HOME | 概要 マカッサル→タナトラジャ ランテパオ ランテパオ ランテパオ ランテパオ マカレ マカッサル ジャカルタ→羽田

スラウェシ島(タナトラジャ)エリア:東南アジア(インドネシア) 日付:2013/09/01 (5/8)


WISMA SARLAの朝食。これだけ。はっきり言って、しょぼい。



ボルの水牛マーケット会場。今日はひっそりとしている。


ボルからバイクタクシー(オジェック)を使い、北東部のナンガラへ。30分程度の乗車時間で40000ルピアも取られた。


ここも見学料は20000ルピア。



数百匹のコウモリが竹の枝にぶら下がっている。ここでは洞窟ではなく、明るい外にコウモリがいる。



この少年と彼のお姉さん(10歳くらい)が見学料の徴収係。


本当は、この先にペテペテで行って、トレッキングしようと思っていたが、ペテペテはおろか、オジェックすらなく、おまけに天気も良くないので、トレッキングは諦めて、ボルに戻りパラワとサダンに行くことにする。といっても、ボルへ行くペテペテもオジェックすらない。仕方なく、この先の幹線道路(さっきオジェックで走ってきた道)まで歩く。


ナンガラからランテパオに続く幹線道路の途中の集落にて。



先程までどんよりした曇り空だったが、晴れ間が出てきた。



オジギソウ。葉っぱに手を触れると・・・



あら不思議。閉じてしまった。


幹線道路に出てもペテペテやオジェック乗り場がある訳ではなく、流しのペテペテを捕まえるしかない。ボル方面を歩いていると、ペテペテではなかったが、車が停まってくれ、ボルまで乗せてもらった(無料ではなく5000ルピア)。


ボルの市場で腹ごしらえ。ミーバッソ(肉団子入りの麺料理)を食べる。



ミーバッソ(15000ルピア)。肉団子入りの麺料理。卵はオプションで追加。さっぱりとしていて、おいしい。



ボルの市場内。



トラジャ・コーヒー売場。私も購入(1袋10000ルピア)。


ボルからパラワまではペテペテで行こうと思い、パラワ行きのペテペテを見つけたが、15分経っても出発の気配がない。時間がもったいないので、ペテペテより高くなるがオジェックを探してパラワまで行く(30000ルピア)。


パラワの集落。



この家に飾られている水牛の角は150本近くある。



トンコナンハウスは住居や食料の貯蔵庫として使われている。



パラワのトンコナンハウス群もなかなかの見物だ。


パラワからは歩いてサダンに行く。1時間近くかかり、正直、道中あまり面白くなかったので、オジェックを使っても良かった。


ここはサダンの近く。



サダンは機織りで有名な村。観光客向けに機織りを実演し、商品を販売している。



サダンのトンコナンハウス。パラワは茅葺き屋根だったが、ここはトタン屋根。





トンコナンハウスの軒下で寛ぐ地元の青年達。



犬と戯れて遊んでいる。


サダンから、その先の集落へも足を延ばす。


ここでも機織りの実演&販売が行われていた。


サダンから1時間位歩いたが、特に見るべき場所もなく、掘り出し物はなかった。


サダンの先の集落。ここのトンコナンハウスは新しいみたいだ。


帰路はサダンとパラワの中間地点辺りの集落まで歩いて、ペテペテを拾う。ボルで乗り換え、ランテパオに戻る。


ランテパオにはこんな遊園地もある。夜だからかほとんど人はいなかった。



ガラガラのレストランでチキンのオニオン・マッシュルームクリームソースがけ(45000ルピア)とアボカドジュース(15000ルピア)の夕食。客は私ともう一人だけだが、生演奏がされていた。



HOME | 概要 マカッサル→タナトラジャ ランテパオ ランテパオ ランテパオ ランテパオ マカレ マカッサル ジャカルタ→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 夕日を眺めるみんな。

    • クンベシュワール寺院の近くに、廃墟となった建物があり、外側から階段で上がれるようになっていたので屋上まで上がってみた。

    • 大聖堂。

    • パマラッサン50000ルピア、白飯5000ルピア、アボカドジュース12000ルピア。

    • 写真中央やや上の、海にちょこっと突き出た集落がコルチュラの町。

    • 坊さん。料理中の小坊主も愛想がよかった。ただ、寺の鍵がないということで、中に入れなかったのは残念だが。

    • 村の小学校。先生2人と生徒4人。私たちが行ったときは、生徒の1人が風邪にかかったので、レーまで先生の付き添いのもと行っていた。

    • タッカンマリのタレが旨い。

    • その後、急流を利用し、わざとボートから外に落とされるポイントがあったが、流れた先は緩い流れにも関わらず、私は岸まで泳ぐのに体力を消耗。途中あきらめかけヘルプを頼むが、先回りしてボートに乗って岸辺で待っているガイドは泳いで来いと指示。確かに緩い流れだったから危険度は低いのだろうが、私にとっては非常に辛かった。もう川の中はこりごり。この後、ボートを下りて川に入るポイントはすべて辞退。それでも、ボートに乗っている分には過度の恐怖心はなく、ボートが大きく揺さぶられる度にボルテージが上がり、興奮度満載の自然のアトラクションを楽しむことができた。