HOME | 概要 北京 西寧 西寧 同徳 同徳 同仁 夏河 蘭州 北京 北京→成田

甘粛省・青海省エリア:東アジア(中国) 日付:2006/10/12 (6/10)

カワスムド(同徳)からツェコ(沢庫)へ


7時半前にはバスターミナルにつき、クソ寒い中、凍えながら出発を待つ。体調がなんだか悪いし、鼻水もたれてくる。





8時12分発(23元)。レゴン(同仁)行きの直通バスはないので、ツェコ(沢庫)でバスを乗り換える。



ずーと大草原の中を走る。あの向こうの山まで何kmくらいあるんだろう。


ツェコ(沢庫)到着


3500mを越えているため、ほぼ完全の体はダウン状態。本当はツェコの街も歩き回りたかったけれど、ペプシを飲みながらレゴン行きのバスが発車するのを待つのが精一杯。バスの本数は多そう。1時間に1本くらいか。





ツェコは作られた街という感じではあったけれど、チベット色の濃い町で面白かった。でも写真を撮る気さえなかなか起きず。ただただ、ひたすら、下界に早く行きたいという気持ちだけ。


レゴン(同仁)到着


14:00レゴン(同仁)到着。バスターミナルまで行かずに、街の中心でバスを降りる。標高は2400mくらいなので高山病の症状から抜け出す。


剛堅舒順旅社


ロンウォゴンパの近くに宿を取りたいと思っていたので、旅行人ガイドブックにある地図の路上市場の通りを山側に歩いたときにぶつかるT字路からさらに細い道を入ったところにある宿に決めた。この細い道は宿が連なる道となっている。一泊30元。中庭のある宿。ここの主人もダラムサラでの滞在経験があり、少し英語が通じる。





部屋で少し休んでいたらパンをくれた。


ロンウォゴンパ(隆務寺)


チケット代18元。お堂に入ってみると、小坊主たちがじゅうたんを作っていた。それが終わると、一人あたり20元(くらいだったかな)の小遣いが支給されていた。小坊主がじゅうたんを作っている一方で、他の坊さんたちは食事中。ゴンパの中はなかなか見ごたえがあるのだけれど、食事の食い散らかし方のほうに驚いてしまった。モモがその辺の床の上に転がっているし。。。

レゴン周辺にはゴマルゴンパなど他にもゴンパがあったけれど、ここでゆっくりしたいというのもあったので、ロンウォゴンパの中をぶらぶら歩く。



「キャハハハ~~手伝ってみる~~?」と元気なお姉さんたち。



食後の修行中。


信仰の深さの表れ


また、別のお堂にいってみると、板の間にくっきりと人の足跡が付いている。いったい何回五体投地をしたら、こんなになるんだろう。


僧坊で

迷路のような道を歩いていると、「チャ、ノム?」と声をかけられ、なんか日本語を聞いたようなと思って振り返るとお坊さんが、手を振ってくれていた。あとで小僧さんに聞いてみると、ゲシェといっていたから、偉い坊さんだったんだねぇ。10年間ダラムサラのナムギャルゴンパにいたから多少英語が通じた。英語-チベット語の辞書なども持っていたから、それらを駆使しておしゃべり。


坊さんの家で、いつも通りのパンとお茶をご馳走になり、「パソコンを持っているんだよ」というから、見せてもらう。win98のちょっと古いものだったけれど、450人いるゴンパでも持っている人は10人くらいしかいないらしい。これでロンウォゴンパの歴史をまとめているとのこと。これが終わったら英語のガイドブックを作るんだって。



記念に1枚。



ロンウォゴンパの裏山に上ってみる。



「キャ~~」と言いつつ、子供後ろに隠れるお母さん。





ゴンパの周りにあるマニ車の脇にぶら下がっていたチベット語の書かれた骨。



小坊主たち。


夕食


夕食は近くの回教徒のレストランで。なんだかいつも同じものを食べているよう。。。でも旨い。



HOME | 概要 北京 西寧 西寧 同徳 同徳 同仁 夏河 蘭州 北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • バスはゴンパの周りをぐるっと回った後、ヌルラに出る。途中、昨日、私を追い抜いていったフレンチトレッカーが乗ってきた。「ハロー、ジャパニー!」って。

    • 町外れのマニ車が続く道から、ムスタン方向を眺めたところ。ここからまた別な許可が必要なので、これ以上北には今回は行くことはできない。いつかまた来よう。

    • ボズテペの展望台には、テーブルと椅子が並べられており、道沿いのお茶屋で、出前のお茶も頼める。 みんなが頼んでいる出前のお茶は、炭で温める携帯用の銀色ポットに入れられて運ばれてくる。小さなポットだったら、頼んだかもしれないが、飲みきれなさそうなサイズだったので、頼まなかった。

    • 昨日、宿でタクシーを頼んでおいた。カザにはタクシーユニオンの推薦価格というものがあり Mud 1000 Kungri 700 Hikkim Komik 900 Tabo 1000 Kibber 450 Kee Gompa 300 Kee 250 という感じ。待ち時間は50Rs/1h。この価格より低い料金でドライバーと交渉するのがこちら側の条件。そんなもんで私はキーゴンパとキッバル、クングリの三箇所。本当はムッドに行きたかったがまだ雪が残っていたし、ドライバーはあまり行きたがらなかったし、私もかなり疲れていたので、クングリで折り返すことに。ヒッキムは雪のせいで通行止め。車では行くことは出来ない状況だった。タクシー代は1150ルピー。内訳は400(キッバル&キーゴンパ)+650(クングリ)+100(待ち時間)。ドライバーにしてはかなりの収入だと思う。

    • 263mの展望台から、再びエレベータに乗って、350mの展望台へ。

    • 日本人5人で、一先ずヒルトップホテルまで行く。

    • 誘ってくれたおじさんの家でお茶とお菓子をごちそうになる。「ホームステイをしないか」と何度も誘われたが、やんわりと断る。

    • ドイステープへ。まず、北門のところに止まっているはずのドイステープ行きのソンテウを探す。 行くとすぐに見つかった。50バーツ。体格のいい白人と一緒だったので結構キツキツ。途中から、山道に入り、なんだか酔った。

    • こんな感じのほぼ平坦な道を歩く。Mt. Bratthálsの横長の稜線はこの右上にある。