HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

アナトリア東部、カッパドキア、イスタンブールエリア:中東(トルコ) 日付:2011/09/19 (4/10)

トラブゾンの朝


朝4時半起き。昨晩、浴びなかったシャワーを浴びて、出発。

ドルムシュでオトガルまで移動する。1.5TL。


オトガル@トラブゾン


5分くらいで、オトガルに到着。まだ7時前だったので、それほど人はおらず。



携帯用充電器。



オトガルで、朝食。サンドイッチとチャイ。あわせて4TL。

あと、ここの売店で、スナックを購入。


アルトヴィン行きのバス


バスは7時半出発。

黒海に沿って進む。


朝食


リゼという街を通り過ぎたところにある食堂で朝食。キョフテサンドとチャイ。2TL。



延々と、黒海沿い。左側には海が広がっている。ちなみに海の向こうのロシアは見えない。

ホパの街からは、右に折れ、内陸に入っていく。



海から離れると、徐々に高度を上げ、緑の多い谷間を進むことになる。


アルトヴィン到着


12時40分、アルトヴィン到着。出発からおよそ5時間。

バスを降りると、急かされて、隣に止まっていたカルス行きのバスに乗せられた。そのため、周囲の雰囲気はよく確認できず。12時40分、アルトヴィン発。



バスはどんどん標高を上げ、山岳地帯に入る。



工事現場に到着。14時40分。ここで30分くらい立ち往生。暇なんで、バスを降りてうろうろ。



対岸の村。雰囲気はヒマラヤの村に似ている。



やぎ。



オルトゥ(Oltu)方面との分かれ道。バスを降りる人はそこそこいた。

また、ここの交差点には軍もおり、パシャパシャ写真を撮っていた私は注意をうける。



オルトゥ方面との分かれ道を過ぎるとあとは、直線道路が多くなる。

景色のあまり変わらない大草原の中を走るので、ウツラウツラ。日がだんだん落ちてきて、気がついたときには、すでに周りは真っ暗。で、カルスの手前。


カルス到着


カルス到着。19時。バスの後ろの席に載っていた女性が、ホテルまでタクシーで連れていってくれるというので、とりあえず、カラバーホテルまで一緒に行く。

カラバーホテルは、ちょっと高そうだったので、周辺を探す。カラバーホテルが面している通りに幾つか安宿があり、そちらに。一泊40TLのHOTEL NURに泊まることにした。

トイレ、シャワーは共同。疲れていたせいもあり、シャワーを使うことはなかった。


夕食


ホテル近くのキョフテ屋で、キョフテサンドとアイラン(ヨーグルト)。3TL。



せっかくの夕食にしてはちょっと寂しいか。


夜食?


レストランを出た後、スーパーで飲み物を買い、店先で売られていたコーンを食べる。今までは、とうもろこし1本買いであったが、ここはカットしてあるコーン。ケチャップやら、マヨネーズやらをかけて食べる。

天気があまり良くなく、雨がぱらついていた。



HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 荒野と行く牛という感じでなかなかいい感じの写真。

    • アムステルダム中央駅。

    • 子供たちがパチンコで遊んでいた。私がパチンコを打つポーズをして、彼らに促すと、素直にこのポーズをとってくれる。

    • こんな柱の全てに、堂々と?あれやこれやの官能的場面の彫刻が施されている。

    • 電話中の主人。結構、忙しそうにしていた。鏡に写っているね、私も。

    • バンブーブッダのある寺へお参りに来ていた親子。

    • ニューゴンパからの眺めは素晴らしい。正面には、アンナプルナの氷河も見られる。

    • 15:00にラブハンバジョーに到着。先頭に別れを告げ、ゴーグルと足ひれを返しに行く。

    • こんな感じで売りに出される。なす術のない豚達。これらの豚もランブ・ソロの生贄になる。