HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

スリランカエリア:南アジア(スリランカ) 日付:2012/05/03 (7/10)

サファリツアー

前日の夜に宿で頼んでおいたサファリ半日ツアーに参加。ジープ1台を借りきって、10,000Rs。

5時に宿まで迎えに来てくれるということだったので、暗い中、宿の門の前で待つ。5時過ぎにジープ到着。


ウィルパトゥ国立公園の入口で、入域料2400Rsの支払い。



公園内は、時速20kmくらいでのろのろと走る。





ヒョウの生息数が多いということであるが、ヒョウには出会えず。象の糞に出会ったが、象にも出会えず。



出会えたのは、孔雀、スリランカ・オオリス、スリランカ・ヌマワニ、インド・リクオオトカゲ、スリランカ・サンバー、スリランカ・ジャッカル、インド・イノシシあたり。



個人的に驚いたのは、写真は撮れなかったが、インド・イノシシ。でかく、そして、素早かった(臆病ともいえる)。


公園入口に戻る


ウィルパトゥ国立公園の案内人。ここで彼とはお別れ。


ゲストハウスに戻る


ゲストハウスに戻ったのは、11時50分。ツアー代は、直接運転手に支払ったので、宿へのマージンはなかったのか?不明。寡黙な青年だった。


宿を出る


あと2時間くらいアヌラーダプラに滞在できそうだったので、宿のスタッフに相談。すると、スリー・マハー菩提樹、ルワンウェリ・サーヤ大塔を見たあと、バスターミナルまで連れて行ってもらって、キャンディに向かえばいいというので、彼を通して、スリーウィラーに話をつけてもらった。すべて込みで3000Rs。少々高かったか?

荷物をまとめ、それをスリーウィラーに詰め込み、13時、出発。



宿に出入りしているスリーウィラーのおじさんで、昨日、この宿を紹介してくれた客引き。本当は、彼に頼みたかったが、宿のスタッフと話をしているときに行方不明だったので、別のスリーウィラーのおじさんに連れて行ってもらうことに。


スリー・マハー菩提樹


最初に行ったのは、スリー・マハー菩提樹。紀元前3世紀に、インドのアショーカ王の王女サンガミッタが、インド・ブッダガヤの菩提所の分け木をここに運んだと言われている。枝は非常に細く、支えがないと折れてしまいそう。半ズボンだと入れないので注意。


ルワンウェリ・サーヤ大塔

スリー・マハー菩提樹から歩いて大塔へ。


遺跡地区中心にある白い巨大な仏塔。高さ55m。ここも裸足で入らないとならない。灼熱地獄。


アヌラーダブラのバスターミナル

ルワンウェリ・サーヤ大塔の出口に、スリーウィラーが待っていてくれていたので、それに乗り込み、バスターミナルへ。


インターシティバスを教えてもらい、それでキャンディへ。14時45分発。ノンストップ、エアコン付きのインターシティなので少々お高い340Rs。


キャンディ到着


キャンディには18時40分着。アヌラーダブラから4時間ほど。もう外は真っ暗。ウェサック祭が近づいているためか、飾りがあちこちで売られていた。


キャンディ・インへ


最初、町中の宿にしようと思ったが、なかなか見つからないので、キャンディ湖の南側にあるゲストハウス街に向かう。地図を見ながら悩んでいると、ドイツ人が「うちに来たら?」というのでついていく。丘の一番上にある立派なゲストハウスで、一体いくらなんだろうと少々不安だったが、「満室」ということなので、彼らと別れて、来た道を戻る。その途中にあった安宿キャンディ・インに着いたのは19時40分。


宿に出入りしているスリーウィラーに乗せてもらい、町中まで行く。タダ。


夕食は、歩き方に載っているスリ・ラムヤ。エッグフライドヌードルなど、スリランカにきて初めて中華。閉店まで食事。美味しかった。



HOME | 概要 クアラルンプール コロンボ ダンブッラ ポロンナルワ トリンコマリー アヌラーダブラ キャンディ ニゴンボ クアラルンプール 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 何とかカトマンズに到着。バスに乗って、空港の外の荷物受取場へ。先に飛んだはずのシータをいつの間にか追い越しており、荷物受取場で例の韓国人と再会。 ここから、タメルまで彼と2人で向かう。タクシー200ルピー。タクシー内でいろいろな話をする。彼はプサンに住んでいて、ボルボ(の重機部門?)で働いているそうだ。コマツやキャタピラーの方がいいと言っていた。タメルで彼と別れ、私はシャワーの浴びれる宿を探すが、年末年始の休みも終わりで、日本人がカトマンズに集まっているため、どこも一杯。結局、ムスタンゲストハウスに宿を取る。 シャワーを浴びようとしたら、停電になり、浴びれず。サンドイッチ2つを買ってきて、暗い部屋で食べる。電気が戻ってきたところでシャワーを浴びるが、お湯ではなく、寒い思いをしながら、急いで体を浴びる。日本を出てから初めての洗髪。もちろん体も。

    • ノーマル自転車だけでなく、電動自転車に乗っている人も数多く見かけた。

    • 現在、タシケントの民族歴史博物館に展示されている石灰岩の美しい「三尊仏」が出土したことで有名なところ。

    • ガイドブックを見ると、KLセントラル駅から、ブキッ・ビンタンに行くには、モノレールで行くのがいいようなので、モノレール駅まで歩いて行こうと思ったが、行き方がよくわからず。 近くにいた清掃員のおじさんの親切な案内を信じ、歩き始める。 モノレールのKLセントラル駅までは、屋根のある道が多く、途中でスコールのような雨がふりだしてきたけど、それほど濡れることもなく到達。

    • 一番展望がよかった場所でこんな感じ。正直、思ったより距離が遠いし展望は良くない。今回は行かなかったが、ポインセノットキャンプ場からフィッツロイの展望地へ向かう途中の橋を渡り、その先の分岐点から向かうトレイルを歩けば、ビエドラス・フランカス湖畔に行ける。この湖畔からの方が景色はよいのではないだろうか。

    • ゴンパから王宮の方に下ると、広い学校の校庭が見え、その脇でアーチェリーの準備が行われているのが見えた。聞いてみると、今日はアーチェリー大会のセミファイナルだとか。

    • テント場。羊飼いの岩小屋の前に張らしてもらう。風除けのためにここに張ったが、結果的には、風の問題は大したことがなく、川脇のもっと平らな場所に張ればよかったと、後悔。

    • 夕映えのマチャプチャレ。

    • エミノニュ桟橋からガラタ塔を臨む。手前の橋はガラタ橋。エアコンの室外機邪魔。こうやってみると結構空気汚染が酷いなぁ。