HOME | 概要 成田→イスタンブール イスタンブール マルディン ディヤルバキル ネムルトダーウ ギョレメ ギョレメ ギョレメ → イスタンブール イスタンブール イスタンブール クアラルンプール -クアラルンプール→成田

アナトリア南東部,カッパドキア,イスタンブールエリア:中東(トルコ) 日付:2010/08/14 (9/12)

ギョレメ ~ イスタンブール

バス泊。多少納得の行かない思いをする。詳細は思い出しても苛々するので書かないが、都合が悪くなるとイスラム云々を語って英語を喋らなくなるのはどうかと思う。そういう人が極稀にいる。


チルトダウン式のモニターを備える近代的なバス。しかしプログラムはトルコ版ミリオネアの同じ回を延々繰り返し。格好ばっかりで実がともなっとらん。



朝4時頃、バスはサービスエリアで停車。皆、凄まじい勢いで朝食をとっている。ラマダンなので日が昇る前に食べられるだけ食べるのだった。


イスタンブール到着

バスはイスタンブールエセンレルオトガルに到着。ここでも一悶着。エセンレルからシルケジまで行くと言っていたシャトルバスがアクサライまでしか行かないという。問い詰めるとまた英語出来ない人になっちゃうし。しかもアクサライにも行かないし。この会社はこんなんばっか。


予約していたシルケジのSultan Hotelにチェックイン,休憩の後イスタンブールの街へ。宿の前の通りで掃除のおじさんがいい感じでポージング。


エジプシャンバザール ~ タキシム (イスタンブール散策)

イスタンブールの台所エジプシャンバザールへ。食品・香辛料・日用雑貨が中心。


勿論、中心部は観光客相手の店がずらりと並ぶ、「からすみ安いよ」と日本語で話かけられたりする。



エジプシャンバザールからエミノニュ桟橋へ向かうガード下地下商店街。こちらの方が庶民的な雰囲気ですね。



ガラタ橋のたもと。かつてはボロボロの漁船で同情を誘っていたサバサンド船が政府の指示で豪華になって再登場。


徒歩でガラタ橋を渡る。


ガラタ橋の下部はカフェがずらりと立ち並ぶ。いくらなんでも極彩色すぎるんじゃあ。



ガラタ橋からガラタ塔を臨む。



ガラタ橋は釣客でも賑わっている。釣れてるところは殆ど見ないので何が釣れるのかは不明。



そして、カラキョイ側で泳ぐ少年たち。意外と水は綺麗なんだな。


タキシムへ

カラキョイ~テュネル~タキシムとうろうろ。


テュネル→タキシム間にロマの帽子売が乗ってきた。無賃乗車だよ!



どうしてこうなった…。タキシムのケーキ屋にて。


夕飯の仕入れ

突然ですが、私は色々な国でスーパーやコンビニに行くのが好きだ。観光化されていないので現地の普段の生活を覗き見ることができるし観光客向けのレストランではお目にかかられない食べ物売ってたりするからね。


というわけで、タキシムのカルフールへ。惣菜とワイン・ビールを買い込む。



そして部屋飲みです。奥さんの腹の調子も余り良くないのでこのほうが何かと便利。


ラマダンフェスティバル

夕食後スルタンアフメットでラマダンフェスティバルをやってるというので行ってみる


ブルーモスクの周りは屋台も出ていて、多くの人手で賑わっていた。



ブルーモスクも電飾されている。



こ、これはどういうパフォーマンスなのかな?



スルタンアフメットからシルケジまでトラムに乗ろうとしたらご覧の有様。
まぁいいや歩いて帰ろう。



HOME | 概要 成田→イスタンブール イスタンブール マルディン ディヤルバキル ネムルトダーウ ギョレメ ギョレメ ギョレメ → イスタンブール イスタンブール イスタンブール クアラルンプール -クアラルンプール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 峠方向を振り返る。すぐに峠のタルチョは見えなくなる。峠がなだらかで広いからだ。

    • タボバンは一本の通りの脇に数店の商店などが並ぶこじんまりとした町。

    • 18:00北京到着。雨。空港直結ではなかったため、雨の中、バスで空港へ。荷物がなかなか出てこず、乗り継ぎ便の出発時刻に間に合うか不安になった。荷物を待っている間に、時間節約のため両替。3万円が2,146元。レートは13.98円/元。荷物を受け取ったのち、再度預け直して国内線乗り継ぎへ。 国内線に乗り換えるのに、再度、X線チェックとボディチェック。トレッキングシューズを履いていたため、これも脱がされる。何言っているのか分からんし。面倒くさすぎる。

    • 街の一番端っこにあるのが Tara G.H.。私は80元の部屋に泊まったけれど、タイプはいろいろあり、どの部屋もきれい。ドミもあったし。英語は若干だけれど通じる。ホットシャワーもあり、西寧以来のシャワーを浴びた。お湯のでもよく(流れが悪かったが)、快適。屋上から眺められるラプラン寺もいい。

    • お茶を飲ませてくれた家(左側)。 ゴンパに寄ろうとも思ったが、一人しかいない坊さんはワンラに行っていて閉まっていたため、寄ることはしなかった。

    • 朝飯は宿前にある屋台で。2日間ともここで頂く。300チャットのヌードル。おいしいね。このあとに行った市場では小坊主とかに金をせびられちょっとショックだった。ミャンマーについて「親切」とかいうイメージが頭に刷り込まれていたのでこういうことはないと思っていたが、現実は違って「なーんだ、他の東南アジアと変わらない!」という感じ。

    • 展望のいいデッキは満員状態。

    • バギオからの夜行バスで到着したのは、朝の4:45。雨がふっている。 バスターミナル出口にあった、マクドナルドで、朝食をかねて時間つぶし。 明るくなってきたところで、タクシーに乗り、空港に向かう。