HOME | 概要 成田→ケアンズ ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ケアンズ ケアンズ ケアンズ フィッツロイ島 ケアンズ ケアンズ→成田

ウルル(エアーズロック)・ケアンズエリア:オセアニア(オーストラリア) 日付:2010/09/01 (6/10)

タリー川ラフティング

今日はRnR社主催のタリー川ラフティングツアーに参加。ツアーバスは各宿泊先まで迎えに来てくれる。


我々の乗車地はホテル前にある路線バスの発着地となるバスターミナル。



ケアンズから、さとうきび畑が広がる土地を南下。天気は今にも雨が降りそう。太陽が顔を出すタイミングもあったが、長くは続かない。そして約2時間でレストハウス着。ここでドリンクサービスがあり休憩。簡単な朝食をとることもできる。レストハウスからは、またバスに乗りラフティングのスタート地点に着く。



ラフティング初の私。しかも泳ぎは苦手。どうなることかと思ったが、ボートに乗っている分には急流下りは非常に楽しい。しかし、楽しめたのはボートの上だけ。ボートを下りて急流を体一つで約100m下って遊ぶポイントがあった。チャレンジするかは自己判断。9割以上の人がチャレンジするようだ。せっかくなんで、私も勇気を振り絞ってチャレンジ。下り始めは緩い流れなので全然怖くない。しかし、だんだん流れが速くなり余裕がなくなってきた。そして終盤の白波が連続する急流ポイントへ。体は波に大きく揺られてガッターン、ガッターンと上下を繰り返し、その度に顔に波しぶきがかかる。半ばパニック状態の中、体のバランスを崩さないように必死。(多分10秒弱程度で)急流を抜け、岸まで自力で泳ぐ人が多い中、私はそんな気力・体力もなく、ガイドが投げたロープにつかまり引き上げてもらう。岸に上がりホッとするが軽い頭痛がし、ゲップがでた。波にあおられている間、息を吸うのに必死で吐くことをしなかったため、これ以上吸うことができず、軽い酸欠状態に陥っていたものと思われる。



その後、急流を利用し、わざとボートから外に落とされるポイントがあったが、流れた先は緩い流れにも関わらず、私は岸まで泳ぐのに体力を消耗。途中あきらめかけヘルプを頼むが、先回りしてボートに乗って岸辺で待っているガイドは泳いで来いと指示。確かに緩い流れだったから危険度は低いのだろうが、私にとっては非常に辛かった。もう川の中はこりごり。この後、ボートを下りて川に入るポイントはすべて辞退。それでも、ボートに乗っている分には過度の恐怖心はなく、ボートが大きく揺さぶられる度にボルテージが上がり、興奮度満載の自然のアトラクションを楽しむことができた。



HOME | 概要 成田→ケアンズ ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ケアンズ ケアンズ ケアンズ フィッツロイ島 ケアンズ ケアンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • デボンポート港前の通り。交通量は少ない。

    • 10軒くらいしかない小さな村。売店などはもちろんない。ゲストハウスという看板を掲げている家もなかったが、頼めば泊めてくれそう。私はこのままこの村を通り過ぎ、へミス・シュクパチャンまで行く。ここまで1時間半くらい。


    • 農作業中の家族。作物の名前を教えてくれたんだけれど、なんだったけなぁ。聞いたことある名前だったけど。

    • メインロードのど真ん中、雄牛が牝牛を廻ってどつき有っていた。インドの牛っておとなしいイメージなんだけど…。

    • 魚料理屋なども結構多かった。

    • アンナプルナサウス山頂直下、左側の氷雪地帯。

    • 土葬のお墓か。

    • 狭い水路を抜け、水上住宅街の広い水路を進んでいく。