HOME | 概要 チェンマイ パーイ ソッポン メーホーソン メーホーソン メーホーソン→チェンマイ チェンマイ→バンコク バンコク→北京→羽田

チェンマイ、パーイ、ソッポン、メーホーソンエリア:東南アジア(タイ) 日付:2013/12/29 (3/8)

パーイでの朝食


7時に起きて、シャワーを浴びて、散歩。昨日の夜市はみんな片付けられていた。そのかわり、朝食がわりのごま餅屋が出ていたので、一つ買ってみる。10バーツ。


川の対岸へ


竹でできた橋で対岸へ。この辺は映画の舞台になったのか、観光客が多かった。橋を渡った先は、バンガローが立ち並ぶエリアで、店らしい店はなく、静かな場所。こういう風になっているのを知っていれば、こちらに泊まったのに。



舗装されている通りは少なく、赤茶けた道の両側にバンガローがポツンポツンと立っている。



高台から眺めた川の対岸エリア。


朝食


宿近くの市場の中で。



写真のメニューだったので分かりやすかった。30バーツ。



宿近くの市場。



宿近くのセブンイレブン。



セブン-イレブンで売られていたOISHIブランドのサンドイッチ。買ってないけど。


パーイからソッポンへ


町の中心にあるバスターミナルから、ソッポンヘ。予定では11時発であったが、なかなかバスが来ない。大型バスは社内でチケットを購入する仕組みなので、事前にチケットを購入する必要はない。というか出来ない。



ミニバンを選択する場合は、前日にチケットを取っておいたほうがいいと思う。



予定より45分遅れて、やっとバスがきた。社内ではずっと立席。女性は座らせてくれるが、男はなかなか座るチャンスはない。窓がそれほど高くないので、立っているとあまり外も見られない。


ソッポン到着


13時15分、ソッポン到着。丁度、パーイから1時間半。ソッポンの町は通りの両側に建物がならぶ小さな村という感じ。

周辺には、ラフ族、シャン族、リス族の村が点在し、街中では、まだ民族衣装を来ている人たちを至る所で見かける。



ロンプラで絶賛されているソッポンリバーインにも行ったみたが満室。


Charming Home


結局、通りから900mほど奥まったところにあるCharming Homeへ。一泊400バーツ。



Charming Homeのペット。人懐こいピピ。


リス族の村へ


宿に荷物をおいて、谷筋をどんどん奥に行ってみる。目指すは最寄りのリス族の村。




リス族の村


バンミエムーという名前のリス族の村。あまり人がいない。







子供たちもいたが、外国人なんかには興味はない。



村をぐるっと回って、ソッポンに帰ることに。途中で会う村人からは「バイクで送ってやる」という言葉を何回ももらった。


ソッポンの市場


ソッポンにもセブンイレブンがあり、その後ろに隠れたように立つ市場。



大きな冷蔵庫もあり、なんだかこんなところの市場も近代化しつつある。品数は多く、ハエも少なく衛生的な感じ。

ソッポンに食堂はあまりないので、夕食はセブンイレブンで買い込み、宿に戻って食す。ビール、卵豆腐、ライスバーガー、ポテチ、水など。



HOME | 概要 チェンマイ パーイ ソッポン メーホーソン メーホーソン メーホーソン→チェンマイ チェンマイ→バンコク バンコク→北京→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 予定通り、19時前に日本に到着。スカイライナーに乗ろうかと思ったけど、タイミングのいいものがなかったので、特急でのろのろと帰る。


    • キョフナ・アルクの中にあるアクシェイフ・ババの展望台からの眺め。ここの展望台に上がるには、チケットとは別に3000スム必要。暗い階段を抜けると展望が広がる。

    • ハヌマンラングールというオナガザルに出くわす。

    • 畑の道から車道に戻る時に出会った子供。左の子供はよく見るとハイカットのトレッキングブーツみたいな靴を履いている。

    • おじいさんの石小屋でチャパティを頂く。正直、あまり寝られなかったため、食欲はない。

    • 至る所でみることが出来る。まだまだ現役。牛さんたちも頑張っている。

    • Turcic頂上から見る日の入り。

    • シーギリヤ・ロック直下。岩の左に見える螺旋階段を登った先にシーギリヤ・レディの描かれた壁画がある。