HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

スリランカエリア:南アジア(スリランカ) 日付:2012/05/03 (7/10)

サファリツアー

前日の夜に宿で頼んでおいたサファリ半日ツアーに参加。ジープ1台を借りきって、10,000Rs。

5時に宿まで迎えに来てくれるということだったので、暗い中、宿の門の前で待つ。5時過ぎにジープ到着。


ウィルパトゥ国立公園の入口で、入域料2400Rsの支払い。



公園内は、時速20kmくらいでのろのろと走る。





ヒョウの生息数が多いということであるが、ヒョウには出会えず。象の糞に出会ったが、象にも出会えず。



出会えたのは、孔雀、スリランカ・オオリス、スリランカ・ヌマワニ、インド・リクオオトカゲ、スリランカ・サンバー、スリランカ・ジャッカル、インド・イノシシあたり。



個人的に驚いたのは、写真は撮れなかったが、インド・イノシシ。でかく、そして、素早かった(臆病ともいえる)。


公園入口に戻る


ウィルパトゥ国立公園の案内人。ここで彼とはお別れ。


ゲストハウスに戻る


ゲストハウスに戻ったのは、11時50分。ツアー代は、直接運転手に支払ったので、宿へのマージンはなかったのか?不明。寡黙な青年だった。


宿を出る


あと2時間くらいアヌラーダプラに滞在できそうだったので、宿のスタッフに相談。すると、スリー・マハー菩提樹、ルワンウェリ・サーヤ大塔を見たあと、バスターミナルまで連れて行ってもらって、キャンディに向かえばいいというので、彼を通して、スリーウィラーに話をつけてもらった。すべて込みで3000Rs。少々高かったか?

荷物をまとめ、それをスリーウィラーに詰め込み、13時、出発。



宿に出入りしているスリーウィラーのおじさんで、昨日、この宿を紹介してくれた客引き。本当は、彼に頼みたかったが、宿のスタッフと話をしているときに行方不明だったので、別のスリーウィラーのおじさんに連れて行ってもらうことに。


スリー・マハー菩提樹


最初に行ったのは、スリー・マハー菩提樹。紀元前3世紀に、インドのアショーカ王の王女サンガミッタが、インド・ブッダガヤの菩提所の分け木をここに運んだと言われている。枝は非常に細く、支えがないと折れてしまいそう。半ズボンだと入れないので注意。


ルワンウェリ・サーヤ大塔

スリー・マハー菩提樹から歩いて大塔へ。


遺跡地区中心にある白い巨大な仏塔。高さ55m。ここも裸足で入らないとならない。灼熱地獄。


アヌラーダブラのバスターミナル

ルワンウェリ・サーヤ大塔の出口に、スリーウィラーが待っていてくれていたので、それに乗り込み、バスターミナルへ。


インターシティバスを教えてもらい、それでキャンディへ。14時45分発。ノンストップ、エアコン付きのインターシティなので少々お高い340Rs。


キャンディ到着


キャンディには18時40分着。アヌラーダブラから4時間ほど。もう外は真っ暗。ウェサック祭が近づいているためか、飾りがあちこちで売られていた。


キャンディ・インへ


最初、町中の宿にしようと思ったが、なかなか見つからないので、キャンディ湖の南側にあるゲストハウス街に向かう。地図を見ながら悩んでいると、ドイツ人が「うちに来たら?」というのでついていく。丘の一番上にある立派なゲストハウスで、一体いくらなんだろうと少々不安だったが、「満室」ということなので、彼らと別れて、来た道を戻る。その途中にあった安宿キャンディ・インに着いたのは19時40分。


宿に出入りしているスリーウィラーに乗せてもらい、町中まで行く。タダ。


夕食は、歩き方に載っているスリ・ラムヤ。エッグフライドヌードルなど、スリランカにきて初めて中華。閉店まで食事。美味しかった。



HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 搭乗手続きを開始して、14時半過ぎにほぼ予定通り離陸。

    • ルクラの村はあの森の向こう。すでに見えなくなっている。

    • 夕食は、RITA’S RICEとかいう名前だったかな。コンビーフがちらしてあるチャーハン。暗くて良く見えなかったけど、美味しかった。 食事をしていると、雨が降ってきた。昼間にふらなくて良かった。蚊が少々いたので夜は蚊帳の中に入って睡眠。

    • フランスパンは、ぺリンの町を散策しているときにであった子供たちにあげた。個人的にはちょっとしょっぱいなぁと思っていたフランスパンだったけど、おいしいおいしいと言ってくれた。

    • 入場料が必要。入り口を入ると右手にこじんまりした博物館があり、ここにあった判のデザインがなかなか素晴らしい。中庭では、地元民が店を開いていて、「島唄」を弾いてくれるおじさんもいた。

    • ニセold town。麗江をまねた様な、古く見せかけている新しい町。これも以前に来たときはなかった思う。また、この近くにあった永生飯店(TIBET HOTEL)はどうも閉鎖されていようである。

    • 隣の部屋に泊まっている家族の子供たちが遊びにくる。

    • サダンの先の集落。ここのトンコナンハウスは新しいみたいだ。

    • 子供達に導かれるまま、集落の中を歩く。