HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

アナトリア東部、カッパドキア、イスタンブールエリア:中東(トルコ) 日付:2011/09/20 (5/10)

カルスの朝


7時くらいに宿を抜けだして、朝の散歩。行くあてはなかったが、遠くに見えたカルス城まで行って見ることにする。



まだ、オープンしている店は少なかったが、こんな感じですでに店を大きく広げているところもある。



東欧の車なのか、かわいいのがカルス城の手前に止まっている。


カルス城


カルス城の直下にある建物。1000年以上も前の建設で、モスクになったり、教会になったり、博物館になったりと、このエリアが時代に翻弄された証拠の一つになっている。

で、今は、モスク。



坂を登ってカルス城に。

登ったのはいいが、まだ、時間が早くてオープンしてなかった。昼間は、広場でお茶が飲める憩いの場になっているよう。



カルス城から見えるカルスの街並み。


朝食


宿に戻り、朝食。名称不明。粉砂糖をかけた薄いパンみたいなもの。ちょっと量が多いかなと思ったけど、平らげた。あまくて美味い。2.5TL。

昨晩のうちに、宿で頼んでおいたアニ遺跡ツアーの迎えを待つ。ツアー代は35TL。少々、迎えが遅れて9時10分のピックアップ。


アニ遺跡


カルスの街中で人を集めながらだったので、アニに到着したのは、10時5分。

城壁の前で降ろされて、あとは13時半までの自由行動。



天気がいいこともあり、日差しが強い。


オリーブの油圧搾所


オリーブの油を搾り出す工場だったようだ。


救世主教会


雷で、壊れてしまったとか。




聖グレゴリオ教会


おそらく、アニ遺跡の中で、一番有名な建物。聖グレゴリオ教会。



中の壁画は若干傷んでいる感じはするが、なかなかのもの。誰かが点けたロウソクがいい雰囲気を出していた。


カテドラル


内部はガラーンとした建物。


聖グレゴリオ教会とカテドラルの映像。


メニュチェフル・ジャーミィ


個人的に印象だったのが南の外れにあるジャーミィ。しっかりとした作りのためか、崩壊しているところは少ない。隣の塔は暗く狭い階段を登れば、塔の頂上に出られる。



アルバ側をバックに1枚。川の先はアルメニア。



塔の頂上まで登ってみた。柵はなく(屋根はある)、足元もでこぼこなので、少々怖い。足を引っ掛けて、転げ落ちそうな気がした。

13時半の集合に間に合うように、遺跡を出て、カルスに到着したのは、14時5分。


カルスのオトガル


宿に置いておいた荷物を取り、そのまま、オトガルに歩いて行く。ウードゥル行きのバスを探していると、(おそらく)白タクの兄ちゃんに声をかけられ、こちらのほうが早いかと思い、連れていってもらうことにした。30TL。

ただ、いろいろあり、カルスの街からなかなか出られず。それに、カルスの街をよく知らないのか、道を聞きながらの出発。

カルスからウードゥルの道のりは、前が見えないほどのひどい土砂降り。しかし、ウードゥルに近づくと空は晴れ、アララト山がよく見えた。


ウードゥル到着&出発


途中で、人を乗せながら、また、下ろしながらで、なんとか17時5分にウードゥルに到着。車内から電話をかけ、ドウバヤズット行きのミニバスを留めておいてくれたようだ。言葉は殆ど通じなかったけど、親切な兄ちゃんだった。

車を降りて、すぐにミニバスに乗り込み、出発。6TL。


ドウバヤズット到着


17時50分到着。ウードゥルからは1時間もかからない。

ミニバスを降りてからは、歩行者天国に向かって歩く。


ホテル・ケナン


もう日は、だいぶ落ちてきたが、まだ、人通りは多い。客引きみたいなのもいて、今回は、彼が紹介してくれたHOTEL KENANに宿泊。ベッドはへたっていたが、まぁ、一泊だけだから構わない。トイレ・シャワー付きで40TL。

刺繍の勉強に来ているという日本人女性も一人いた。


夕食

ひとまず、宿を出てからは、オトガル近くのAgri daqiで明日のシーバスへのバスチケットとドウバヤジットの半日ツアーを頼む。バスチケットは60TL、半日ツアーは50TL。


明日の予定が固まったので夕食に。

場所は、歩き方にも載っているアスマル・コナックへ。



外国人慣れしているのか、カメラを向けてもにこやかに反応してくれる。



また、店内のあちこちにいろいろなオブジェが。



腹いっぱい食べた。エフェスビール、スープ、ピデ、ケバブなどで、15TL。

トルコに入って、初めての夕食!初めてのビール!


ホテルケナンのシャワー

ホテルへの帰り道に、両替屋を探すが、さすがにこの時間だとしまっていた。近くの商店のおじさんに聞くと、100ドル→170TLなら両替してやるというので、少々レートが悪かったが、念のため100ドルだけやっておいた。


ホテルで、シャワーを浴びるも、すごい水の量。まるで滝。かなり快適なのだが、タンクが欠乏するせいか、長時間のシャワーは不可。ある意味、今回の旅行で、一番印象の残った宿。



HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • バスターミナル隣のチベット街。

    • とりあえず、良さそうなホームステイ先を探すため、村の中を歩き回っていると、先にこの村に到着していたフランス人に「こっちだよー」と言われ、同じ宿に泊まることに。フランス人のマトゥは体調を悪化させ、完全にダウン中。そのため、私が成田空港で買っておいた正露丸を飲ませた。

    • 坂を登りきると傾斜が緩やかになるが、雪に覆われどこが登山道か分からない。トレース(踏み跡)もなく、あとは方角と地図のルートと地形(尾根)を頼りに進むことに。

    • ゴラクシェプから2時間くらい掛かって、カラパタールを登る。ディンボチェで同じ宿だったスペイン人のおじさんとここで再会。彼らはロブチェには泊まらず、より標高の高いゴラクシェプに泊まっていた。ゴラクシェプに泊まっていたのは、彼らだけだったそうだ。彼と写真を撮りあう。彼も興奮していたのだろうか、ところどころにスペイン語が混じった英語を話していた。写真をスペイン語でいうと「ピシュ」なのか。。。



    • デモ現場の橋の上。一番奥の橋の入口(出口)にデモ集団が座り込みをしている。車は立ち往生。

    • 前の写真と同じ岩場から座間味港方面を望む。岩場の上にいるのは私の友人。この後、彼のいる岩場まで私も行ってみた。

    • 象のいるポイントまではまだまだ先。特に見所のないジャングルの中を約50分走る。