HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

アナトリア東部、カッパドキア、イスタンブールエリア:中東(トルコ) 日付:2011/09/21 (6/10)

ドウバヤズットの朝食


7時に起きて、外へ。

歩行者天国を少し歩いた後、賑わっているロカンタシ(食堂)に入る。テーブルには、パンが山盛りになっていて、食べ放題。



よくわからず、オーダーしたのは、ブレックファースト。5TL。チーズやらはちみつやらを、食べ放題のパンにつけて食べる。激辛どうがらし以外は、どれもおいしい。


ドウバヤズット半日ツアー


8時に、店の前に集合し、半日ツアースタート。



最初に、行ったのは、イサクパシャ宮殿。3TL。ドウバヤジットの南東5kmにある山腹に立つ宮殿。宮殿の工事に99年をかけ、完成したのは1784年。中には、食堂、ハレム、ジャーミィ、浴場、地下牢獄。

只今、大工事中なので、一部の入場が制限されているけど、かなり立派。



いたるところにある彫刻も細かく、ピンクに近い壁が印象的。



食堂。光がよく入ってくるので、明るい。



運転手のおじさんに、裏山まで連れていってもらう。


クルド人の村


イサクパシャ宮殿の近くにあったクルド人の村。というか、2~3軒の集落。ちょっと、離れた車道から眺めるだけ。(あんまり良い感じはしない)

生活の感じは、ヒマラヤの山奥の村と同レベル。特に見るようなものはないないな。


メテオホールへ


イラクとの国境近くにあるメテオホールに向かう。国境には、何キロにも渡って、大型トラックが止まっていた。

国境ぎりぎりのところから脇道にはいるが、軍のチェックがあり、運転手が免許証のようなものを提出させられていた。





1920年に落ちた隕石の跡。綺麗な円柱形をしていて、びっくり。直径35mで、深さは60m(ただ、今は30mまで埋まっているとのこと)。

クレーターの周りで、溶けた感じの石を幾つか調達。こういうのは良い土産になる。


ノアの方舟


来た道を戻り、次は、ノアの方舟へ。



う~ん。



アップした写真。確かに船っぽいといえば、船っぽいのだが。

思っていたよりは、良かった。


ノアの方舟の博物館


ノアの方舟の博物館。というか資料館。昔の新聞記事などが掲示されている。2.5TL。



方舟のあるところとアララト山の間には、広い平原があり、これがイランに続いている。


ドウバヤズット半日ツアー終了


ドウバヤズットには、11時40分到着。結構充実した午前中であった。


半日ツアーのまとめ映像。



シーバス行きのバスの搭乗時間までは、街中を散策。



チーズ。



スイカ?



きゅうり。



犬。


昼食


昼飯は、朝と同じ所。



適当に、指をさして、皿に持ってもらうスタイル。かなりいろいろ注文してしまった。10TL。


ドウバヤズット出発


14時直前に、荷物を宿からピックアップして、オトガルに向かう。



オトガルまで歩いていって、バスに乗り込む。バスは14時10分に出発。



バス案内人のおじさん。



草原の中を走る。



香水、飲み物、スナックが配られる。パックに入った水は飲み放題。



夕日に向かって突き進む。快適な椅子でうつらうつら。


シーバス到着


15時50分、アール到着。
19時15分、エルズルム通過。
翌1時10分、シーバス到着。

シーバスで、バスを降り、チケット売り場に行くと、すぐにバスが来るからということで、再度、外に連れ出されると、本当に到着。係員に20TL払って乗り込む。

トルコで、バス待ちの時間ってほとんどないなぁ。



HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • フェリーの船内客室。デッキ席でも船内客室でも値段は一緒。船内全て自由席。

    • 4:00前に搭乗開始。外はまだ真っ暗だ。

    • あとは、なだらかな坂をひたすら進むだけ。空は晴れてきた。

    • 町外れの松賛林寺に続く道の脇にチケット売り場があり、外国人である私1人だけバスから降りて、チケットを購入する(30元)。

    • ウロウロしてたら日が暮れてきた。このヒンドゥ寺院はネパール風だなぁ。山岳地方で木が豊富だからこの形なのか?ネパールの影響を受けたのか…。

    • カルス城の直下にある建物。1000年以上も前の建設で、モスクになったり、教会になったり、博物館になったりと、このエリアが時代に翻弄された証拠の一つになっている。 で、今は、モスク。

    • 寄り道ポイントにて。雨上がりなのに、川の水も澄んでいる。


    • 難民センターには工房がいくつもあり、それぞれ木工の部屋や絨毯の部屋などに分かれている。女性がたくさんいる部屋に行くと、笑顔でドネーションとサインを求められる。ここで小銭は全てなくなった…。