HOME | 概要 成田→イスタンブール イスタンブール マルディン ディヤルバキル ネムルトダーウ ギョレメ ギョレメ ギョレメ → イスタンブール イスタンブール イスタンブール クアラルンプール -クアラルンプール→成田

アナトリア南東部,カッパドキア,イスタンブールエリア:中東(トルコ) 日付:2010/08/14 (9/12)

ギョレメ ~ イスタンブール

バス泊。多少納得の行かない思いをする。詳細は思い出しても苛々するので書かないが、都合が悪くなるとイスラム云々を語って英語を喋らなくなるのはどうかと思う。そういう人が極稀にいる。


チルトダウン式のモニターを備える近代的なバス。しかしプログラムはトルコ版ミリオネアの同じ回を延々繰り返し。格好ばっかりで実がともなっとらん。



朝4時頃、バスはサービスエリアで停車。皆、凄まじい勢いで朝食をとっている。ラマダンなので日が昇る前に食べられるだけ食べるのだった。


イスタンブール到着

バスはイスタンブールエセンレルオトガルに到着。ここでも一悶着。エセンレルからシルケジまで行くと言っていたシャトルバスがアクサライまでしか行かないという。問い詰めるとまた英語出来ない人になっちゃうし。しかもアクサライにも行かないし。この会社はこんなんばっか。


予約していたシルケジのSultan Hotelにチェックイン,休憩の後イスタンブールの街へ。宿の前の通りで掃除のおじさんがいい感じでポージング。


エジプシャンバザール ~ タキシム (イスタンブール散策)

イスタンブールの台所エジプシャンバザールへ。食品・香辛料・日用雑貨が中心。


勿論、中心部は観光客相手の店がずらりと並ぶ、「からすみ安いよ」と日本語で話かけられたりする。



エジプシャンバザールからエミノニュ桟橋へ向かうガード下地下商店街。こちらの方が庶民的な雰囲気ですね。



ガラタ橋のたもと。かつてはボロボロの漁船で同情を誘っていたサバサンド船が政府の指示で豪華になって再登場。


徒歩でガラタ橋を渡る。


ガラタ橋の下部はカフェがずらりと立ち並ぶ。いくらなんでも極彩色すぎるんじゃあ。



ガラタ橋からガラタ塔を臨む。



ガラタ橋は釣客でも賑わっている。釣れてるところは殆ど見ないので何が釣れるのかは不明。



そして、カラキョイ側で泳ぐ少年たち。意外と水は綺麗なんだな。


タキシムへ

カラキョイ~テュネル~タキシムとうろうろ。


テュネル→タキシム間にロマの帽子売が乗ってきた。無賃乗車だよ!



どうしてこうなった…。タキシムのケーキ屋にて。


夕飯の仕入れ

突然ですが、私は色々な国でスーパーやコンビニに行くのが好きだ。観光化されていないので現地の普段の生活を覗き見ることができるし観光客向けのレストランではお目にかかられない食べ物売ってたりするからね。


というわけで、タキシムのカルフールへ。惣菜とワイン・ビールを買い込む。



そして部屋飲みです。奥さんの腹の調子も余り良くないのでこのほうが何かと便利。


ラマダンフェスティバル

夕食後スルタンアフメットでラマダンフェスティバルをやってるというので行ってみる


ブルーモスクの周りは屋台も出ていて、多くの人手で賑わっていた。



ブルーモスクも電飾されている。



こ、これはどういうパフォーマンスなのかな?



スルタンアフメットからシルケジまでトラムに乗ろうとしたらご覧の有様。
まぁいいや歩いて帰ろう。



HOME | 概要 成田→イスタンブール イスタンブール マルディン ディヤルバキル ネムルトダーウ ギョレメ ギョレメ ギョレメ → イスタンブール イスタンブール イスタンブール クアラルンプール -クアラルンプール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 登山史から、イエティまで、コンテンツ豊富で面白い。

    • 宿の自宅リビング。立派な家。そこそこの富裕者層の家だろう。旅行者もここで休憩できる。その先にはダイニングがあり、ここで食事をする。

    • たった1区間の為だけにこんなに立派なケーブルカーが…。

    • 13時半に折り返し,来た道と同じルートを辿る.キャンジンゴンパには日も落ちた16時半着.

    • 谷を下りきり橋を渡るとチレーノ小屋。ここから先は樹林帯で、徐々に高度を上げていく。この辺は所々に沢があり、おいしい水を飲めるのがありがたい。そして、15:20トーレスキャンプ場に到着。イタリアーノキャンプ場を出発して9時間。疲れたけど、展望抜群の素晴らしいルートであった。

    • モモ屋。ラサ出身のおじさんのモモは素朴で美味しかった。

    • 乗ってきたボート。

    • 燕門から8キロばかり南に下ったところにある橋を渡る。そこから上り坂をくねくねと登ると、右手に茨中教堂の建物が見えてくる。ローカルバスで来た場合、恐らく橋の脇から歩かなくてはならないので、ちょっと大変かな。宿は茨中教堂の前に2~3件あった。

    • 今宵は宿でパーティーなのでカタツムリ以外は食べなかった。屋台には観光客だけでなく、地元の人も結構食べに来るみたい。