HOME | 概要 成田→イスタンブール イスタンブール マルディン ディヤルバキル ネムルトダーウ ギョレメ ギョレメ ギョレメ → イスタンブール イスタンブール イスタンブール クアラルンプール -クアラルンプール→成田

アナトリア南東部,カッパドキア,イスタンブールエリア:中東(トルコ) 日付:2010/08/15 (10/12)

ボスポラスクルーズ エミノニュ ~ ルメイカヴァウ

エミノニュ桟橋からのボスポラスクルーズは公営の定期船が日に2便,私営の近距離便が不定期に出発。
オンシーズンならばエミノニュ桟橋に呼び込みが沢山いるのですぐ分かるでしょう。


公営の10:30エミノニュ~ルメイカヴァウ行きに乗る。片道20TL。



カパタシュ桟橋の辺りに凄いでっかい船が…。船に隠れてドマバチェフ宮殿が見えねーぞ!



しかしまぁでっかいなぁ。救命ボートから大きさを想像して欲しい。



ボスポラス大橋通過~。



第二ボスポラス大橋通過~。



ガイドブックに載るような街ではないようだが昼食ぐらいは取れるだろうと終点の一つ手前のルメイカヴァウで下船。

※終点のルメイヒサルまで行ってしまうと帰りのバスも無さそうなので往復券じゃない人はここで降りたほうが無難



んーこれは…。



なんと海水浴場だ。しかもトルコ人しか居ない。ここの海の家のようなところで昼食をとる。


イスタンブール市内に戻る


水着持ってるわけでは無いので、昼食をとったらさて帰ろう。街のバス停から新市街の中心地レヴェントまでバスがあることを確認。


1時間程でレヴェントに到着


東京で言うと六本木みたいなところですかね。地下鉄駅が有るのでここまで来ればどうとでもホテルに帰れる。


メトロシティー

折角来たので隣駅のメトロシティーと言うショッピングモールに行ってみる。


想像を絶する巨大なショッピングモール。六本木ヒルズみたいなもんか。



売ってるものも垢抜けてる。そして高い!


メトロシティー ~ グランバザール

ショッピングモールで思い出したがグランバザールに行ってないや。一応観光の目玉だし行っておこう。


メトロシティー → タキシム =地下鉄
タキシム → カパタシュ =ケーブルカー
カパタシュ → グランバザール =トラム

と乗り継ぐこういう時にアクビルがあると便利。 


たった1区間の為だけにこんなに立派なケーブルカーが…。


グランバザールへ


残念!日曜は閉館です。



途方にくれる。


ホテルに戻ろうと思ったが・・・。

ひとしきり途方に暮れたのでガラタ橋で夕飯でもとエミノニュに向かう。


あらいい感じの夕日,そしてサンセットクルーズの呼び込みの声。


サンセットクルーズへ

いやー折角だから乗ってしまいました。サンセットクルーズ。一人10TL。
エミノニュ~第二ボスポラス大橋~エミノニュ コース。


夕日が映えますなぁ。



ボスポラス大橋通過~



カパタシュ方向を臨む。中々不思議な夜景。



約1時間でクルーズ終了出発とは違う桟橋にて下船。桟橋にサバサンドの屋台船が待ち構える。
夕飯時を狙ったうまい商売だ。ええ、勿論買いました。



HOME | 概要 成田→イスタンブール イスタンブール マルディン ディヤルバキル ネムルトダーウ ギョレメ ギョレメ ギョレメ → イスタンブール イスタンブール イスタンブール クアラルンプール -クアラルンプール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 部屋は綺麗だが、新しいせいかペンキのようなにおいが少し鼻に付いた。

    • 目玉の柱。地下宮殿の中に一本だけ大量の目玉が彫刻されている柱がある。メデューサと違って何の説明も無いため不気味。誰か由来知ってたら教えてください。

    • 部屋から見える正面の風景。凍った氷河湖が見える。

    • プーンヒルの料金所。この時間にはもう受付の人はいなかった。

    • このカードを自動改札機にタッチして電車に乗り込む。むむむ、使い捨ての切符を使っている日本よりこちらの方が環境にやさしいな。日本でもこのくらい出来るだろうに。

    • あとは、川のすぐわきを歩く。川の流れは途中からなくなり、石のごろごろした緩やかな登り道を歩く。 川を詰め切ったところから、左手に峠に続く道があるので、そこを登る。あとは、ひたすら、ジグザクの道を登る。また、朝早いため、風は強くなかったが、耳が冷たく、目出帽を出して被る。峠のタルチョが全然見えないため、あとどのくらい登ればいいのか、検討がつかず。

    • 西の空低くには、月齢0.8のかすかに見える細い月と宵の明星(金星)が。

    • 肉ともち米と野菜とビールのお腹いっぱい。