HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

スリランカエリア:南アジア(スリランカ) 日付:2012/05/04 (8/10)

仏歯寺へ


朝5時半に宿を出て仏歯寺に向かう。まだ、薄暗い中、宿をでて、坂を下り、湖畔を歩いて寺へ。寺の近くになると、お経が聞こえてくる。最初は、アザーンかと思った。



1000Rsのチケットを購入し、靴を預け、寺の中へ。朝のプージャが5時半から行われていて、そのため人がどんどん集まってくる。

入り口では、太鼓を叩く人が、気分を盛り上げてくれる。



階段を登り、2階に上がると、仏歯の部屋の門が開かれ、供物を捧げる儀式が行われていた。一階の太鼓の音がここまで響き、熱心な信者がどんどん集まってくる。軍人の集団も供物を捧げに来ていた。



彼らに紛れて私も扉の前へ。目を閉じてお祈りするはずもなく、部屋の中を凝視。象牙が両側に並んでいて、真ん中に仏歯が収められている金色の入れ物が見えた。



仏歯寺の中には、さきほど見た仏歯の部屋以外にも、博物館などもある。それらをひと通り見た後、外へ。



宿に出入りしているスリーウィラーのおじちゃんに頼んでいたツアーに参加するために、8時過ぎには仏歯寺を出て、宿に戻る。途中の売店で、クッキーを買ったり、バニラミルクを飲んだりする。


キャンディツアー出発

宿に戻り、いろいろと準備をしていたので、8時45分出発。


最初に連れて行かれたのが、宝石店。まぁ、お決まりの場所だが、最初がこれかよ!という感じ。当然、何も買わなかったが、工房での作業は興味深かった。以前から、石をどうやって削って、あのような均一な形を作っているんだろうと思っていたが、その辺がみんな解決。

宝石店の人たちも、嫌味な感じは全くなく価格もそれほど高くなかった。安いもので10ドルとか。


紅茶工場


宝石店の次に連れて行かれたのが、紅茶工場。



紅茶製造の過程を知れて、面白かった。最後にオレンジピコーを購入。400gで500Rs。


エレファントパーク


紅茶工場のあとは、エレファントパークへ。体験料2000Rs。少々高いとは思ったが、スリーウィラーのおじさんに言わせるには、象の孤児院なんかより良いとのこと。「あっちは、遠くからちょっと見るだけだけど、こちらは象と遊べる」って。



クマリという名の象の背中に乗って散歩。象にまたがって、川を渡ったり、象の体を洗ってあげたりと。象使いのおじさんは日本にも行ったことがあり、少し日本語を話せる。最初、日本語みたいなのを話しているなと思ったけど、それは、まさしく日本語だった。


エレファントパークで遊んだ後、スパイスガーデン、バティックなどをめぐる。


最後は、なぜか、コウモリの集っている木を見せられて、キャンディへ。


キャンディに戻る


15時15分、ゲストハウス到着。ツアー代は1500Rsとチップ200Rs。

荷物を受けとり、バスターミナルまで、また連れて行ってもらう。金が底を尽きかけていたので、銀行のATMに寄り、5000Rs引き出し。キャンディ行きのバスは16時20分発。143Rs。


ニゴンボ到着

ニゴンボについたのは20時25分。そこから、スリーウィラーでニゴンボのリゾートエリアに向かう。250Rs。


リゾートエリアでいくつか宿を探し、辿り着いたのがSea Joy Guest House。2000Rs。ここは部屋の前に広いベランダがあっていい。



夕食は、白人が好きそうな音楽がガンガンかかっている店。仏陀の生誕を祝うウェサック祭の前日とかで普通の店はアルコールが出さないんだけど、ここはこっそり出してくれた。価格は少々高くなっていたけど。

蚊が多かったのと、ちょっと音がうるさすぎたのでそれほど長居もせず宿に戻る。



HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 空港の脇を通り、ルクラのメイン通りに向かう。空港の脇を通っていると、乗ってきた飛行機がカトマンズに引き返していった。

    • タバコを吸いながら給油。危なっかしくヒヤヒヤさせられる。

    • 昼食は、宿に併設された食堂で。フォー、20000ドン。

    • Mt. Valahnúkurの山頂から。

    • イーサフィヨルズルから湾の出口方面を望む。向こうには雪を頂いた平たい陸地が見える。

    • タンボチェゴンパとアマダブラム。

    • カブの似たようなものをくれた。旨いのだが、結構、繊維質で食べられるところは少ない。

    • 夜の12時を回っても、人通りが絶えない。

    • マナンへの道は、谷底を進むものと、山の斜面をトラバースするものがあるが、トラバースするほうが景色を楽しめる。でも、登り降りが多い。。。