HOME | 概要 セブ空港 バンガアン バダット サガダ バギオ→マニラ セブ・シティ マクタン島 タグビララン セブ→韓国・釜山 韓国・釜山→成田

バナウェイ、サガダ、セブ島、ボホール島エリア:東南アジア(フィリピン) 日付:2012/12/31 (2/10)

セブからマニラへ

ダウンジャケットを脱ぎ、クソ暑い空港内で待機。両替屋で2万円を両替。9000ペソ。国内線カウンターは2時半くらいからオープン。それまで、その辺に寝ているフィリピン人と一緒にウツラウツラ過ごす。


空港使用料200ペソを払い、5:35搭乗。隣の席は空き。セブの周辺は晴れていたが、北に行くにつれ、雲が多くなってきた。セブパシフィックはLCCなので、何も頼まずマニラへ。


マニラ空港到着


セブの空港と違って、こちらの空港は大きく綺麗。7:15到着。両替レートもセブより少し良かったし、この先、両替できる機会があるか不安だったので、ここでもう1万円両替する。4600ペソ。



マニラの空港で時間を潰したあと、さらに9:20の飛行機で移動。カウヤンへ。



ルソン島中部にあるカウヤン空港に着陸。


カウヤン到着


10:15到着。飛行機からは歩いて空港へ。



よくある地方の空港で、かなり小さい。20m位歩くと空港を抜けてしまう。


空港を出たところで、トライシクルを捕まえ、バスが行き来するメインロードまで連れていってもらう。50ペソ。5分ほどの移動。


一体、いつバガバッグ行きのバスが来るのか不安になりながら、道路脇で待っていると、5分も待たずにきた。ラッキー。このバスでサンティアゴまでとりあえず行く。40ペソ。10:10発。

サンティアゴのバス停は、マックなども入っている結構大きなショッピングセンターに脇にある。ここでミニバンに乗り換え、バガバッグへ。



ミニバンがほぼ満席状態だったので、きつかった。後ろ向きに座らされて、1時間15分の移動。12:30にバガバッグに到着。70ペソ。

ここから、次はジプニーに乗り換え、バナウェイに向かう。12:45発。100ペソ。


バナウェイに到着


バナウェイには14:30到着。バガバッグからは1時間45分ほど。雨が降ったあとなのか、地面は湿っていた。棚田で有名な地域なので、雨もそこそこ多いのだろう。



バナウェイの町。



スティッキーライス、10ペソ。朝からほとんど何も食べていなかったせいもあるのか、美味しかった。きりたんぽを揚げた感じ?



なんか湿った感じの町で、ここで泊まるのもなぁ、、、なんて考えていたところ、ジプニーで隣に座っていたおばちゃんが、「バンガアンに帰る」と言っていたのを思い出し、彼女と一緒にバンガアンまで行ってみることに。



1時間弱、泥のぬかるんだ道を通りバンガアンヘ。100ペソ。天気がどんどん悪くなってくる。移動の途中に少し棚田が望めたけど、あとはずっとガスの中を移動。


バンガアンの宿に到着


バンガアンの宿は「BANGAAN FAMILY INN」という名の1軒しかない。集落から少し離れていて、街道沿いにポツン立っている。宿には通常の部屋(350ペソ)と伝統的家屋の部屋(500ペソ)がある。伝統的家屋は、道から少しくだらないとならないし、一人でそこに泊まるのもあまりに寂しすぎるだろうということで、レストランの脇に立つ通常の部屋に泊まることに。



街道の下に、バンガアンの村があるのだが、ガスってなにも見えない。



部屋はこんな感じ。トイレ、シャワーは別で、綺麗だった。バナウェイに泊まらず、こちらに来て良かった。こういう宿のほうが、ゆったりとした時間を楽しめる。



夕食は、こんな感じ。食事はおいしく、ビールも2本飲んでしまった。



HOME | 概要 セブ空港 バンガアン バダット サガダ バギオ→マニラ セブ・シティ マクタン島 タグビララン セブ→韓国・釜山 韓国・釜山→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • トイレ近くの洗面台に、中指の長さ程度の小さなヤモリのような生き物がじっとしていた。

    • Mt. Brattháls山頂直下から。こちらの方面にも青空が出てきて日が射すようになった。

    • スイカ?


    • 1947年に完成した1500人収容の劇場。第二次大戦後にタシケントに抑留されていた旧日本兵などが、強制労働で作らされた建造物の一つ。

    • すぐにカビるので注意。

    • このトレッキング道で象徴的な道が、バラタン村の先にある。ダイナマイトを差したような穴があるので、手作業で作ったのではないと思われるが、結構、圧巻。

    • ゴンパの中庭。ここでダライラマが泊まった部屋など4つほどの部屋を見せてもらえた。