HOME | 概要 チェンマイ パーイ ソッポン メーホーソン メーホーソン メーホーソン→チェンマイ チェンマイ→バンコク バンコク→北京→羽田

チェンマイ、パーイ、ソッポン、メーホーソンエリア:東南アジア(タイ) 日付:2013/12/29 (3/8)

パーイでの朝食


7時に起きて、シャワーを浴びて、散歩。昨日の夜市はみんな片付けられていた。そのかわり、朝食がわりのごま餅屋が出ていたので、一つ買ってみる。10バーツ。


川の対岸へ


竹でできた橋で対岸へ。この辺は映画の舞台になったのか、観光客が多かった。橋を渡った先は、バンガローが立ち並ぶエリアで、店らしい店はなく、静かな場所。こういう風になっているのを知っていれば、こちらに泊まったのに。



舗装されている通りは少なく、赤茶けた道の両側にバンガローがポツンポツンと立っている。



高台から眺めた川の対岸エリア。


朝食


宿近くの市場の中で。



写真のメニューだったので分かりやすかった。30バーツ。



宿近くの市場。



宿近くのセブンイレブン。



セブン-イレブンで売られていたOISHIブランドのサンドイッチ。買ってないけど。


パーイからソッポンへ


町の中心にあるバスターミナルから、ソッポンヘ。予定では11時発であったが、なかなかバスが来ない。大型バスは社内でチケットを購入する仕組みなので、事前にチケットを購入する必要はない。というか出来ない。



ミニバンを選択する場合は、前日にチケットを取っておいたほうがいいと思う。



予定より45分遅れて、やっとバスがきた。社内ではずっと立席。女性は座らせてくれるが、男はなかなか座るチャンスはない。窓がそれほど高くないので、立っているとあまり外も見られない。


ソッポン到着


13時15分、ソッポン到着。丁度、パーイから1時間半。ソッポンの町は通りの両側に建物がならぶ小さな村という感じ。

周辺には、ラフ族、シャン族、リス族の村が点在し、街中では、まだ民族衣装を来ている人たちを至る所で見かける。



ロンプラで絶賛されているソッポンリバーインにも行ったみたが満室。


Charming Home


結局、通りから900mほど奥まったところにあるCharming Homeへ。一泊400バーツ。



Charming Homeのペット。人懐こいピピ。


リス族の村へ


宿に荷物をおいて、谷筋をどんどん奥に行ってみる。目指すは最寄りのリス族の村。




リス族の村


バンミエムーという名前のリス族の村。あまり人がいない。







子供たちもいたが、外国人なんかには興味はない。



村をぐるっと回って、ソッポンに帰ることに。途中で会う村人からは「バイクで送ってやる」という言葉を何回ももらった。


ソッポンの市場


ソッポンにもセブンイレブンがあり、その後ろに隠れたように立つ市場。



大きな冷蔵庫もあり、なんだかこんなところの市場も近代化しつつある。品数は多く、ハエも少なく衛生的な感じ。

ソッポンに食堂はあまりないので、夕食はセブンイレブンで買い込み、宿に戻って食す。ビール、卵豆腐、ライスバーガー、ポテチ、水など。



HOME | 概要 チェンマイ パーイ ソッポン メーホーソン メーホーソン メーホーソン→チェンマイ チェンマイ→バンコク バンコク→北京→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • プカキ湖。写真を撮るため南端の展望地の駐車場に車を停め、外に出ると、小雨だが台風並みの暴風が湖から吹き付けてくる。湖岸には、まるで荒れた海岸のようにザッバーン、ザッバーンと大波が打ち寄せる。



    • フランス人2人に「先に行くよ」と声を掛け出発。ちょうど9時。ドラゴンゲストハウスを出てから、通りを横切って川までそのまま降りていく。そこから、水量の少ない川に沿って下っていく。

    • チランチョ・ビハール。周りに人はいない。

    • 地下鉄のチケットの買い方が、慣れないと正直よくわからない。日本のような使い切りの紙のチケットは出てこない。 いろいろとチケット販売機をいじってみると、支払った電車料金が記録されたスイカみたいなカードを購入し、下車時に、500ウォンのデポジットを受け取るような仕組みだということがわかった。乗るたびにこの繰り返しで、ちょっと面倒。(もしかしたら、もっといい方法があるのかもしれないが、、、) 恵化駅まで2駅で500ウォンのデポジット込みで1500ウォンの支払。

    • 今日のルートの終盤。 Söðull山の裾野にあたる緩やかな雪の斜面を横切る。勾配はほとんどないので、アイゼンがなくても全く問題ない。

    • それが2つ。こちらは横向きのバージョン。

    • ケアンズから、さとうきび畑が広がる土地を南下。天気は今にも雨が降りそう。太陽が顔を出すタイミングもあったが、長くは続かない。そして約2時間でレストハウス着。ここでドリンクサービスがあり休憩。簡単な朝食をとることもできる。レストハウスからは、またバスに乗りラフティングのスタート地点に着く。