HOME | 概要 成田→シンガポール ヤンゴン ニャウンウー カロー Ywapu Hti Tine ニャウンシュエ ニャウンシュエ ニャウンシュエ ヤンゴン シンガポール→成田

ミャンマーエリア:東南アジア(ミャンマー) 日付:2009/12/30 (6/11)

トレッキング2日目


朝6:30起床。外は霜が降りるくらい寒い。しかし、昨晩は毛布を数枚重ねて寝たため、ぐっすり眠れた。



食器を洗う、お母さんも寒そうだ。



朝食を食べ、7:30出発。農地の中の田舎道を歩いて行く。



8:40、集落で一休み。一休み中も私は集落を散策。村人に英語で、どこから来たのか、これからどこへ行くのか等、質問され、答え、ささやかなコミュニケーション。



20分位、休憩して出発。この辺りは麦畑が多い。起伏の緩やかな丘が連なり、歩きながら北海道の美瑛を思い出す。



ここでは車といえば牛車だ。



子供たちがパチンコで遊んでいた。私がパチンコを打つポーズをして、彼らに促すと、素直にこのポーズをとってくれる。



トレッキング中、しばしば村人とすれ違う。どの村人も私が「ミンガラーバー」(こんにちは)と声をかけると、必ず笑顔で応じてくれる。



さっき休憩した集落から約1時間半歩くと、今度は唐辛子の産地に。周辺には収穫期を迎えた唐辛子畑が広がる。



とある場所で、桜のような花が咲いていた。日本人だからか、この花を見るとなんか嬉しくなる。しかし、この花を見たのはここだけだった。



こんな畑の中の細い道を通ることも。このトレッキングルートは、ガイドがいないと、まず目的地には着けないだろう。



11:00頃、ある村の民家で昼食。昼食といってもレストランがある訳ではなく、ガイドのK.Tが民家の台所を借りて、調理してくれる。そして私はその民家の一室で昼食をいただく。昼食中、この家の人が、昼食を食べている私にお構いなく仏壇を拝みに来たりして、まるでこの家の住民になった気分。



昼食を食べた民家の子供。



同じく昼食を食べた民家のご主人。1時間ちょっとこの村で休憩。



牧歌的な風景。こういう風景を見るとなんかホッとする。



親子で農作業を終え、家路へ向かうのか。それとも、これから農作業に向かうのか。



14:20頃、今日の宿泊地Hti Tineの寺院に到着。どうやら今夜この寺院に宿泊するトレッカーで一番乗りのようだ。K.Tに寺院の庭で水浴びができるので、日が高いうちに行ってくるよう勧められる。



水浴び後、寺院周辺を散策。



少年僧の娯楽は蹴鞠。小さい子供は手を使ってもOK。私も彼らに交じって一緒に遊んだ。



寺院のすぐそばにある集落にも足を延ばしてみる。



この辺りの典型的な家。昨日泊まった民家同様、1階が家畜小屋、2階が住居のようだ。



散歩していた親子。



この村は竹籠が特産なのか、何ヶ所かで竹籠が積んであった。



この村でも、機械はなく、生活はすべて手作業。



当番なのかお仕置きなのか、少年僧が一人で黙々と掃除をしていた。



私の泊まった寺院の向かいの寺院にはポンプ式の井戸があり、村人の水汲み場になっている。



今日も農作業お疲れ様でした。



私の泊まった向かいの寺院にはテレビがあり、村人がテレビを見に集まっていた。



そして今日も日は暮れていく。



寺院の庭ではトレッカーのガイド達が蹴鞠をしていた。私のガイドのK.Tもいた。



HOME | 概要 成田→シンガポール ヤンゴン ニャウンウー カロー Ywapu Hti Tine ニャウンシュエ ニャウンシュエ ニャウンシュエ ヤンゴン シンガポール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ディエンビエンフーの戦いの時のフランス軍の陣地の一つ。

    • 朝8:00出発で8時40分キーゴンパ着。寺の中ではお経をあげていた。一通りお経が終わったら偉い人から順番にツァンパのバケツを廻し、食べる分だけ各自取りこね回して食べていた。小僧たちは私の存在が気になって全然集中していない。

    • この辺りも花が多い。晴れていれば天上の楽園的な雰囲気なのだろう。

    • ダラから対岸のヤンゴン方面。

    • やはりここでもロバさんは活躍。

    • 遊び疲れたところで、ラブハンバジョーへ戻る。

    • 明永村は小さなこじんまりとしたところ。村の両端に数軒の宿が連なっている。

    • 9時55分にモーランを出発し、10時10分サピロに到着。30分ほどの昼食(?)休憩のあと、13時10分ナコ着。インド人おじさんと別れる。

    • 指定された集合場所に着いたのは12時40分くらい。ここにはレストランと土産物屋がいくつかある。手元におやつはあったし、ここのレストランは高そうだったので、道路脇にあったベンチでだらだら過ごす。