HOME | 概要 チェンマイ パーイ ソッポン メーホーソン メーホーソン メーホーソン→チェンマイ チェンマイ→バンコク バンコク→北京→羽田

チェンマイ、パーイ、ソッポン、メーホーソンエリア:東南アジア(タイ) 日付:2013/12/31 (5/8)

トレッキングに出発


セブンイレブンでパンを購入して、サワディー・ツアーのオフィスへ。コーヒーをもらってオフィスでパンを食べる。

9時に出発。最初に向かったのが首長族の村。



途中で、知り合いの象使いに会う。半車線を占領しながらノラリクラリ進んでいる。



9時半に首長族の村入り口に到着。ここからは歩き。





いろいろな香辛料やらが売られていて、見ているだけで楽しい。



果物?もたくさん売られていた。


首長族の村


カレン族の首長族の村。



立派な観光地で、通りの両側に首長族の女性が経営する店が並んでいる。



売っているものは、それほど高くもなかったので、首長族のレリーフなどを探し回った。



体験コーナー?なんかもある。



首長族の村をでてからは、再び歩き。谷筋をずっと上がっていく。途中からは普通の山道なので単独じゃ無理。



休憩時、ガイドのシャンさんが、竹でコップを作ってくれた。



尾根で昼食。シャンさんがお昼ごはんを作ってくれる。ご飯と大豆の甘辛くしたふりかけみたいなのとか。盛りだくさんでどれも美味しかった。


宿に到着


17時40分、本日の宿泊所に到着。カレン族の農家。電気は来ていない。高床式の家で、一階は農具などが保管され、二階にはベランダ?や主人の部屋がある。

意外にも、一階には耕うん機が置かれていた。電気は来ていなくても、こういうものはあるんだと、少々驚いた。



特にやることもないので、焚き火の周りで過ごす。




夕食


豪勢なシャンスタイルの夕食。トムヤム、チャーハンとか。

食後は、22時くらいまで焚き火の周りでおしゃべり。バンコクでのデモの話題が多かった。



HOME | 概要 チェンマイ パーイ ソッポン メーホーソン メーホーソン メーホーソン→チェンマイ チェンマイ→バンコク バンコク→北京→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 今まで登って来た道は狭かったが、この太子廟周辺だけ、少し開けている。ここには、売店や宿もある。


    • 川を渡ると、あとは、しっかりと跡のついた道を歩くだけ。太陽を遮るものがなく、少々暑い。

    • 日曜なので殆の店はやってない。ロバおじさんの後をつけて岩山を下っていく。

    • 宿の近くにあった利休に。ビールと牛タン。至福のひととき。3000円くらい。

    • 四角い形のカラ。

    • 同じバスに日本で10年働いていたというウィンという名のお兄さんもいて夕食の時など色々と世話を焼いてくれた。食堂ではメニューもないし全く何を食べていいのかも分からなかったけど彼がいたおかげでとりあえず焼きビーフンにありつけた。700チャット。夜中の12時くらいにもティータイムがあってバスから降ろされた。あとは朝5時半までバスの中で爆睡。

    • 危険度でいうと、登りより下りの方が高い。慌てず急がず、慎重に下っていく。

    • 湖の周りには、御座がひかれ、みんなここで食事をしている。