HOME | 概要 チェンマイ パーイ ソッポン メーホーソン メーホーソン メーホーソン→チェンマイ チェンマイ→バンコク バンコク→北京→羽田

チェンマイ、パーイ、ソッポン、メーホーソンエリア:東南アジア(タイ) 日付:2013/12/30 (4/8)

ソッポンからメーホーソンへ


バンガローの後ろに生えているパイナップル。



宿のおばちゃんに挨拶して出発。10時20分。宿のおばちゃんに聞いても、バスの時間はよく分からず。最悪、昨日、乗ってきたバスに乗れればいいかなと。



通りまでの道。ピピが先導してくれる。


ソッポンのメイン通り。


今日も天気がいい。連日晴天。



バスがくるまで、揚げ物食べたり、果物食べたり。結局、バスが車で3時間くらい待つ。


メーホーソンへ


結局、昨日、乗ってきたバスに乗ることに。13時15分、ソッポン出発。昨日は立ってここまできたが、今日は、座れた。

1時間に1本くらいは、アヤサービスの乗合タクシーも来るので、空きがあれば乗れる。でも、だいたい人はメーホーソンまで行くので、それに乗り込むのは難しい。


メーホーソン到着


15時15分、メーホーソン到着。ソッポンから丁度2時間。





典型的な熱風吹くアジアのバスターミナル。



バスターミナルから歩いて、街中へ。20分ほどの歩き。


ワット・チョーン・クラーン


チョーン・カム湖脇にあるワット・チョーン・クラーン。



チョーン・カム湖。この湖がこの町の中心。


Jongkham GuestHouseとツアーの申し込み


宿は、この湖面しているJongkham GuestHouseへ。一泊200バーツだし、綺麗で簡素なこういう宿は私の好み。

宿に荷物を置いた後、明日からのトレッキングのガイドを頼もうと、歩き方に載っている「ローズ・ガーデン・ツアー」と「サワディー・ツアー」を回る。ローズ・ガーデン・ツアーの話を聞いても、なんかピンと来るところがなかったが、その後にいったサワディー・ツアーの提案は丁度良いものだったので、こちらでツアーを頼む。1泊2日1850バーツ。


夜市


年末だったので、湖の周りには、夜市が立ち並んでいた。夕食は、こちらで買い食い。麺、やきとり、サラダなどいろいろ食べた。



お寺もライトアップされていたし。



お寺では、いくつもの願掛けバルーンが打ち上げられていた。



夜市。様々な飲食店が立ち並ぶ。



湖の周りには、御座がひかれ、みんなここで食事をしている。



なぜか、やぎも。



キックボクシングなんかも。大人よりは少年のほうが、クリンチが少なくて、楽しい。



宿から一番近いところでは、舞台が用意され、夜中まで踊りが。音量が大きすぎて、寝れない。。。



HOME | 概要 チェンマイ パーイ ソッポン メーホーソン メーホーソン メーホーソン→チェンマイ チェンマイ→バンコク バンコク→北京→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 女の子がキャーキャー叫びながら鬼ごっこみたいな遊びをやっている。

    • 展望台から先に進み、カプリ湖方面(左)とポインセノットキャンプ場方面の分岐をカプリ湖方面へ。写真はカプリ湖畔から眺めるフィッツロイ。

    • 10時頃、燕門に用事のある主人と、その家畜と、私で家を出る。入り口のまん前には番犬が。やはりこの辺の犬はいつになっても怖いなぁ。

    • 17時ごろ、乗務員が夕食の注文を取りにくる。無難なところでフライドヌードルとビールを頼んだが、ヌードルの方は小麦粉を食べている感じ。ミャンマーで食べた料理の中で唯一まずかった。

    • 13:40過ぎ、ペテペテの通る道に到着。ペテペテはいつ来るか分からないが、約10分後に来た。

    • 現地では気付かなかったが、真ん中奥の赤い扉に「ありがとう」と書かれている。


    • 昨夜はすこし高山病で頭が痛かったが,なんとか大丈夫.朝食はヌードルスープ.宿で借りたテルモスにレモンティーを入れてもらい,8時半出発.

    • ラオス側イミグレから15分ほどで、ベトナム側のイミグレに到着。