HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

アナトリア東部、カッパドキア、イスタンブールエリア:中東(トルコ) 日付:2011/09/17 (2/10)

イスタンブール到着


6時10分、イスタンブール到着。入国審査は、パスポートのチェックだけで、入国カードなどはなし。これにはちょっと驚く。

ただ、入国審査は結構な込み具合。それに私が並んだ列は、運悪く進みが悪い。

入国後、空港で1万円を両替。224.54TL(≒44.5円/TL)。両替所が幾つか並んでいたが、レートがどれも違うので、一番奥まったところにある一番割が良かった店で両替した。


空港からは鉄道で


アタテュルク空港からは、メトロでゼイティンブルヌ駅まで、とりあえず行こうと、地下に降りる。


ジェトン購買機


地下鉄乗り場までは、問題なく到着したが、どうやって、コイン(ジェトン)を購入したらいいのかわからず、この機械のまえで、立ち往生。結局、2TLを投入して、ボタンを押すだけでいいことがわかり、ジェトン(2TL)を無事ゲット。

ボタンが2つあるが、一つは「購入ボタン」で、もうひとつは「コイン数量選択ボタン」。単純だ。



早速乗り込む。

(駅のゲートを通るときに、ジェトンが回収されて、出てこないことに、少々戸惑ったが)


ゼイティンブルヌ駅からスルタンアフメット駅へ


ゼイティンブルヌ駅で地下鉄を降り、路面電車に乗り換える。駅は隣り合っているが、乗り換え用の出口と、そうでないものがあるので注意。丁度、通勤時間帯にぶつかったためか、乗車率は結構高い。


スルタンアフメット到着


通勤客?に混じって、スルタンアメフットに到着。ちょうど朝日が上がってくるまだ早い時間帯で、通りは昼間の人通りに比べると、閑散としていた。


スルタンアフメット・ジャーミィ


旧市街の観光の中心。6本のミナーレが遠くからもよく見える。これを見たときに、やっとトルコにきたなぁという気持ちになった。

やっぱり、写真で見るのと、本物を見るのは違う。



荷物を抱えていたこともあり、ひとまず宿さがし。スルタンアフメットとアヤソフィアの間にある石畳の道を通り、その先にあるアクブユック通りへ。この通りの周辺には宿が密集している。


Nobel Hostel


宿を見て回ったが、どこも混雑している。そういえば、出発前に、ヨーロッパでトルコブームが起きているような内容のニュースが流れていた。その影響なのかな。

何軒か回った後、確認のため入った宿でちょうど一部屋空いているとのこと。宿さがしに時間を取られるのはもったいないので、ここに決める。Nobel Hostel。3ユーロ負けてもらって、47ユーロ。トイレ・シャワーは共同。部屋はそこそこ広い。ダブルベット+2段ベッドが置かれている部屋だった。


スルタンアフメット・ジャーミィへ


身軽になった所で、スルタンアフメット・ジャーミィへ。坂道を少し登って、ジャーミィに近づく。何度も、写真で見たことはあったけど、それを間近に見ると、なんとも言えない高揚した気分になる。

400年も前に、これほどの建築物が作られ、それが今も変わらず、綺麗に残っていることに感動する。



とりあえず、建物の脇のゲートから中庭に。



ゲートをくぐると、広い中庭がある。ヒンドゥー教寺院にも同じ様な形で、中庭があるし、宗教施設には必須のものなのかな。

日本人は多く、ちらほらいる。中庭でボケーッとモスクを眺めていたら、学生二人組に写真撮影を頼まれた。



入ってきたゲートと、ちょうど反対側のゲートをくぐり抜け、内部見学のためにできた列に加わる。内部見学は無料。入り口で、靴を入れる袋が配られるので、それに自分の靴を入れ、見学開始。


スルタンアフメットの大ドーム


大ドームは、ガランとした広いフロア。丸天井もかなりの高さ。立ち入りできる部分は限られており、その立ち入り禁止の区域では、おじさんが掃除をしていた。



ステンドグラス。

モスクの出口で、寄付を募っていたので、5TLだけ募金。これほどのものをタダというわけにはいかないもんね。


スルタンアフメット・ジャーミィの内部


シィミット


スルタンアフメット・ジャーミィを出たあと、腹も減っていたので、シィミット屋へ。1つ1TL。ちょっと硬かったような気もする。

これを食べながら、グランドバザールへ。



丁度、レスリングの大会が行われていたようで、あちこちにその看板が立っていた。日本のチームもスルタンアフメットの前にいた。(あの、吉田さんも。)


グランドバザール


メトロに乗って、ベヤズット駅へ。そこから、歩いてすぐのところにあるグランドバザールへ。かなり広いマーケットの中をそぞろ歩き。中はかなり広く迷子になりそう。

特に、買ったものはなく、マーケット内のお茶屋でファンタ(6TL!)を飲んだだけ。それにしても高い。

マーケット脇の両替屋のレートが結構良かったので、ここで、3万円を両替。675TL。


グランドバザールの風景。


地下宮殿


スルタンアフメット地区に戻り、地下宮殿へ。ここに入るのに10TLのチケットが必要。

イスタンブールの貯水池で4~6世紀の作りだそうだ。中に入ってみると、ひんやりとした湿っぽさを感じるところ。

思った以上に、中は広く、ライトアップされている柱が美しい。



地下宮殿の奥には、模様の掘られた柱などもあり。



あとは、地下宮殿のどん詰りにある有名なメデューサの首。



それが2つ。こちらは横向きのバージョン。


地下宮殿の映像。


ざくろジュース


ちょっと草臥れたので、宿へ一時的に避難。

途中に、ざくろのジュースを売っている人たちがいたので、1杯買ってみた。5ルピーとこちらも結構なお値段。体が痒くなるような、すっぱさ。


トプカプ宮殿


宿で一休みした後、トプカプ宮殿へ。20TL。こちらもチケットの購入にすごい時間がかかった。(#゚Д゚)y-~~イライラ。

ボスポラス海峡を望む丘に立てられたトプカプ宮殿。広い。ゲートくぐっても、数多くの建物が目の前に並び、最初にどこにいったらいいのかよくわからない。

そこで、正義の塔の下にあるハレムにまず最初に行って見ることに。


ハレム


とりあえずガイドブックにおすすめと書かれているハレムへ。トプカプ宮殿の入場料とは別に、15ルピーを支払う。


ボスポラス海峡の眺め


個人的にトプカプ宮殿で、一番良かったのが、宮殿の一番奥から眺められるボスポラス海峡の眺め。正直、建物は飽きる。どの部屋も大した違いはないし。

こういう風景のほうが、歴史に思いを巡らせられるので楽しい。




みんなの憩いの場となっている。

船や鉄道などを眺めながら、贅沢なひととき。



ここからは、周りにモスクがいくつも見られる。


アヤソフィア


アヤソフィアの博物館は時間切れで、見学できず。次回に持ち越し。


とうもろこし屋


とうもろこしを買って、スルタンアフメットの前で、食べていると、「一緒に写真を撮ってくれ」と言われる。(以後、同じようなことが何度か、、、なんでだろう?)

宿に戻ると、あまりの眠さに、食事もせずに寝てしまった。20時就寝。



HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • アメラグ行きのタクシー乗り場近くの通りにて。荷台付きの馬車(ロバ車)乗り入れ禁止ということか。

    • 思った以上に移動に時間が取られ、ぜんぜん食事ができていなかったので、バスターミナルにあった店で、オレンジジュースを飲む。搾りたて。マズいわけがない。一杯35Rs。

    • これがバンブーブッダ。見た目は竹製には見えない。

    • シャブルベシの町の隅にある水力発電所にミルクを売りに来たおじさん。毎朝その日に取れたミルクを届けているよう。



    • これから下るスムダ・チェンモ方面。10時半、峠とおさらばして下り始める。

    • スーパー近くの食堂で夕食。20000スム。

    • 今日は何の用事もないので、朝8時起き。ただ、朝の5時半くらいに人間違いでインド人にたたき起こされる。「ソーリー、サー」とか言って消えていった。あとは、あちこち虫にやられてかなり痒い。 スピロ村にもう一度行こうかとおもったが、また凹むのも嫌なので、部屋の前で爪を切ったりしながら、ゆっくり過ごす。私がチャンゴから乗ってきたバスが10時半くらいにここを通るはずなので、10時前から幹線道路脇にあったベンチに腰掛けながら待つ。 バスでは座ることもできた。隣に座ったのは昨日、アニゴンパで世話になった尼さん。リコンピオまでは1時間20分。