HOME | 概要 成田→ケアンズ ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ケアンズ ケアンズ ケアンズ フィッツロイ島 ケアンズ ケアンズ→成田

ウルル(エアーズロック)・ケアンズエリア:オセアニア(オーストラリア) 日付:2010/09/03 (8/10)

ケアンズからフィッツロイ島へ

Raging Thunder Adventures社が運航する高速船に乗って、フィッツロイ島へ。フィッツロイ島ではキャンプサイトで1泊。日本で、現地旅行代理店のホームページを通し、往復の船とアクティビティセット(ランチボックス、シュノーケリングセット、カヤック、グラスボトムボート)、キャンプ場1泊を予約済み。


船はほぼ定刻の8:30過ぎ、ケアンズを出港。港に停泊されていた船にはヘリコプターが。



船は結構な速さで進んでいくため、デッキ席では風が強く当たるが、日が射し気温も高いのでそんなに寒くない。



前方にフィッツロイ島が見えてきて、だんだん近付いてくる。



我々の高速船の横を、ヨットが気持ちよさそうに海を滑っていく。



ちょうど1時間でフィッツロイ等に到着。


桟橋の右手すぐ先のBeach Hire(各種レンタル用品の受け渡しを行っている小屋)で予約していたランチボックスを受け取り、キャンプ場宿泊の手続きをする。また、カヤックで数Km先のリトル・フィッツロイ島に行こうとし、係の人に相談したが、何かあっても助けに行くことは難しいので、行ってはならないとのこと。仕方なくあきらめる。




キャンプ指定地は、Beach Hireから徒歩5分程度の場所。我々の他にテントは2張。このうちの1つは、その後テントがなくなっていたので、昨晩一泊し、今日ケアンズに帰って行ったのだろう。結局、今晩、テント泊はイギリス人とフランス人のカップルと我々の2組だけだった。


シュノーケリング

テントを張り、しばらくまったりした後、シュノーケリングセットを借りに、Beach Hireへ行く。1泊するのでシュノーケリングセットを借りっぱなしでいいか聞いたら、OKとのこと。事前に旅行代理店を通して聞いていた情報では、シュノーケリングセットの2日目は別料金だったが、特に必要なさそう。さらに、シュノーケリングセットを借りるときは保証金として、25豪ドルが必要と聞いていたが、それもいらなそう。
また、Beach Hireでは、シュノーケリング中にサンゴで足を切ったのか、足から血を流しているおばさんの手当てをしていた。多少Beach Hire内が騒がしくなっている。


キャンプ場近くの海にサンゴ礁のポイントがあるようなので、キャンプ場に戻り準備をしてシュノーケリングを始める。
ビーチから数十m先にサンゴ礁がある。











12:30にグラスボトムボートが出航する予定なので、その時間に合わせ、40分程度でシュノーケリングを切り上げる。


グラスボトムボート

グラスボトムボートに乗るため、Beach Hireへ行くとクローズされている。貼り紙を見ると何か問題があったようで、しばらく留守にしているらしい。もしかしたら、さっき足から血を流していたおばさんの対応なのか(真相は不明)。いつオープンするのか近くのリゾートホテルにいた従業員らしき人に尋ねてみたが、\\\\\\\"Soon\\\\\\\"と言われる(この従業員も知らない可能性大)。結局30分近く待って、グラスボトムボートに乗れることになった。


グラスボトムボートからはサンゴ礁や熱帯魚が見られるが、シュノーケリングをする人にとっては、乗らなくていいと思う。


カヤッキング

グラスボトムボートの次はカヤックに挑戦。リトル・フィッツロイ島までは無理とのことで、ヌーディー・ビーチ方面へ行ってみることにする。私の友人はカヤックに乗り慣れているが、私は今回で2回目。2人乗りのカヤックを借りることにした。


私はカヤックのセンスがないのか、真っ直ぐ漕げないし、余計な力が入っているようで、すごく体力を消耗する。さらに座敷に長時間座っているのは苦手なもので、カヤックのシートにあぐらをかくような姿勢で漕いでいると、しばらくして腰まで痛くなってくる。



海上は風が強く、波も多少うねっている。ヌーディー・ビーチの先の砂浜で休憩。シュノーケリングをしてみるが、あまりサンゴがない。戻るついでにもう1か所でシュノーケリング。魚は結構泳いでおり、サンゴもあるが、透明度が低く、キャンプ場前の海より劣る。10分程度でまたカヤックに乗り、風と波にあおられながらBeach Hireへ戻る。所要2時間程度でカヤックは終了。波が穏やかだったら、もっと楽しめたろうに。


キャンプ場周辺散策

キャンプ場に戻り、キャンプ場のさらに奥の方まで海岸を歩き、海に入り新たなシュノーケリングポイント探す。しかし、近くにサンゴ礁はない。仕方なく、午前中のポイントに戻るが、雲も出てきて海の中に直射日光が射さなくなったこともあり、午前中よりは綺麗に見えない。しばらくしてビーチに上がり、キャンプ場に併設されているシャワー(冷水)で、体を洗う。


日の入り時間が近くなってきたので、ケアンズのスーパーで買ってきていた食料を持って海岸に行く。残念ながら雲が多くて夕日は期待できない。パンとハム、チーズの質素な夕食をとり、寄する波を眺めながら時間を潰していると、雲の間から光が射してきた。



HOME | 概要 成田→ケアンズ ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ケアンズ ケアンズ ケアンズ フィッツロイ島 ケアンズ ケアンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • ここまで黒くなるまで焼かなくてもいいのに。レバーと脂が交互に刺さっており(食べるまで分からなかった)、見かけによらず、そんなに苦くなく味は上々。レバーは中まで火が通っており、ここまで焼かないと中まで焼けないのかもしれない。半生レバーを食べるよりは気分的に全然まし。


    • ジャガットの村。

    • 朝8時ごろ起き出す。Tさんはもう一度飛来寺からの梅里雪山の姿が見たいということで、先に部屋を出て行かれる。私は9時のバスの出発の時間まで部屋でくつろぐ。 バスターミナルで再び香格里拉行きのTさんに出合い、ここでお別れ。

    • 夕方5時ジョシマス到着。町はそれほど大きいわけじゃないが坂が多く体力は使う。町は山に囲まれており日が落ちるのは早い。

    • 宿の前には麦畑が広がっていていい。部屋の前に椅子を出して、青々した麦畑を見ながら一休み。


    • 展望地からのアイト・ベン・ハッドゥ方面。左の集落がアイト・ベン・ハッドゥの村、川を挟んで右の建物が密集しているのがアイト・ベン・ハッドゥの遺跡。