HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

スリランカエリア:南アジア(スリランカ) 日付:2012/05/01 (5/10)

ポロンナルワ観光


宿のロビー。

宿で、自転車を頼むが、なかなか自転車が用意されず、結局、宿のスタッフ&スリーウィラーの案内で、別のゲストハウスに借りに行くことに。最初350Rsと言われるが「12時までしか使わん」と粘り、250RsでレンタルOK。8時出発。


石立像


ポロンナルワの南側にある遺跡。昨日、この近くまできたので、ついでに見ておけば良かった。チケットチェックがあるわけではないし。


ポトグル・ヴィハーラ


かつての図書館。ヤシの葉で出来た仏典が保管されていたとか。建物の中心には壊れた円形ドームがある。



昨日歩いた道と同じ所を今日は自転車で。パラークラマ・サムドラの脇は気持ちがいい。


ポロンナルワ保護区へ

チケットオフィスで、3125Rsのチケットを購入。

時間があまりなかったので、まずは遠方の遺跡から攻めようと、舗装道路を通り保護区の北側の車両出口に向かったが、「ここからは入れん!」と入場を拒否される。

仕方がないので、急いで遺跡入口まで戻って入場。大幅な時間ロス。。。


猿の集団を見ながら、とりあえず、ランコトゥ・ヴィハーラへ。これは12世紀の建築で、ポロンナルワ最大の遺跡。仏塔の周辺は裸足じゃないとダメなので、靴を脱いで仏塔一周。灼熱の砂に足を突っ込む修行。それにしても靴で来たのは失敗だった。


ランカティラカ


こちらも結構巨大な遺跡。太い柱が印象的。13世紀の建築。


ガル・ヴィハーラ


左から、涅槃仏、立像、坐像と並ぶ。ここも裸足にならないと近寄れない。これまた修行。チケットチェックあり。


クワドラングル


最後に寄ったのが、宮殿の北側にある11の建築物が集まっている場所。ここはシンハラ王朝時代に仏歯寺のあったところで、当時のポロンナルワの仏教の中心地。


ポロンナルワからトリンコマリーへ

12時に自転車を返却。


宿に戻って、荷物をまとめ、トリンコマリーに向けて出発。ロータリー近くにあるバスターミナルで待っていると、ハバラナ行きのバスが来たので乗り込む。12時半発。67Rs。

ハバラナには13時半着。丁度、1時間。ハバラナの交差点で待っていると、すぐにトリンコマリー行きのバスが来たので乗り込む。恐ろしく乗り換えがスムーズ。トリンコマリーまでは107Rs。カンテールまで道は良かったけど、その先がボロボロというか、大工事中で時間がかかる。内戦の影響で、開発が進んでいなかったんだろう。


トリンコマリー到着


トリンコマリーに着いたのは、16時。ハバラナから2時間半。



思った以上に移動に時間が取られ、ぜんぜん食事ができていなかったので、バスターミナルにあった店で、オレンジジュースを飲む。搾りたて。マズいわけがない。一杯35Rs。



バスターミナル近くにあるカーリー寺院が賑やかだったので覗いてみる。


ダイクレスト


ダイクレストに到着したのは、16時半。この通りにいくつか宿が並ぶが、たぶんここがベスト。こぢんまりとした宿で私の好み。



部屋はシンプルで綺麗。シャワー付きの部屋もあったけど、ベッドだけがあるシンプルな部屋を選ぶ。



裏口。



宿の裏口を出ると、そこは砂浜。



明日の漁に備え、漁師たちが網の準備をしている。



腹が減ったので、近くを散歩しながら、売店を探す。そうしていると、パン屋がやってきたので、パンを一つ買ってみた。35Rs。こんなオシャレなお店があるなんて、ちょっと驚く。



近くの売店で買ってみたヨーグルト。上に黄色のゼリーみたいなのが乗っていたが、普通に美味い。



宿の主人が、海で泳いでいた。



漁の準備。



砂浜を歩いて、Urban Councilのところまで行く。あさりを取っているおばさんたちもいたし、この辺は人が多く賑やか。砂浜に面した路上には、ポテトチップスなどを売る店がいくつかあった。


夕食


夕食は宿の裏口に椅子を持ちだして、波の音を聞きながら。アルコール度数が8%のビールを飲みながら、おじちゃんが買ってきてくれたコトロッティを頂く。最初は、量が多くて食べられないかなとも思ったけど、完食。



宿のおじちゃんは、魚を購入したが、冷蔵庫が壊れているとかで、すべてフライにしていた。そのおこぼれを預かる。さんまみたいな魚のから揚げ。骨は、野良犬にあげた。



裏口から覗いた宿。同宿の日本人の彼は廊下にあるベッドで爆睡。よっぽど居心地がいいのだろう。



HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 峠の方を見ると、谷間にタルチョの門が見られる。標高は4000m半ばあるので、油断は禁物。

    • 橋を渡ってから、キャンジュマあたりまでは登り。そうしていると、段々天気が悪くなってきて、そのうちに空は真っ白に。そして雪まで降ってきた。風が冷たい。キャンジュマの宿でレモンティー(40ルピー)を2杯飲んで体を温める。ダイニングルームでは女性が5人くらい集まってモモ作りの最中であった。写真を撮らせてもらえばよかったなぁ。ここで、蒸した小さな皮付きジャガイモをもらったが、これが意外にホクホクで旨かった。 あとは、なだらかなトラバースルートを歩き、ナムチェへ。

    • ガイドの先導する列から離れ、ちょっと寄り道。エデンの園の近くの崖の上に出る。対岸の崖の上に人がいる。手を振ったりしてコミュニケーション。多分向こうから見ると私も崖のへりに立っている光景が見えているのだろう。

    • レイキャビク市街にて。人通りも少なく、一国の首都の市街地としては寂しいくらい。

    • スーク内の革製品屋。バブーシュと呼ばれるスリッパがカラフル。でも、雑貨とかお土産の品に興味がない私は写真を撮ったらすぐ移動。

    • チケット売り場で60元の入域料と3元の保険代を支払う。そして外国人の場合は、記名も。私の前に記入した人は韓国人であったが、その日は4日も前だった。ここに来る観光客の大半は中国人で、外国人が来ることはあまりないということか。

    • 10時チョット前に到着。開園を待つインド人で門の前に人だかりが出来ていたので、後回しにしようと思ってドトゥルチョルテンに。


    • 橋を渡る前に見えたシプロンとチュイレ方面。赤丸が、始め間違えて左に行ってしまった分岐点(赤丸のすぐ右下がシプロンのゲストハウス)。青丸がルートを間違えたことを教えてもらった民家。緑丸がRIVER VIEW LODGE & RESTAURANT。