HOME | 概要 北京 西寧 西寧 同徳 同徳 同仁 夏河 蘭州 北京 北京→成田

甘粛省・青海省エリア:東アジア(中国) 日付:2006/10/09 (3/10)

クンブム寺(タール寺)に行く


朝の中心街を歩いて、タール寺行きのバス乗り場まで歩いていく。町の朝の風景を眺めることが出来ていい。バス乗り場からムスリムのおじちゃんの運転するバスで行くことに。ちょっと違和感あるんだよねぇ。ムスリムに寺に連れて行ってもらうことに(5元・45分)。


クンブム寺(タール寺)到着


門前町には仏具を作る店なども軒を連ねる。



寺の前で、ヨーグルトを売るおばあちゃん。腹を壊さないかと、ちょっとビクビクしていたけれど、食べてみるとゲキウマ!!以後、ヨーグルトに出会う度に買っては食べていた。





日差しは強く、このような湯沸しマシーンも大活躍。 食堂も何軒かあり、いろいろ選べる。





チケット80元。高い。。。有料ガイドのおねぇちゃんたちがチケット売り場に傘を差しながら、待機している。



かの有名な八仏塔。広場の真ん中に並んでいる。なんかなぁなんてもかんでも広場にすれば、いいってもんでもないだろうに。共産党はなにを考えているんだろうねぇ。



クンブム寺を眺めることの出来る丘から。



望遠をつかって、寺の中心部分を眺めている。クンブム寺のシンボル、黄金の屋根の大経堂が望める。



大経堂の前では、熱心な仏教徒が五体投地をしている。彼らはお茶や葡萄などを持ってきており、それを口にしながら、なんどもなんども同じ動作を繰り返している。



栴檀樹の葉の表面に仏の姿が浮き上がって見えるらしく、巡礼者が葉を拾っていたので、私も拾ってきたが、財布の中に入れていたので、端っこがちょっと壊れてしまった。



「撮ってもいいよ」と言ってくれたので、ツォンカパをバックにパチリ。




西寧に戻る


クンブム寺からバスに乗り、行きに乗った場所で降りる。そこから西大街まで少し歩いた後、1元バスに乗り、西寧駅へ。西寧駅前のバスターミナルで明日のカワスムド(同徳)行きのバスチケットを購入する。



バスターミナル脇には一大ビリヤード場がある。ビリヤードが大流行。西寧だけでなく、あちこちで見かける。



バスターミナル隣のチベット街。



恐らくバターだと思うのだが。。。宿近くのお店。


夕食は屋台街で

北大街と東大街の交わるところにある新華書店があるのだけれど、その街区のちょうど反対側が屋台街になっていたりする。そこで、夕食。


火鍋。熱く、辛く、冷麺並みに切れない麺。も~食べるのが大変。汗を滝のように流しながらも完食。最後のジャガイモが辛さをやわらげてくれた。





火鍋担当のおじちゃん。奥さんとの連携もいい。



帰り際、串刺しメロンを購入し、齧り付きながら宿に向かう。





HOME | 概要 北京 西寧 西寧 同徳 同徳 同仁 夏河 蘭州 北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 船は定刻通りの16:30に出航。楽しかったフィッツロイ島を後にする。写真は船の操縦席。 出航直後はデッキ席に座っていたが、雨が降ってきたのでキャビン内へ。我々と同じテント泊だったイギリス人の青年とPoor Englishを総動員して何とか会話。理解できない部分も多々あったが、グレートブリテン島南東部のカンタベリー近く出身のこと、連れの女性はフランス人の彼女で二人ともスイスでリゾート施設関係(スキー場かなんか)の仕事をしていること、二人はバカンス中で(1か月くらいだったか)オーストラリアをレンタカーで旅していること、先日行ったグレートバリアリーフツアーでは船の中で宿泊し、ナイトダイビングはエキサイティングだったこと等々。彼の英語は私にとって非常に聞きやすくて良かった。

    • 10数軒が並ぶ食堂街。メニューや料金は、どこも余り変わらない。この中の一軒で、鍋を注文。 鮭、黒い鶏肉、牛肉、野菜、麺など内容豊富な鍋だった。その他、揚げ春巻きも調子にのって注文。

    • 村の雰囲気ものどかでいい。村の真ん中にチョルテンの立っている砦跡の丘がある。村のシンボル。

    • どうだ、俺の自慢の牛を見てくれ。

    • こちらは、生鮮食品売り場。

    • デーツ・アプリコット等の屋台。結局、翌日の夕方にもまたこの屋台に寄り、その時は紅茶をいただいた。最後まで店の主人からは、一言もお金の催促や屋台の品を買ってくれとは言われなかった。旅行者からお金を巻き上げようとする人もいるが、旅行者とのコミュニケーションを純粋に楽しんでくれるモロッコ人もいるのだ。

    • トレッカーは少なかった。今日この村に泊まっているのは私一人。


    • 子供たちが駆け寄ってくる。