うのだが、私が滞在中は、ずーと門が閉まっていたようだ。


偽OLD TOWN


ニセold town。麗江をまねた様な、古く見せかけている新しい町。これも以前に来たときはなかった思う。また、この近くにあった永生飯店(TIBET HOTEL)はどうも閉鎖されていようである。



ショッピングセンターのようなもの出来ていた。歩いていると「浜崎あゆみ」の歌も聞こえてきた。

宿近くの食堂で夕食を取った後、バスタブに湯を張って温まる。最高に気持ちがいい。ただ、あまりの香格里拉に変わりように驚いた一日であった。



HOME | 概要 昆明 昆明 飛来寺 明永村 デチェン 燕門 燕門 デチェン 香格里拉 香格里拉 上海 上海 上海→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • なんていうのかな、ちょうどお椀みたいな地形のなかにある湖。透明度が高いというわけでも、ないけれど、シッキミーズたちには神聖な場所らいい。

    • チーズももらった。今日取ったミルクで作ったんだとか。みんなでおやつ代わり食べた。バターも綺麗な色をしていた。 こんなことをしているうちに、雨が降り始めてきたので山を降りることに。

    • 展望台の上からダウラギリ方面。

    • 徳欽の町並み。燕門に比べて、随分と気温が低いように感じる。

    • 黒い平原と苔に覆われた緑の山。

    • 朝食時に靴磨きをしないか声をかけられたが、丁重にお断り。隣のスーツを着た男性は靴磨きをしてもらっていた。

    • 村の端っこにゴンパや学校などがある。

    • 本当かどうだかわからないが、JR釜石線の前進である岩手軽便鉄道時代のこの橋梁が、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモチーフになったとか。

    • ジャカルタ(スカルノ・ハッタ)空港内。