HOME | 概要 成田→シンガポール ヤンゴン ニャウンウー カロー Ywapu Hti Tine ニャウンシュエ ニャウンシュエ ニャウンシュエ ヤンゴン シンガポール→成田

ミャンマーエリア:東南アジア(ミャンマー) 日付:2010/01/01 (8/11)

ニャウンシュエ近郊散策

今日はニャウンシュエ近郊を歩いて1日散策。
9:00、クイーン・インを出発。






ヤダナマンアウン・パヤーに初詣。私も金箔(500チャット)を買って仏像に金箔を貼った。
ただし、ミャンマーの正月は4月中旬らしい。


今日はニャウンシュエの五日市の日。市場に来るといつもワクワクする。
インレー湖畔で一番大きな町だけあって、昨日行ったインデインよりも広く、人も多い。
トマトやお菓子を買ったりして、1時間以上かけてゆっくり見学する。















市場の次は、クイーン・インのおばさんに教えてもらった洞窟寺院に行ってみる。


市場から東へ徒歩約40分で、金の仏塔が小高い山の上に見える寺院に到着。でもここは目的地の洞窟寺院ではない。



洞窟寺院はさらに5分程先に進んだところにある。洞窟は結構大きい。洞窟の先には所々に仏像が安置されている。写真のように広い所だけでなく、狭い所もあり、ちょっとした探検気分も味わえる。ただし、奥の方は真っ暗なのでライトを持って行った方が良い。


洞窟寺院から来た道を戻り、インレー湖近くの道を南下する。



この先は、これといった見所はない。いかに地元の生活を身近に感じられるかがポイント。


小学校の庭で子供達と交流。



小学校の中。



私も子供達と一緒におやつ(葛餅みたいなお菓子)をいただいた。



水牛は人が乗ってもビクともしない。体を洗ってもらい、気持ちよさそう。



水牛洗いを見学している最中に通りがかった女の子。



サトウキビの収穫。この周辺はサトウキビの産地。



みんなで農作業帰りか。



農家の風景。
奥に山地があるが、インレー湖周辺の山地を歩くトレッキングツアーもあるらしい。



水牛を使って畑を耕す。



学校帰り?の青年。


16:20、最終地点にしようと考えていたMaing Thaukという村に到着。そろそろ帰らなくてはいけない時間だ。村の人にボートマンを紹介してもらい、ニャウンシュエまで5000チャットで送ってもらうことに。




水耕栽培を行っている湖畔の農地。



インレー湖では漁業も盛ん。



これは学校?ブルネイの水上住宅街では学校はこんな建物だった。



一見、危険に見えるが気持ちよさそう。


約40分でニャウンシュエ到着。クイーン・インの近くで降ろしてもらう。


クイーン・インの近くの池では、夫婦が投網漁をしていた。しばらく見学したが、小さい魚が結構かかっていた。



HOME | 概要 成田→シンガポール ヤンゴン ニャウンウー カロー Ywapu Hti Tine ニャウンシュエ ニャウンシュエ ニャウンシュエ ヤンゴン シンガポール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ミュンヘン空港にて。日の入り前の見事な光芒。

    • ゴンパ3号。こちらも廃墟、というか大改修中。この村で一番大きなゴンパらしいが、左官職人のインド人が2人いただけ。ここから見える4つ目のゴンパである尼寺に行く。

    • 狭い水路を抜け、水上住宅街の広い水路を進んでいく。

    • 日が昇りつつある香格里拉に8時ごろ到着。飛行機からは歩いて建物内へ移動。昆明とは打って変わって、寒い。荷物を受け取ってから、さっそくダウンジャケットを引っ張り出して着る。 空港からは、タクシーでバスターミナルまで移動する(30元)。「デチェンまでだったら400元で行くわよ。」と言ってくれたけれど、ゆっくり行きたかったので、やんわりと断る。

    • 市場の中も子供達の遊び場。


    • 象さんは地元の人にも大人気。この親子は餌やり体験をしている。


    • エアーズロック・リゾート周辺には、観光客の宿泊施設のほかに、観光業に携わる人たちの住居がある。