HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

スリランカエリア:南アジア(スリランカ) 日付:2012/04/29 (3/10)

コロンボの朝


宿の従業員に挨拶をして、8時前に出発。外に出てみると、通勤通学の人で通りは賑やかだった。彼らに紛れて、セントラルバスターミナルへ。


セントラルバスターミナル


どこの国のバスターミナルも構造は同じ。ダンブッラ行きのバスを探す。建物の右奥に「ダンブッラ」と記載された看板を見つけると、その前にはすでにバスが停まっていた。



バスは8時15分出発。待つことはなく、すぐに出発。隣にガタイいい坊さんが座ったため、ほとんど身動きできず。

10時50分、クルネーガラに到着。そして、11時45分に昼食休憩。スプライトだけ飲む。90Rs。


ダンブッラ到着

12時30分、ダンブッラ到着。バスはダンブッラの時計塔を過ぎた先に停車。


ダンブッラの宝くじ屋。日本人に興味津々で話しかけてくる。



バスを降りてから、一度、時計塔まで戻り、そこからさらに南下。


チャメラゲストハウス

時計塔から延々と、炎天下の中を歩く。バスターミナル、野菜市場を通り過ぎ、ダンブッラ石窟寺院の入り口を通り過ぎ、宿に着いたのは13時半。バスを降りてから1時間も過ぎていた。距離的には4~5kmか。


ダンブッラ石窟寺院の前を過ぎてからも結構距離がある。遠すぎ。途中にいくらでも宿があるので、そちらに泊まった方がいいだろう。ここまで来る理由はなにもない。


ダンブッラ石窟寺院


宿に荷物をおいた後、再び歩いてきた道を戻り、石窟寺院へ。1300Rsもするチケットを購入し、大仏の左脇の石段を登って寺院に向かう。


シーギリヤ・ロックを望む


両脇に売店の並ぶエリアを抜け、石段を登って行くと、途中で林の開ける場所があり、そこからシーギリヤ・ロックが望める。


石窟寺院

石段は20分もかからない。寺院の入り口で靴を預け内部へ。


手前から、第1窟~第5窟と並んでいて、手前にある洞窟のほうが古い。写真は14mの涅槃仏がいる第1窟。


第2窟


こちらは広い。幅は52mもあるそうだ。

ダンブッラ(「水の湧き出る岩」の意)の名前の由来となった水の滴り落ちている場所が、この窟の中央付近に(金網で囲まれているけど)にある。


残りの窟


毎度の事ならが、3つ目くらいになると、正直飽きてくる。



外から石窟寺院を見たら、こんな感じ。



寺院入り口にある靴の預り所。一回25Rsだけど、客が多いので、かなりの売上になりそう。


同じ道をたどり、下界へ。巡礼のおばあちゃん、おじいちゃんたちが多い。



宿で夕食


G.W.ということで日本人も泊まっていたので、みんなで食事。何種類かのカレーを用意してくれたけど、辛くてあまり食べられなかった。



HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ターミナル近くの食堂で、ゆっくりと食事をしたのち、15時20分発の乗合タクシーでサマルカンドに向かう。40000スム。

    • 昨日に引き続きウミガメにも遭遇。食料となる海藻を求め、ゆったりと泳いでいく。



    • しかし、ゴンパを過ぎるとめっきり家が減る。ゴンパから歩いて少し進んだところあった家に泊まらせてもらうことに。


    • 何とかカトマンズに到着。バスに乗って、空港の外の荷物受取場へ。先に飛んだはずのシータをいつの間にか追い越しており、荷物受取場で例の韓国人と再会。 ここから、タメルまで彼と2人で向かう。タクシー200ルピー。タクシー内でいろいろな話をする。彼はプサンに住んでいて、ボルボ(の重機部門?)で働いているそうだ。コマツやキャタピラーの方がいいと言っていた。タメルで彼と別れ、私はシャワーの浴びれる宿を探すが、年末年始の休みも終わりで、日本人がカトマンズに集まっているため、どこも一杯。結局、ムスタンゲストハウスに宿を取る。 シャワーを浴びようとしたら、停電になり、浴びれず。サンドイッチ2つを買ってきて、暗い部屋で食べる。電気が戻ってきたところでシャワーを浴びるが、お湯ではなく、寒い思いをしながら、急いで体を浴びる。日本を出てから初めての洗髪。もちろん体も。

    • 昨日は曇っていたけど、今日はすっきり晴れ渡り、素晴らしい眺め。まだ、村の活動は始まっておらず、家畜の悲鳴のような声が聞こえるだけ。

    • 途中から一緒に歩いてきたガイドのキムさん。ブラジル人のガイドをやっているのだが、反りが合わずに、別々に行動しているらしい。。。彼の口からは、不満たらたら。「もう、ブラジル人のガイドはやらん!」と。彼とはパクディンの宿で別れたが、ここで一休みをしたため、かなり体が冷えた。 あとは、1人でひたすら歩く。途中で、日本の団体を追い抜きながら歩く。