HOME | 概要 バンコク カトマンズ シャブルベシ リムチェ ランタン キャンジンゴンパ キャンジンゴンパ ラマホテル シャブルベシ カトマンズ カトマンズ→バンコク→成田 成田

ランタントレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2006/01/02 (5/12)

朝食はツァンパ


まさか宿でツァンパを出されると思っていなかったけど、ありがたく頂いた。ツァンパとは麦をボイルして挽いたもの。ここではこの挽いただけのものをミルクティに入れて食べていたけど、ラダックのときに見たツァンパは挽いたものに砂糖などを混ぜて作っていたなぁ。地域によってツァンパといっても違いがあるのかな。


リムチェを出発


出発前のひと時。





ラマホテルを過ぎたところにあるマニ車。回っていなかったので、一生懸命に直すハッパ少年。さすが仏教徒だ。



ゴラタベラの手前辺りから、森が開け、山々が見えてくる。



今までの森は薄暗かったが、この辺まで来ると森といっても葉の隙間から日が差し込んでくるので、明るく歩いていて楽しい。



タルチョはためく所で小休憩。


ゴラタベラ到着


11時50分ゴラタベラ到着。ゴラタベラは開放感のある場所で気持ちがいい。ここで2時間半ほど休憩。



ここで昼食。いつもと同じようにダルバートとミルクティ×2。しめて250Rsなり。段々と物価が上がってくる。




ランタンに向けて出発


ここまで来ると、空の青さが濃くなってくる。雪をかぶった山々も間近に見えてわくわくする。









お茶屋で休憩。


開放感のある谷間を歩く


日が傾いてくる中、ゆっくりと歩く。もう標高3000mを越えているの無理はしない。ハッパ少年のペースに合せて一緒に歩く。


ハッパ少年のおばの家に招かれる


もっと早い時間だったら、絞りたてのミルクがあったんだけれど。。。ということで新鮮なミルクは飲めなかったけど、ミルクティーを一杯ご馳走になる。






ランタン村はあともうちょっと


こんな感じの道をテクテクと歩く。もう木はない。



ランタンまであと少し。写真中央の白い四角い建物が見える辺りがランタン村。


ランタン到着


ランタンに着いたのは18時。もう日は落ちて暗い。ピルグリムゲストハウス(ピルグリーン?)に泊まる。まだ新しいゲストハウスで綺麗。外は風も強く、部屋は寒いので、寝る直前までキッチンでみんなと肩を寄せ合って暖炉の周りに座っていた。



夕食はトゥクパ。普通の麺を使って作るのかと驚いたが、これもまた美味しい。



HOME | 概要 バンコク カトマンズ シャブルベシ リムチェ ランタン キャンジンゴンパ キャンジンゴンパ ラマホテル シャブルベシ カトマンズ カトマンズ→バンコク→成田 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 通りから砂利道を下り、寺の中へ。バターランプを10元で一つ買って供える。彼女はタール寺に行ったことがあると言っていたけれど、寺の中に入ったのは、今回は初めてだとか。「私は漢民族だから入れさせてもらえないの」と言っていた。まぁ、そもそもチベット仏教のことを全然わかっていないので、しょうがないか。


    • モンラーのバスターミナルから、モーハン行きのミニバスが出ているターミナルまで歩く。


    • ヤンゴンから空港まではタクシーで5ドル。とうとう今回の旅行も、あとは日本へ向かうのみとなった。

    • ここも?。20ペソ。橋よりも、橋の下で、水牛を泳がせているおばさんが面白かった。

    • 大沢温泉は2軒の旅館と自炊部と呼ばれる素泊まりの宿(食事を付けることも可)がある。こちらは自炊部入口。

    • ミンチェタ要塞からの展望、ズーム。