HOME | 概要 マカッサル→タナトラジャ ランテパオ ランテパオ ランテパオ ランテパオ マカレ マカッサル ジャカルタ→羽田

スラウェシ島(タナトラジャ)エリア:東南アジア(インドネシア) 日付:2013/09/03 (7/8)


朝7:00前に起き、昨日行った集落へ。



子供達と集落の周りを散策。



彼らのお家。



昨日行った、近くの広場まで一緒に散歩。


約1時間、子供達と交流し、マカッサル行きのバスの時間があるので、集落を後にする。
市場を通って宿に戻る。市場には、集落で会った人達もいた。彼らはここで商売をしているようだ。



マカッサル行きのリタ社のバスは、私の泊まったウィスマ・リタの前から出発する。ただ、ここが始発ではなくランテパオから、ここに寄っていく。私が予約したバスはランテパオ9:00発で、ここを9:30くらいには出発するはず。しかし、なかなかバスは到着せず、10:15頃に到着し、結局約1時間遅れの10:30にバスは出発した。


バス発着所に来たバス。道路を挟んで左側にウィスマ・リタとリタ社のバスチケット売り場がある。


12:00くらいにレストランがある所で昼食休憩。その後、14:00位くらいにも休憩と思いきや、どうやらバスが故障したみたい。約30分かけて、何とか直ったようで、再びバスは走り始める。


故障したバスを点検・修理しているところ。バスの下に潜って修理をしていた。


バスはその後、トイレ休憩もなくひたすら走り、16:30過ぎにパレパレの街付近のガソリンスタンドで給油。


18:00前、日の入り。海沿いを走る。


20:30頃、やっとマカッサルのリタ社バスターミナルに到着。10時間かかったことになる。ここからはタクシーを使い、日本で予約してきた中心街のホテルに行こうと思ったが、周りにはタクシーがない。仕方なく幹線道路にでるが、流しのタクシーを拾うのは一苦労。すると、ペテペテが停まってくれる。運良く流しのペテペテに乗って、割安(4000ルピア)で中心街まで行くことができた。ただし、ペテペテの終点が分からなかったので、カレボシ広場付近で降り、そこからは徒歩で15分かけてホテルまで歩いた。


20:50、カレボシ広場付近。ここからタクシーを拾う選択肢もあるが、治安が悪いことはないので、徒歩でホテルに向かった。



HOME | 概要 マカッサル→タナトラジャ ランテパオ ランテパオ ランテパオ ランテパオ マカレ マカッサル ジャカルタ→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 途中、ニムで休憩。30分ほど。 いい感じに太陽が出ており気持ちがいい。ここで朝食を食べる人もいれば、日向ぼっこしている人もいる。 ニムの公衆トイレにいってみたが、全てが凍っていた。下はツルツルだったけれど、ここでは絶対に滑りたくないと思った。

    • 厨房の洗い場。担当は小学生くらいの男の子(3つ上の写真の右側の男の子)。私は、ダルバート(400ルピー)とコールド・レモン(70ルピー)を頼んだが、コールド・レモンはこの水道からコップに水を入れ、レモンの粉を溶かす飲み物だった。目の前でそれを見て、ちょっと飲むのに躊躇した(笑)。その後、腹の調子は問題なかったので、綺麗な山の水を引いているのだろう。

    • フランスパンは、ぺリンの町を散策しているときにであった子供たちにあげた。個人的にはちょっとしょっぱいなぁと思っていたフランスパンだったけど、おいしいおいしいと言ってくれた。

    • 着いてみるとオーバーブッキングでビジネスクラスへ席替え.トレッキングブーツでいいんですか...?席も広いし,飯も上手いのだが,どうも私になじまない.居心地があまりよくない.

    • みんな元気。見ているだけで楽しい。

    • ケアンズから、さとうきび畑が広がる土地を南下。天気は今にも雨が降りそう。太陽が顔を出すタイミングもあったが、長くは続かない。そして約2時間でレストハウス着。ここでドリンクサービスがあり休憩。簡単な朝食をとることもできる。レストハウスからは、またバスに乗りラフティングのスタート地点に着く。

    • 奥に見えるのがこの辺で一番高い砂丘。この後、砂丘の頂上を目指す。

    • ターメ方面。

    • ちょうど、デリーへ戻る日が1月1日だということもあり、チョコレートをもらった。 アルチで出会った日本人が同じ日にデリーに戻るということだったので、デリーでは一緒に行動する。