HOME | 概要 デリー空港 ラマユル ファンジラ コンスキ峠手前でテント スムダ・チェンモ スムダ・ド レー レー→デリー→成田

コンスキ峠トレッキングエリア:南アジア(インド) 日付:2009/10/07 (5/9)

テント場を出発、コンスキ峠へ


6時ごろ、もぞもぞと起きだしてきて、出発の準備を始める。 まだ、谷の底まで太陽の光が届かないので、薄暗い。



手がかじかむほど寒かったが、テントを畳んで、水を汲んで出発する。7時。



テント場から一度、川沿いまで降りる。



あとは、川のすぐわきを歩く。川の流れは途中からなくなり、石のごろごろした緩やかな登り道を歩く。

川を詰め切ったところから、左手に峠に続く道があるので、そこを登る。あとは、ひたすら、ジグザクの道を登る。また、朝早いため、風は強くなかったが、耳が冷たく、目出帽を出して被る。峠のタルチョが全然見えないため、あとどのくらい登ればいいのか、検討がつかず。



後ろを振り返ると、いままで歩いてきた道がずっと見える。この写真では見えないが、ヒンジュの村も谷の合間に小さく見えた。



安定して休める場所は、数か所しかない。急なガレ場の登り。



延々と登りが続く。



タルチョの頭が見えた時は、元気100倍。やっと峠だ!道は、この辺から、なぜがタルチョから遠ざかるほうに続くが、遠回りしながらもタルチョにつながる。



10時に到着。テントを出てから3時間の登り。高所に弱い私としては、まずますのスピード。



風が少しあり、肌寒かったが、30分くらい山頂で休んだ。周り360度見渡しても、もちろん誰もいない。



ヒンジュ方面。



峠のタルチョ。





これから下るスムダ・チェンモ方面。10時半、峠とおさらばして下り始める。



峠方向を振り返る。すぐに峠のタルチョは見えなくなる。峠がなだらかで広いからだ。



急な下り坂を降りて、河原に到着。ここからは緩やかな下り坂。



キノコ岩。あちこち見られる。



何度も休憩をはさみながら歩く。



右手に切り立った大きな沢筋が出てきたら、スムダ・チェンモはすぐ。


スムダ・チェンモ到着


スムダチェンモ村の入り口。14時到着。テント場から7時間。



とりあえず、良さそうなホームステイ先を探すため、村の中を歩き回っていると、先にこの村に到着していたフランス人に「こっちだよー」と言われ、同じ宿に泊まることに。フランス人のマトゥは体調を悪化させ、完全にダウン中。そのため、私が成田空港で買っておいた正露丸を飲ませた。



入り口には色とりどりの花が咲いており、また、広い庭もあって、理想的な宿。



荷物を宿において、お茶を飲みながら一息ついたのち、村のゴンパへ。



へミスと同じドクパ・カギュ派のお寺。坊さんはレーにいていなかったので、お寺の隣に住んでいる人に話すと、中を見せてもらった。



私がホームステイで泊まった隣の家も大きく、入り口の上には3連チョルテンがあった。



夕方から村のあちこちで、脱穀作業。牛を使っているところや、馬を使っているところなど、家によって違っていた(馬のほうが動きが速くて効率が良いような気がする)。




女性陣が麦を継ぎ足し、男性が歌を歌いながら、牛を追っていた。


夕食の用意


ニキが夕食の手伝い。メニューはチュテキ。



小麦粉を練って、コップでくりぬいた餃子の皮のようなものをこのような形にする。



まぁ、トゥクパみたいなもの。体調を崩していたマトゥも、私の正露丸のパワーで少しずつ良くなってきて、夕食は食べられた。それにしても、夕食時にマトゥが「日本やフランスでは、夕食を作るのにこんなに時間をかけることってないよなぁ~」と言っていたのが、なんだか印象的であった。



HOME | 概要 デリー空港 ラマユル ファンジラ コンスキ峠手前でテント スムダ・チェンモ スムダ・ド レー レー→デリー→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 肉ともち米と野菜とビールのお腹いっぱい。

    • 林檎の木。

    • 人が近寄ると逃げていく水鳥がいるが、全く動じない水鳥もいる。

    • 昼食にはダージリンで食べたあのおいしかったチベタンブレッドをもう一度ということで、チベタンブレッドチーズとフライドエッグを頂く。ブレッドはダージリンで食べたのとは違ったけどチーズの香りもよく出ていておいしかった。

    • Hornbjargの断崖絶壁。

    • 土産物屋。

    • 旧市街と言ってもディヤルバクルはクルド人の首都とも言われる大都会。車道もあるし近代的なビルもある。

    • 馬で草原を駆けるチベタンと遠くに発見!!格好良いねぇ。

    • 市場にて。地元の人と写真を撮って、見せてささやかな交流。