HOME | 概要 成田→シンガポール ヤンゴン ニャウンウー カロー Ywapu Hti Tine ニャウンシュエ ニャウンシュエ ニャウンシュエ ヤンゴン シンガポール→成田

ミャンマーエリア:東南アジア(ミャンマー) 日付:2010/01/03 (10/11)


朝7:00に起床。朝食のバナナパンケーキをクイーン・インのテラスで食べる。これがおいしく、おかわりもできる。



お世話になったクイーン・インの姉妹。二人とも人が良く、色々旅のアドバイスをしてくれた。


8:15、ゲストハウスを出発。市場に行ってみる。五日市の日ではないので、前回訪れた日より規模は縮小しているが、それでもやはり見ていて面白い。











市場の近くでバイクタクシーを紹介してもらい、空港のあるヘーホーまで2000チャットで送ってもらうことに。



途中、ニャウンシュエからすぐのシュエヤンウェ僧院に寄ってもらった。


回廊の壁に無数の小さな仏像が安置され、また壁には装飾が施されており、なかなか見ごたえがある。



僧院の中では僧数人が読経中だった。


バイクに乗り、再びヘーホーへ向かう。


途中、修復中なのか、どでかい傘をかぶった仏塔の横を通る。



僧院から約20分走ったところでガソリンを補給。ガソリン代は乗車料と別料金で1000チャット払わされた。



ヘーホーまでは一つ峠を越える。


僧院から約40分でヘーホーの町に到着。適当な所で降ろしてもらう。


市場へ行きたくて、近くの屋台のおばさんに聞いてみるが、どうやら今日は市場はやっていないらしい。仕方なくこの屋台で軽食をとることにする。



写真のヌードルが200チャット。安い。


屋台からすぐそばの公園でセパタクロとバレーボールの大会が開催されており、しばし見学。




公園の脇で氷菓子を売っていた。これで100チャット。




結局、2時間近くセパタクロとバレーボールを見学。そろそろ空港に向かうことにする。最初歩いて行こうと思ったが、さっきバレーボールをしていた青年が空港まで送ってくれると言う。ラッキー。


10分弱で空港に到着。歩いたら30分以上かかっただろう。お礼にいくらかお金を渡そうとするが、受け取ってくれない。そして写真を撮らせてもらうと笑顔でこのポーズ。彼も敬虔な仏教徒なのだろう。私もこの後、両手を合わせ、笑顔で彼とお別れした。


フライト時刻まで約3時間あるので、近くの木陰で、インレー湖へのトレッキング中に買ったアボカドを丸々一個平らげる。そしてその辺を散策。


なんと空港の周りには柵も金網もなく自由に出入りできる。あまり中に入り過ぎると捕まるかも知れないので、遠目に滑走路を眺めるだけにする。



空港近くの食堂でミャンマーカレーをいただく。


出発の1時間半前にチェックインを済ませ、待合室で約1時間待つ。


出発30分前の15:15、飛行機に搭乗。そして、全員乗ったのか、予定の15:45より早い15:20過ぎに飛行機は動き始め、間もなく離陸した。



離陸約5分後、赤土の広大な農地が大地を埋め尽くしている。



15:50過ぎ、経由地のマンダレーに着陸。ここで乗客の入れ替えと給油を行う。そして、これまた予定の16:35より早い、16:10頃マンダレーを離陸。


当初、ニャウンウー(バガン)にも寄る予定だったが、乗降客がいなかったのかヤンゴンへ直行。


18:20ヤンゴン着予定が、17:35にヤンゴン着。



飛行機から到着ゲートのある建物へ向かうバスは、日本のバスのお下がり。広告が貼ったまま。広告を読むと、このバスは名古屋を走っていたらしい。


空港からヤンゴン市街へミャンマー人と相乗りのタクシーで向かう(5000チャット)。当初、泊まろうと思っていたビューティー・ランド・ホテルⅡは満室だったので、スーレー・パヤー近くのガーデン・ゲストハウスに泊まることにする。


ガーデン・ゲストハウスからは、スーレー・パヤーの夜景が綺麗に見える。



HOME | 概要 成田→シンガポール ヤンゴン ニャウンウー カロー Ywapu Hti Tine ニャウンシュエ ニャウンシュエ ニャウンシュエ ヤンゴン シンガポール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ミルフォード・サウンド・ロッジへの入口。

    • タウン・カラッ。幸い階段には全て屋根がついている。ここは山の下から裸足で行かなければならない。もし屋根がなかったら登りきれはしなかっただろうね。ポッパ山から眺められる風景はすばらしい。遠くにはエーヤワディー川なども見える。吹く風も汗をかいた体に気持ちよかった。

    • 広い敷地の中にあり、博物館自体も大きい。私が今日の一番目の客のようであった。

    • 説教が終わり、僧院へ戻る僧に信者がお参りに訪れる。

    • 身軽になった所で、スルタンアフメット・ジャーミィへ。坂道を少し登って、ジャーミィに近づく。何度も、写真で見たことはあったけど、それを間近に見ると、なんとも言えない高揚した気分になる。 400年も前に、これほどの建築物が作られ、それが今も変わらず、綺麗に残っていることに感動する。

    • バスターミナルの脇の売店お兄さんたち。ここで水だけ購入。

    • かわいそうだろ!ヤギが!

    • なんとか無事にバスターミナルに到着。バスを確認するも、バスはないということなので、乗合タクシーで行くことに。50000スムもしくは20ドル。

    • レーに来た時と同じように、空には少々雲が残り、スカッとした空ではなかったが、その中を1時間ばかりの短い旅。