HOME | 概要 セブ空港 バンガアン バダット サガダ バギオ→マニラ セブ・シティ マクタン島 タグビララン セブ→韓国・釜山 韓国・釜山→成田

バナウェイ、サガダ、セブ島、ボホール島エリア:東南アジア(フィリピン) 日付:2013/01/01 (3/10)

バンガアンの朝


6時半に起きると、外は晴れていたので、棚田の中にあるバンガアンの村に行ってみることに。



昨日はガスって何も見えなかった街道の下に、バンガアンの村が見える。



バンガアンの村に行くには、宿から少し街道を進み、街道沿いにある集落から下に降りていく。


バンガアン村

谷を下り、舗装されたあぜ道を進むと、バンガアンの村の入口。


村の入口にいきなりお土産屋など。



高床式の家がいくつも。今も使われている。



観光地化されているとかって、歩き方には書いてあったけど、全然そんなことない。



新年のため、あちこちで花火が上げられていた。



また、あちこちで酒が飲まれていた。



食事も美味しい。



村の中には、教会もちゃんとある。



教会内で遊ぶ子供たち。



これがバンガアンの村に降りるところにある、街道沿いの集落。



宿に戻って朝食。



朝食。

朝食を食べた後、精算して9時半に宿を出発。歩いてバタッド村へ。ジプニーに乗ってきた道を30分ほど戻る。


ジャンクション


現地の人が「ジャンクション」という分かれ道まで、宿から30分ほど。2kmくらいか。ここから街道を外れ、坂道を登っていく。バナウェイからここまで、トライシクルで来る欧米人も多し。



「ジャンクション」から「サドル」と呼ばれる峠まで坂道を登っていく。後ろを振り返ったところ。右手のほうにバナウェイがある。バンガアンは左手。



サドルに到着。ジャンクションから40分。たくさん車が止まっていてびっくり。なんだぁ、ここまでジプニーでも来れるのか。。。と。

売店も2軒ほどある。ここで少々休憩したあと、2軒の売店の間にある階段を下り、バタッド村へ。



細い山道を下る。一本道なので迷うことはない。



バタッドの看板が見えてきた。


バタッド村到着


村の入口にチェックポストがある。ここで記帳。日本人の観光客は殆どいない。ここでガイドはどうか?などと言われるが、正直その必要はないと思われる。



チェックポストの裏からの眺め。中心の村にも2軒ほど宿があったような気がするが、なぜか斜面に張り付く5軒の宿しか紹介されない。私は、その5軒の中のリタに泊まることに。部屋代は200ペソ。どこの宿も同じ料金設定のようだ。



宿に荷物をおいて、棚田の中にある村に行ってみようと斜面を下る。道なのか人の敷地なのかよく分からない。

田んぼに出て、あぜ道を歩いていると、新年のため酔った兄ちゃんが絡んでくる。その辺で小便しているし。こいつらとあぜ道ですれ違うのは危険。



こちらの村にも教会が。



ちょうど、苗を育てているところ。棚田の一部だけが緑色になっている。


バタッドのビューポイント


棚田を上がったところから見た景色。天気は微妙だが、こちらからの景色もなかなか。晴れた日の夕方がベストかな。


タッピヤ滝

ビューポイントから下ったところにある東屋(売店付き)から谷を下って、川の脇を10分ほど歩くと、タッピヤ滝に到着する。


地元の人も、観光客も来るところ。イロイロから来た観光客となぜか一緒に記念撮影。



滝壺で泳いでみる。



バタッド村のみんなと記念撮影。



毎年、元旦にはここに来て、酒を呑むんだとか。でも、みんな鳥肌を立てているんだよね。私もだんだん寒くなってくる。



マカロニとタピオカとシャンパンをみんなで。



最後の一滴は彼が。

こちらの習慣だと、1月6日までは新年だとか。



みんな濡れたままで、村に戻る。


棚田の中の村


氷がおやつ代わり。




RITA’S RICE

宿に戻ってからは、水シャワー。ホットシャワーも50ペソで使えるようだったけど、そこまで寒くはない。そのあと、宿の外にある焚き火の前で、宿の主人と話をしていたけど、バナウェイに来るには、マニラからバスで来るのが一番楽らしい。6時間くらいで来れるようだ。歩き方にある所要時間とは全く異なるが、それは道が整備されたからとか。そういうルートの選択肢もあったかな。

あと、この村のさらに先にあるカンプロ村にも宿はあるとのこと。時間があれば行ってみたかったな。


夕食は、RITA’S RICEとかいう名前だったかな。コンビーフがちらしてあるチャーハン。暗くて良く見えなかったけど、美味しかった。

食事をしていると、雨が降ってきた。昼間にふらなくて良かった。蚊が少々いたので夜は蚊帳の中に入って睡眠。



HOME | 概要 セブ空港 バンガアン バダット サガダ バギオ→マニラ セブ・シティ マクタン島 タグビララン セブ→韓国・釜山 韓国・釜山→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 高月山展望台は、展望地が3か所ある。こちらは島の北東部、さっき阿佐から歩いて行った安護の浦方面。阿佐は写真から切れているが、湾の左端にある。

    • 私への興味が薄れたのか、小坊主同士で遊び始めた。リンポチェが中に一人いたけれど、やはりなんかちょっと違った、服装も態度も。



    • 朝食は、メイン通りに朝だけ出店される麺屋台。5000kip。現地の人は、自分で好きな野菜を多めにトッピングしていたり、汁の中にもち米を入れて食べている人もいた。

    • 10元で、こんな数珠買ってみた。

    • Real Journeys社のオフィスのある港から中型の船に乗って、洞窟のある場所まで移動。

    • アヤズ・カラを眺められる場所に、テント(ユルタ)ホテルがあった。ここでラクダに乗っている人もいた。

    • 耳を引っ張り合うガキンチョたち。一番右の君はなんなんだ(よく分からん)?