HOME | 概要 マカッサル→タナトラジャ ランテパオ ランテパオ ランテパオ ランテパオ マカレ マカッサル ジャカルタ→羽田

スラウェシ島(タナトラジャ)エリア:東南アジア(インドネシア) 日付:2013/09/01 (5/8)


WISMA SARLAの朝食。これだけ。はっきり言って、しょぼい。



ボルの水牛マーケット会場。今日はひっそりとしている。


ボルからバイクタクシー(オジェック)を使い、北東部のナンガラへ。30分程度の乗車時間で40000ルピアも取られた。


ここも見学料は20000ルピア。



数百匹のコウモリが竹の枝にぶら下がっている。ここでは洞窟ではなく、明るい外にコウモリがいる。



この少年と彼のお姉さん(10歳くらい)が見学料の徴収係。


本当は、この先にペテペテで行って、トレッキングしようと思っていたが、ペテペテはおろか、オジェックすらなく、おまけに天気も良くないので、トレッキングは諦めて、ボルに戻りパラワとサダンに行くことにする。といっても、ボルへ行くペテペテもオジェックすらない。仕方なく、この先の幹線道路(さっきオジェックで走ってきた道)まで歩く。


ナンガラからランテパオに続く幹線道路の途中の集落にて。



先程までどんよりした曇り空だったが、晴れ間が出てきた。



オジギソウ。葉っぱに手を触れると・・・



あら不思議。閉じてしまった。


幹線道路に出てもペテペテやオジェック乗り場がある訳ではなく、流しのペテペテを捕まえるしかない。ボル方面を歩いていると、ペテペテではなかったが、車が停まってくれ、ボルまで乗せてもらった(無料ではなく5000ルピア)。


ボルの市場で腹ごしらえ。ミーバッソ(肉団子入りの麺料理)を食べる。



ミーバッソ(15000ルピア)。肉団子入りの麺料理。卵はオプションで追加。さっぱりとしていて、おいしい。



ボルの市場内。



トラジャ・コーヒー売場。私も購入(1袋10000ルピア)。


ボルからパラワまではペテペテで行こうと思い、パラワ行きのペテペテを見つけたが、15分経っても出発の気配がない。時間がもったいないので、ペテペテより高くなるがオジェックを探してパラワまで行く(30000ルピア)。


パラワの集落。



この家に飾られている水牛の角は150本近くある。



トンコナンハウスは住居や食料の貯蔵庫として使われている。



パラワのトンコナンハウス群もなかなかの見物だ。


パラワからは歩いてサダンに行く。1時間近くかかり、正直、道中あまり面白くなかったので、オジェックを使っても良かった。


ここはサダンの近く。



サダンは機織りで有名な村。観光客向けに機織りを実演し、商品を販売している。



サダンのトンコナンハウス。パラワは茅葺き屋根だったが、ここはトタン屋根。





トンコナンハウスの軒下で寛ぐ地元の青年達。



犬と戯れて遊んでいる。


サダンから、その先の集落へも足を延ばす。


ここでも機織りの実演&販売が行われていた。


サダンから1時間位歩いたが、特に見るべき場所もなく、掘り出し物はなかった。


サダンの先の集落。ここのトンコナンハウスは新しいみたいだ。


帰路はサダンとパラワの中間地点辺りの集落まで歩いて、ペテペテを拾う。ボルで乗り換え、ランテパオに戻る。


ランテパオにはこんな遊園地もある。夜だからかほとんど人はいなかった。



ガラガラのレストランでチキンのオニオン・マッシュルームクリームソースがけ(45000ルピア)とアボカドジュース(15000ルピア)の夕食。客は私ともう一人だけだが、生演奏がされていた。



HOME | 概要 マカッサル→タナトラジャ ランテパオ ランテパオ ランテパオ ランテパオ マカレ マカッサル ジャカルタ→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ヨットが悠々と大海原を行く。

    • この付近から景色を見るのは、順光になる午前中がお薦め。


    • カラファテ市街に戻り、腹が減ったのでFUJI旅館のご夫婦が営んでいる寿司バーで夕食を食べることにする。2番目に高いセット(60アルゼンチンペソ)を頼む。さすがに日本で食べる寿司にはかなわないが十分うまい。寿司ネタのサーモンやイカはブエノスアイレスから仕入れているそうだ。

    • Wilderness Lodgeのお雇いタクシードライバー。宿の一室で得意の太鼓をたたく。酔っているのかいないのか、終始ハイテンションでご機嫌だった。

    • 海で遊ぶ子供たち。

    • こちらの寺院も侵食を受けているが、5つの寺院とも素晴らし出来。これらがひとつの花崗岩から掘り出されたなんて。 内部まで完成しているものは、手前の2棟くらいだが、一見の価値あり。これらが、南インドの建築デザインの基礎となったものらしい。7世紀半ばの建築。


    • しばらく緩やかな坂道を登っていく。写真の稜線真ん中辺りの小さく窪んだ所の峠(標高250m位)を越えていくことになる。