HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

スリランカエリア:南アジア(スリランカ) 日付:2012/04/30 (4/10)

ダンブッラからシーギリヤ・ロックへ


7時半起き。歩いてバスターミナルへ行くのはしんどいと、昨日の経験から分かっていたので、スリーウィラーに連れて行ってもらう。150Rs。


バスターミナル


ここでシーギリヤ行きのバスを待つもなかなか来ないので、時計塔まで歩いていくこと。そっちに行けば、クルネーガラから来るバスも捕まえられるし。

時計塔の北側にあるバス停車場で、バスを待っていると、シーギリヤ行きのバスが到着。9時15分発。シーギリヤまでここから32Rs。


シーギリヤ到着。


9時50分到着。ダンブッラから30分ちょっと。バスは遺跡の近くまでは行ってくれないので、公園入口から歩く。ここからは、土がむき出しの道。



目の前にシーギリヤ・ロックが見えるが、お堀の周りを時計回りにぐるっと回らなけばならない。




チケットオフィス


チケットオフィスに到着。ここで3750Rsのチケットを購入。ここまで荷物を背負ってきたが、これを担いで岩山を登るのはしんどいので、頼み込んで、荷物を預かってもらう。


シーギリヤ・ロックへ


身軽になった体で、シーギリヤ・ロック観光。1500年前にたった11年だけ使われた王都。岩山へ続く道の両側には、当時の沐浴場跡など、遺跡が残る。



元々、仏教僧たちの修験場でもあったためか、瞑想場所みたいのもあちこちに散在する。



岩の間をくぐって、岩山へ。



金網に囲まれた螺旋階段を登って、岩山の中腹へまで登る。


美女のフレスコ画


階段を登りきると、オーバーハングした壁面に鮮やかな壁画が現れる。直射日光を避けるだけの設備しか無いけど、保存状態はかなりいい。



もともとは500人ほど描かれていたらしいが、今残っているのは18人。奥行き20mくらいの壁に残っているだけ。


ミラーウォール


フレスコ画の下に位置する回廊の壁は、ミラーウォールと呼ばれているもの。下から眺めたときは、コンクリートの壁かと思ったくらいしっかりとした作り。当時は、この壁が光を反射して、壁画を照らしてたんだとか。


ライオンの入り口


ミラーウォールの脇を歩いて行くと、ライオンの爪の形をした宮殿への入り口にぶつかる。以前は、足、頭部もあったとか。どこに行っちゃったんだろう?


王宮跡

ライオンの入り口から、工事用足場のような階段を登って行くと、岩山の山頂に出る。


岩山の山頂からの眺め。チケット売り場の方角。



一応、建物の跡が少し残る。



玉座。


コブラの岩


岩山を下って行くと見えてくる。


シーギリヤを出発

一度、チケットオフィスまで戻って、荷物を回収。バスを降りた所まで戻り、そこからバスの出発地点であるシーギリヤ村の入口に向かう。


バスが2台停まっていて、休憩中の運転手に出発時間を尋ねると、13時半だとか。このバスはダンブッラに行きなので、途中のイナマルワでの乗り換え。イナマルワまで20Rs。


イナマルワからポロンナルワへ


イナマルワの交差点で待っているとバスが、すぐに来た。水を買う時間さえない。14時5分発。バスは混んでいて、一番後ろの席しか空いていなかった。前の席の女の子が外国人に興味津々。


ポロンナルワ到着

15時10分、ポロンナルワ到着。イナマルワから1時間ほど。旧市街のロータリーから南に行ったあたりで宿を探すことに。YMBAを過ぎたところで、「来い来い」いうのがいたので、行ってみてみることに。


一泊1800Rsでそれほど高くはなく、宿の雰囲気も良かったので、ここに決定。


最初に案内された一階の部屋は、安かったがイマイチだったので、「外にはないの?」というと、別棟に案内された。


こちらの部屋は新しく、明るく綺麗。



部屋の前は、こんな感じ。ベランダに椅子をだして、ゆっくりできる。



遺跡は明日回るつもりなので、今日は宿の周辺の散策。



建設中の家の前には、決まってこういう人形があって気になるんだよなぁ。



夕刻のお風呂タイムのせいか、洗濯がてら川で体を洗う人多し。


パラークラマ・サムドラ


ポロンナルワにある湖でも、体をあらっている人がいた。



夕日が綺麗。



湖の脇の道をゆっくり北上していたら、遺跡のチケットオフィス近くで、マギーを売る売店があったので、1杯頼む。100Rs。汁なしマギーで、美味かった。


夕食


夕食は、ロータリーの近くにある食堂で。



チキンロティを頼む。350Rs。野性味あふれる野菜がたくさん入っていて、ゴワゴワする。



HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 夕食はスパゲッティ ボルゴナイズを頼んでみる。チーズたっぷりで旨い。

    • マカッサル空港着陸直前の上空からの景色。

    • 夕日を見に山頂の反対側に回る。ご覧のようにハイシーズンなのでかなりの人がいる。多くはマラテヤの反対側のキャフタから登ってきてるようだ。

    • なんの魚だったか、、、軒先にぶら下げられて乾燥を待っている。

    • 屋上に洗濯物を干させてもらっていたので何回か上がったけど、なかなかな眺め。

    • 一緒に歩いていたチベタン一家のペースが遅く、ラマホテルに着くことが出来なかったので、その少し手前のリムチェのムーンライトゲストハウスに泊まる。


    • 青空売店の商品。