HOME | 概要 セブ空港 バンガアン バダット サガダ バギオ→マニラ セブ・シティ マクタン島 タグビララン セブ→韓国・釜山 韓国・釜山→成田

バナウェイ、サガダ、セブ島、ボホール島エリア:東南アジア(フィリピン) 日付:2013/01/02 (4/10)

バタッド村の朝


6時半起き。少し散歩。これだけの棚田があっても、コメは足りず、外から持ってきているとのこと。なんでだろうなぁ。



朝食は、ピーナッツパンケーキとスクランブルエッグを注文。食事をしていると、主人がJALの機内誌であるSkyward(2010/10)を見せてくれた。そこにあったのは、石川直樹氏がここに泊まり、書いた記事だった。



宿の隣には、もともと使われていた伝統的家屋が残っている。今では、ほとんど、博物館状態であるが。



お宿のおじいさんと伝統的家屋の前で一枚。





主人とお別れ。

バナウェイ行きのジプニーが9〜10時に出るというので、8:05に宿を出る。かなり適当な出発時間に少々心配。


サドルに到着


峠のサドルについたのは、8:45。ここまでひたすら上りだったので、汗でぐっしょり。30ペソのコーラを飲んで一休み。途中途中の道はぬかるんでいたが、天気は回復してきているようだ。

サドルからのジプニーは10:05出発。満員。11:05にバナウェイ到着。160ペソ。バナウェイのゲストハウスでメールをチェック(30分/30ペソ)したあと、バナウェイからビューポイントまでトライシクルで行く。150ペソ。


ビューポイント


遠くに見えるのが、バナウェイの町。



ビューポイント周辺にはたくさんのお土産屋さんと数軒のレストランがある。レストランで昼食。毎日同じようなものを食べているような気がする。ここから1時間に一本位走っているミニバンを捕まえ、ボントックまで行かなければならないので、落ち着いて食事はできなかった。

14時にくると行っていたボントック行きのバンは、14:20にビューポイント前を通過。それを停めて飛び乗る。


ボントック


谷間が開けてボントックの町が見えてきた。ボントックに到着したのは、15:40。ビューポイントから1時間20分ほど。みんなは、バスターミナルのところで下ろされたけど、サガダに行く私を含めた2人は、そこから少し離れたサガダ行きのターミナルまで連れていってもらう。150ペソ。

サガダ行きのジプニーはなかなか出ず、50分ほど待ちぼうけ。香港・フィリピンハーフのアメリカ人とずっとおしゃべり。ジプニーは16:30出発。サガダについたのは17:20。45ペソ。

同乗のアメリカ人と一緒に宿を探したが、結構いっぱい。


サガダゲストハウス


室内シャワーが欲しかったアメリカ人とは別れ、私はサガダゲストハウスに宿泊。シングル250ペソ。


夕食


宿から3分ほど歩いたところにあったカラオケ屋なのかレストランなのかよく分からないところで、再びチャーハン。



オカマのお兄ちゃんが延々シンギング。小銭を寄付。



HOME | 概要 セブ空港 バンガアン バダット サガダ バギオ→マニラ セブ・シティ マクタン島 タグビララン セブ→韓国・釜山 韓国・釜山→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 部屋に荷物を置いて、ひとまず、昼食。主人が作ってくれる。ベジフライドライスとチャイ。今日の天気はイマイチ。太陽が出たり、隠れたり。

    • ナマステロッジ。偶然同じ宿に泊まった年配の日本人3人組は10人ものガイドやポーター、コックを連れていた。6時半から食事をするといっていたので混ぜてもらおうと思ったけど、彼らは専属のコックが作った鍋。おいおいおい、そんなんじゃ一緒にテーブル囲むことはできないよ、ということで私は近くのテーブルでカレーを頼む。

    • 聖イグナチオ教会ステンドグラス。

    • 砦跡の丘から眺める。天気もよく遠くの山々まで良く見える。

    • オールド・ハーバー。レストランが軒を連ねる。

    • 宿を出たところで、トレッキングの途中で出会った香港人グループと出会う。彼らは飛行機でポカラに向かうとのこと。私はバスで1日かけてポカラまで移動する。ポカラまでのチケット代は1200ルピー。高くて驚く。これも外国人料金。

    • 船での移動は、洞窟までの移動手段としてだけでなく、遊覧船としてテアナウ湖の景色も楽しめる。

    • バスは順調に進む。途中、左下の稜線上に、サラハンで見たのと同じような塔が立っていた。時間がたっぷりあれば、途中下車もいいが、今回もここは通過。

    • Manuel Tienda Leon社のバスターミナルのロッカーで荷物(約15㎏のザック)を預け(10ペソ)、徒歩約5分先のレティーロ駅へ行く。ここから地下鉄に乗りラバージェ通り駅まで行き、まずは夕食をとってから残り時間で観光することにする。