HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

アナトリア東部、カッパドキア、イスタンブールエリア:中東(トルコ) 日付:2011/09/24 (9/10)

イスタンブール到着


バスは、朝7時にイスタンブールのボスポラス大橋を通過。



朝もやのイスタンブール旧市街方面。


エセンレル・オトガル到着


7時40分、エセンレル・オトガルに到着。



セルヴィス(オトガルと街の中心を結ぶ無料送迎バス)で、アクサライへ。ハブを作って、その先は小型のバスで送り迎えする仕組みは効率がいい。日本も見習える所があるのではないかな。


アクサライ到着


アクサライに到着後、トラムヴァイのユスフパシャまで歩き、そこからエミノニュまで移動。


ガラタ橋


ガラタ橋周辺で、サバサンド屋を探す。



酒飲みのじいさん。





釣果。



時間があれば、乗りたかったボスポラスクルーズの発着所。


サバサンド屋


最初、エミノニュ駅の周辺を見ていたため、サバサンド屋台がないなぁと思っていたら、橋の向こう側で発見。



大揺れのサバサンド屋で鯖を焼いている。5TL。



数軒のサバサンド屋が並んでいてる。レモン汁をかけて食べるのもいい。



日本人のあう味。美味しかったです。


グランドバザールへ


サバサンドを食べた後、グランドバザールへ土産物を探しに行く。スルタンアフメット・ジャーミィの置物など数点を購入。

14時の飛行機に間に合うようにグランドバザールを離れる。帰りの路面電車に載っていると、トルコ人のおじいさんが話しかけてきて、朝鮮戦争時の写真を見せてくれた。


イスタンブールからマレーシアへ


帰りも777。席の配置がやっぱり良くないこの飛行機は。



HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 城壁から見るマリストンの町。

    • 荷物を宿において、お茶を飲みながら一息ついたのち、村のゴンパへ。

    • タンボチェゴンパとアマダブラム。

    • 腹いっぱい食べた。エフェスビール、スープ、ピデ、ケバブなどで、15TL。 トルコに入って、初めての夕食!初めてのビール!

    • ナイロンホテルの従業員とすぐ近くにある櫻花とかいうレストランでヌードルを頂く(名前忘れちゃったなぁ。たしかシャン~~だったような・・・)。2人で1000チャット。意外に安い。

    • 朝食はチベタンブレッドとオムレツ。うまい。

    • 養蚕の神である「オシラサマ」を1000体を安置している御蚕神堂が曲がり屋につながっていた。以前は各家にオシラサマが備えられていたが、その維持が難しくなり、ここに集められたとか。 伝承園の管理人のおじさんがおしゃべるでいろいろと教えてくれる。

    • 宿のおじちゃんは、魚を購入したが、冷蔵庫が壊れているとかで、すべてフライにしていた。そのおこぼれを預かる。さんまみたいな魚のから揚げ。骨は、野良犬にあげた。

    • この山の山腹にルートが見え、登れるようだが登る気にならずパス。天気が良ければ登っていたかもしれない。