HOME | 概要 北京 西寧 西寧 同徳 同徳 同仁 夏河 蘭州 北京 北京→成田

甘粛省・青海省エリア:東アジア(中国) 日付:2006/10/10 (4/10)

カワスムド(同徳)へ

朝起きて、部屋を整理し、1元バスに乗り込み、駅近くまで。ちょっと歩きたかったので、バスターミナル前まで乗らずに少し手前で降り歩く。


駅前にある道路標識。「TRAIA STATION」は間違っていると思うんだけれどなぁ。。。



バスターミナル脇の食堂で。朝のすがすがしい太陽を浴びながらの朝食。幸せ。



9:00出発のバスでカワスムドへ(47.3元)。



国内移動なのに、なぜかX線検査がある。待合室は広々。バスがすでに来ていたのですぐに乗り込んだ。


昼食休憩


バスの隣は、西寧のアムチ(チベット医学のお医者さん)。カワスムド(同徳)に往診らしい。昼食は一緒に干○(テヘンに羊)4元。コシのある麺でおいしかった。周りの人も大体これを頼んでいた。それにしても麺ばかり。

途中は大草原の中をひた走る。




カワスムド(同徳)到着


15:00過ぎに到着。空は曇っていて、少々寒さを感じるような雰囲気。高山病の症状が出ているのか、体がだるい。旅行人のガイドブックには馬に乗るチベット人がいるとか、書いてあったけれど、みんなが跨いでいるのはバイク。袖の長い服を腰に巻きつけ、バイクにまたがる様もなかなか絵になる。



ひとまず、宿へ。興盛賓館。ここも正解。60元。昼間はおねぇちゃん2人が受付。英語はもちろん通じない。ゆっくり中国語を話してくれるんだけれど、分からんよ、こちらは。。。



窓からは崖が望める。景色もいいし、部屋も広くて快適。お湯も使えて、朝の洗顔にはいい。



見たことあるような、ないような。。。町の電気屋さんの前に積まれていたダンボール。



回教族も多い。 子供たちと遊んでいると、面白がっておじちゃんたちも集まってくる。「夕食食べたか?」と誘ってくれた回教族の人の言葉に甘えてご馳走になる。



訪ねたのは、冬虫夏草を集める仕事をしているおじさんの家。4人家族。ここで羊のスープやパンをご馳走になる。長男と延々と筆談をする。冬虫夏草を集めに蘭州からの出稼ぎ家族で、同じような人が50人ほどこの町にいるみたい。


東南椰島風情人蛇共舞全国巡回大型演唱会


おなか一杯食べ20時半を回ったのでお別れする。街中をふらついていると、これから演唱会(6元)が行われるという。チベタン、回教族、坊さんまでいろいろ来ていた。薄暗い会場であり、タバコの煙が充満していた。会が始まるまで、退屈させないためなのか、舞台中央にポツリとテレビが置かれ、映画が流されていた。



田舎の芸ではあったけれど、みんな楽しそうに見ていた。歌あり、コントあり、娯楽の少ないこの場所では、いい息抜きになるのだろう。





私の隣の席には誰も座っていなかったので、舞台から降りてきたハイテンションなパフォーマーが、その椅子の上に立ち、歌いまくり踊りまくる(下から撮影)。。。これが23時まで。



HOME | 概要 北京 西寧 西寧 同徳 同徳 同仁 夏河 蘭州 北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 涅槃像の先は明確な道がない。草地に踏み跡があるので、そこを進む。

    • 時間通りに出発も遅刻者が2人いて、岸に留っていたボートに乗ってやってきた。。。

    • レストハウスの近くでエミューとカンガルー(ワラビー?)が飼われている。エミューもカンガルーもこの旅行で見たのはここだけ。野生にはお目にかかれなかった。

    • 坂を上りきったところにゴンパの門がある。14時。

    • 屋上には犬が一匹。他にも猫がいるのだけれど、このときは行方不明。

    • ウブドでの観光は時間があまりなかったせいもあり、王宮を見たくらいで、そのあとはプラマ社のバスステーションまで荷物を担いてで行く。中心部からちょっと距離はあるが、まぁ、散歩代わりでちょうどいい。 12時発のチケット(40,000ルピア)を手に入れ、サヌールへ。途中下車しないとならないので、バスを降りるタイミングだけは気をつけていた。サヌールのプラマ社のバスステーションに着いたのは13時45分。ウブドから1時間45分ほど。 バスを降りてからは、中心部に向けて歩き出していたけど、かなり距離があった上、暑かったため、途中で挫折。バイタクを雇って150,000ルピア。

    • 日差しは強く、このような湯沸しマシーンも大活躍。 食堂も何軒かあり、いろいろ選べる。

    • 絨毯工房。絨毯一枚1ヶ月/人だそうだ。