HOME | 概要 成田→インド スキュ 3380m マルカ 3800m ハンカル 3980m ニマリン 4730m チョクド 4000m へミス レー デリー デリー

マルハ谷トレッキングエリア:南アジア(インド) 日付:2008/10/14 (4/11)

マルカ村の朝


朝7時起き。隣の部屋からは声が聞こえていたので、外に出てみると、もうみんな既に働き始めていた。みんな働きもんだ。



馬なども小屋から出されて畑で草を食べている。



ロバさんたちも食事中。



宿のチベット犬。凶暴かと思いきや、意外におとなしい。ただ、いつ暴れるか分からないので、ちょっかいは出さないようにしておいた。



朝から元気な少年。



カメラを貸すと、あちこち撮りまくる。



少年撮影のおばあちゃん。カメラが斜めだな。




料理中


メニューはチャパティを油で揚げたプーリというもの。インドで食べられる料理の中では結構好き。



朝食はプーリ。バターをつけていただいた。



ハンカルからの彼は、隣に座って教科書などを見せてくれる。現在、6科目を学校で習っており、学校は10時から16時までだそうだ。「日本の国旗はバングラディッシュのと似ている」などと言っていた。よく知っている賢い子だ。

おじいさんはすでにハンカルに向かって出発したそうだ。


マルカ村を出発


宿代が「As you like」だったので、400ルピーを支払って、私も出発。8時半。



今日も天気がよく、雲ひとつない。



トレッキングのルート上を歩く人たちは、奥に行けば行くほど、少なくなってくる。


分かれ道


マルカ村を出発してから、2kmほど進んだあたりでザンスカール方面に進むルートとマルカ谷を詰めるルートの分かれ道にぶつかる。



この特徴のある山(?)を右に行くとザンスカールへ続くトレッキング道に繋がる。そちらには行けない私は左側へ。ここで、獣医2人組みに抜かれる。


テツェに到着


分かれ道から、谷間を少し進むをいくつか並ぶチョルテンが目に入る。ここがテツェ。小さなゴンパが丘の上にある。



ここから左方向を見上げてみると、そのゴンパが見える。こんなところに誰もいないだろうと確信しつつ、登ってみることに。ただし、もう4000m近い高度でこの程度の坂を上るのもつらいので、下に荷物はみんな置いて、空身で登る。



門は閉じていて、案の定入れない。石を重ね合わせただけのゴンパで、かなり古そうな感じがする。



ゴンパから見下ろしたチョルテン群。



ゴンパに入れれば、これから進む先の風景が見やすいのだけれど、ゴンパへの登り道から眺めたところではこんな感じ。


ウムルン村


この村も2~3軒といった感じ。川で洗濯をしている人がいたくらいで、あまり人影はない。



途中から、標高6400mの雪を被ったカンヤツェが見えてくる。カンヤツェの美しさに吸い込まれるように歩き続ける。



適当な石を見つけて、昼食。宿でもらったプーリーを頂く。


ハンカル村に到着


ハンカル村の入り口にあるティーショップで少し休憩。ここでもミルクティー。雲が太陽をさえぎると少し寒くなる。



ゴンパの立っている丘の手間はローワーハンカル。ゴンパの立つ丘を回りこむところにあるのが、アッパーハンカル。



アッパーハンカル。台地の上にいくつかの家がある。



尖がった岩場の上にゴンパがあるが、廃墟。



このおばあさんの家に泊まることに。



カブの似たようなものをくれた。旨いのだが、結構、繊維質で食べられるところは少ない。



ハンカルゴンパ(?)。宿のおばあさんがお参りに行くのというので、「毎日のお参りが日課なんだろうなぁ」なんて思いながら、私も付いていく。本当に小さなゴンパ。



宿からのカンヤツェの眺め。明日はあの山の間近まで行く。



宿の裏から見えるゴンパ方面。ここももう少ししたら、大麦の脱穀で馬などが引き回されるのだろう。それにしてもここの村には、牛、ロバ、犬、猫、ヤギ、スズメなど何でもいる。




夕食


夕食のメニューはベジタブルモモ。夜は寒いのでみんな暖炉の周りに集まって過ごす。



おじいさんとおばあさん。



ベジモモ。中身はキャベツかな。



ヨーグルトも。



おじいさんはヨーグルトにツァンパを入れて食べていた。



かき混ぜてから食べる。

夕食後、一段落していたところ、これからウムルンまで帰るなどという人が家に来た。月夜の中を帰るのかと少し驚いた。



HOME | 概要 成田→インド スキュ 3380m マルカ 3800m ハンカル 3980m ニマリン 4730m チョクド 4000m へミス レー デリー デリー

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 夕食のメニューはベジタブルモモ。夜は寒いのでみんな暖炉の周りに集まって過ごす。

    • 「シムラ、チャンディーガル!!」の声が聞こえると同時に、200ルピーを差し出して、座席チケットを確保。

    • メイン展望台からの夕景。

    • イリヤ山頂上。

    • 腹ごしらえが終わったのでムクティナートへ。空は真っ白で、かなり冷える。ということで、このおばちゃんのところでマフラーを購入。ヤクの毛のマフラー。柔らかくてあったかい。かなりのお気に入り。

    • 昨日眺めた景色も、光の加減で違った雰囲気に。川を挟んで右がアイト・ベン・ハッドゥの遺跡、左がアイト・ベン・ハッドゥの村。

    • 右端の電灯の左に付いている白い看板がバス乗り場を表す看板(青地に白いバスのマークが描かれている)。 向こうに見える赤いライトバンがバスで、イーサフィヨルズル空港からイーサフィヨルズルの中心街へ乗ったバスと同じバスだった(この路線バスはイーサフィヨルズル空港とBolungarvík間を結んでいることになる)。

    • Buljma峠から約15分でStruge小屋に到着。気温は8℃。寒い。小屋の主人は愛想が悪い。行動食を食べ20分程休憩し、先を急ぐ。

    • K.Tの自宅。この周辺はこういった家が一般的。