HOME | 概要 バンコク カトマンズ シャブルベシ リムチェ ランタン キャンジンゴンパ キャンジンゴンパ ラマホテル シャブルベシ カトマンズ カトマンズ→バンコク→成田 成田

ランタントレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2006/01/03 (6/12)

ランタン村での朝の散歩


昨日は遅くランタン村に着いたので、周りを回ることが出来なかったので、朝起きてから散歩した。ランタン村の入り口には水力マニ車×3がある。これは5年前と変わっていないなぁ。でも宿の数が随分と増えていた。すでに過当競争になっているはずなのに次から次と同じようなゲストハウスを建てて何とも思わないのか、チベタンは。。。





朝食は「ツァンパポリッジwith焼いたチーズ」 。う~~ん、まずくはないけど旨くもない。



ちょうどツァンパを作っていたので挽いている場所も見せてもらう。ここも水の力を利用して挽いている。この水車小屋の外では朝早くから子供たちが遊んでいる。




キャンジンゴンパに向けて出発


今日はハッパ少年とその弟と私の3人にキャラバン。昨日よりさらにスロースペースなトレッキング。写真はランタン村から少しキャンジンゴンパの方に歩いたところからランタン村を眺めたところ。村は開けたところにある。



ハッパ少年の家でヨーグルトとミルクティーを頂く。 ここまで何軒かのチベタンの家に入れてもらったけど、家の作りは、みんな同じようなスタイル。





こんな場所を汗をかきながら歩く。



標高が高いけれど、日中は半そでで歩けるほど暖かい。



坊さんが従者を連れてキャンジンゴンパの方に歩いていった。歩くペースは早くあっという間に追いつかれ、追い抜かれた。



大分、キャンジンゴンパに近づいた。川が見えるようになってきたらキャンジンゴンパは近い。










キャンジンゴンパ到着


9時半ランタン出発で13時半キャンジンゴンパ着。かなりゆっくり歩いて4時間。おー宿が随分と多くなったなぁ。5年前は5軒位だったろうに。前回は高山病で完全ダウンであったけど、今回は若干体調が優れないなぁという感じで通常の行動には問題はなさそう。



宿はチベットゲストハウスに泊まる。村の奥のほうの宿。こんな場所じゃ客は来ないだろうに。。。大半の日本人はヤクホテルに泊まっていた。


キャンジンリの中腹まで登る


夕暮れの時間までゲストハウス裏の山に登ってみる。そこから見える氷河など。



山の中腹からキャンジンゴンパの村を見下ろす。こういう高いところからボケ~~と眺めているのって好きなんだよねぇ。 日が落ちて薄暗くなるまでここから眺めていた。


チーズ工房を見せてもらう


「お~~い、誰かいるの?」と管理小屋で呼んだらおじさんが出てきて、チーズ保管庫の鍵を開けてくれた。夏場にチーズを作り、今は売っているだけとのこと。9kg7ドルだとか。「買うのか?」とい言われたけれど、持って帰るのしんどいしなぁ。。。



HOME | 概要 バンコク カトマンズ シャブルベシ リムチェ ランタン キャンジンゴンパ キャンジンゴンパ ラマホテル シャブルベシ カトマンズ カトマンズ→バンコク→成田 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 左側の女の子もかわいかった、シャングリラの出身。彼女は中国語しか話せなかったけれど、歌の晩が終わると私の前にきては話しかけてくる。「私の故郷はすごいきれいなところなの~。」なんて。周りのチベタンがよく英語を話せるので、それを見てか「私も英語を勉強したいの~。」とも。

    • ダージリンまで距離的には近いけれど、道が悪い。ヨクスムからジョレタンの方がまだまし。茶畑の広がる山の尾根をジープがうなりをあげて登っていく。

    • イミグレでは、特にビザについて聞かれることもなく、あっさり通過。両替所で3万円を両替。 空港を出るところで、上着を脱ぐ。さすがに暑い。空港の建物をでて、左に50mほど行ったところにから近くのバスターミナル行きのおんぼろバスが出ている。無料。

    • 西門からの眺め。

    • 北京-東京(成田)はコードシェアのJAL機材。

    • 海の底がうっすらと見える。底が砂地か岩場かで青の濃淡が変わって見える。

    • イーサフィヨルズルの中心街はこんな感じ。小さな町で人通りも少ない。

    • 出航直後、行く先を双眼鏡で確認する船長。

    • こちらは広い。幅は52mもあるそうだ。 ダンブッラ(「水の湧き出る岩」の意)の名前の由来となった水の滴り落ちている場所が、この窟の中央付近に(金網で囲まれているけど)にある。