HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

アナトリア東部、カッパドキア、イスタンブールエリア:中東(トルコ) 日付:2011/09/16 (1/10)

成田空港からクアラルンプールへ


日暮里からスカイライナーで成田空港へ。スカイライナーに乗るのは、海外旅行のときだけの贅沢。9時くらいには到着。チェックインの列はそこそこあったが、その先のパスポートチェックなどで待つようなことあまりなかった。



順調にゲート97にたどり着く。



11時のマレーシア航空で、クアラルンプールへ。今回乗るのは777。2・5・2という意味のわからない席の配置を仕様とする飛行機。5人がけの真ん中(T_T)。



マレーシア航空の機内食もうまい。でも、ビールは缶でもらえず、カップだった。経費節約なのか。


クアラルンプールに到着


クアラルンプール空港に到着したが、バスの乗り場がよくわからず、うろうろ。鉄道で市内に向かうのが普通みたいで、バスの乗り場への案内が親切ではない。

警備員のお兄さんなどに聞いてみると、空港隣の建物1階からバスがでることがわかり、そちらに移動。ターミナルに何とかたどり着いたと思ったら、「すぐに出発するから」と、急かされてバスに乗り込む。17時半空港発。10RM。これで、KLセントラルに向かう。


KLセントラル駅


地下道のような地上1階に到着。到着した場所は大工事中。工事現場の中の階段を登ると、上はKLセントラルの鉄道駅だった。


モノレールのKLセントラル駅


ガイドブックを見ると、KLセントラル駅から、ブキッ・ビンタンに行くには、モノレールで行くのがいいようなので、モノレール駅まで歩いて行こうと思ったが、行き方がよくわからず。

近くにいた清掃員のおじさんの親切な案内を信じ、歩き始める。

モノレールのKLセントラル駅までは、屋根のある道が多く、途中でスコールのような雨がふりだしてきたけど、それほど濡れることもなく到達。



モノレールのチケットはコインではなく、カードタイプのもの。KLセントラルから、ブキッビンタンまでは2.1RM。自動販売機はなく、窓口に並んで購入。



モノレール内部。東京モノレールより、ちょっと小さかったかな。


ブキッビンタン


ブキッビンタンの駅を降りたところの交差点。人通りが多く、かなり賑やか。若者が多い街。渋谷みたいな感じか。



ブキッビンタン駅の東側にあるデパートの密集地を歩いていると、手に手作りの楽器を抱えた学生の集団が、みんなで演奏していた。デパートが催している出し物のよう。賑やかな場所だ。


夕食は屋台で


わざわざ、クアラルンプールの街中に繰り出したのは、屋台で夕食を食べるため。目指すのはジャラン・アローの屋台街。



天気が微妙なので、傘をかぶったまま呼び込みするお兄ちゃん。



頭に傘を載せているお兄さんの屋台に入り、サテーを頬張る。甘辛いタレが絶品。



通りの両側に屋台が並んでおり、賑やか。観光客も多く、白人の団体なども呼び込みに合っていた。



食後は、街中をぶらぶらと歩く。


ぎりぎりの滑り込み


時差を一時間勘違いしており、空港にはぎりぎりの到着。モノレールでKLセントラル駅まで戻り、ここから空港へのエクスプレス(35RM)を利用し、なんとか間に合う。

搭乗開始、5分くらい前の到着。運良く、すべての接続がうまくいったおかげ。


クアラルンプールからイスタンブールへ


飛行機に乗り込み、ほっと一息。機内食は、うまい。食後は、寝て過ごす。



HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 離陸後の飲み物はビールを頂く。隣には人がいなかったので、何だかゆったり出来た。遅い昼食だったせいもあるのか、配られた飯はうまい。気流の関係で少々揺れが多かった。

    • 嘉比島上陸。レンタルした2人乗りカヤック。向こうに見える島が安慶名敷島。

    • ハルドワールのバスステーションには、次から次へとバスが来るのでボケーと待っていれば、問題なくリシケシまでいける。 ハルドワールからリシケシまでほぼ1時間で15ルピー。

    • 通りががりの女の子達。カラフルなイスラムルックをしている。


    • どうせ、半日くらいの滞在のため、ドミでいいや、ということで、ホテルマリアへ。日本人と欧米人が半々。マザーハウスでボランティアをしている人多い。ボランティアしている韓国人を含め4人で昼食を取りに言ったけれど、韓国人は今日の作業中、シスターに怒られたことで、かなり凹んでいた。「マザーハウスがボランティアを必要としているんじゃない。あんたたちがマザーハウスを必要としているんだ!」と言われたとか。もう、行かないと言っていた。

    • 夕食はちょうどネパール旅行中の旅友とタメルのレストランで取った.ネパリの歌声を聴きながら,旅話をして3時間ほどの時間はあっという間に過ぎた.あっ写真は食いかけですので.

    • 住民の生活の場の跡か?

    • 坂道を登っていくと、パルカンの巨大な建物が目に入る。これを時計回りに回って、入り口へ。