HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

スリランカエリア:南アジア(スリランカ) 日付:2012/04/29 (3/10)

コロンボの朝


宿の従業員に挨拶をして、8時前に出発。外に出てみると、通勤通学の人で通りは賑やかだった。彼らに紛れて、セントラルバスターミナルへ。


セントラルバスターミナル


どこの国のバスターミナルも構造は同じ。ダンブッラ行きのバスを探す。建物の右奥に「ダンブッラ」と記載された看板を見つけると、その前にはすでにバスが停まっていた。



バスは8時15分出発。待つことはなく、すぐに出発。隣にガタイいい坊さんが座ったため、ほとんど身動きできず。

10時50分、クルネーガラに到着。そして、11時45分に昼食休憩。スプライトだけ飲む。90Rs。


ダンブッラ到着

12時30分、ダンブッラ到着。バスはダンブッラの時計塔を過ぎた先に停車。


ダンブッラの宝くじ屋。日本人に興味津々で話しかけてくる。



バスを降りてから、一度、時計塔まで戻り、そこからさらに南下。


チャメラゲストハウス

時計塔から延々と、炎天下の中を歩く。バスターミナル、野菜市場を通り過ぎ、ダンブッラ石窟寺院の入り口を通り過ぎ、宿に着いたのは13時半。バスを降りてから1時間も過ぎていた。距離的には4~5kmか。


ダンブッラ石窟寺院の前を過ぎてからも結構距離がある。遠すぎ。途中にいくらでも宿があるので、そちらに泊まった方がいいだろう。ここまで来る理由はなにもない。


ダンブッラ石窟寺院


宿に荷物をおいた後、再び歩いてきた道を戻り、石窟寺院へ。1300Rsもするチケットを購入し、大仏の左脇の石段を登って寺院に向かう。


シーギリヤ・ロックを望む


両脇に売店の並ぶエリアを抜け、石段を登って行くと、途中で林の開ける場所があり、そこからシーギリヤ・ロックが望める。


石窟寺院

石段は20分もかからない。寺院の入り口で靴を預け内部へ。


手前から、第1窟~第5窟と並んでいて、手前にある洞窟のほうが古い。写真は14mの涅槃仏がいる第1窟。


第2窟


こちらは広い。幅は52mもあるそうだ。

ダンブッラ(「水の湧き出る岩」の意)の名前の由来となった水の滴り落ちている場所が、この窟の中央付近に(金網で囲まれているけど)にある。


残りの窟


毎度の事ならが、3つ目くらいになると、正直飽きてくる。



外から石窟寺院を見たら、こんな感じ。



寺院入り口にある靴の預り所。一回25Rsだけど、客が多いので、かなりの売上になりそう。


同じ道をたどり、下界へ。巡礼のおばあちゃん、おじいちゃんたちが多い。



宿で夕食


G.W.ということで日本人も泊まっていたので、みんなで食事。何種類かのカレーを用意してくれたけど、辛くてあまり食べられなかった。



HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • バスターミナル近くにあるカーリー寺院が賑やかだったので覗いてみる。


    • ベトナム側のイミグレを出たのは、11時05分。滞在時間30分ほど。

    • 彼女達は観光客と思いきや、地元っ子だった。これからカレッジに行くと言っていた。今日は西暦では元日だが、ネパールで使われているビクラム暦では4月中旬に新年を迎えるようだ。

    • 普段は車も通るメインストリートだが、歩行者天国になっている。


    • Way to Manangの看板。でも、道はまだまだ続く。

    • 機内はこんな感じ。

    • ガル・ヴィハーラの立像と涅槃像。