HOME | 概要 成田→インド スキュ 3380m マルカ 3800m ハンカル 3980m ニマリン 4730m チョクド 4000m へミス レー デリー デリー

マルハ谷トレッキングエリア:南アジア(インド) 日付:2008/10/16 (6/11)

ニマリンの朝


6時ごろ、テントからもぞもぞと見てみると、一面真っ白。カンヤツェも真っ白で白煙を吹き上げている。



来た道を見てみると、こちらも真っ白。



ニマリンの奥から太陽が昇ってきているのが分かるが、垂直の虹も見える。

内側に霜がびっしりと張ったテントを畳み、川で水を汲み、その辺でトイレをするが、あまりの寒さに指先の感覚がない。




朝食


おじいさんの石小屋でチャパティを頂く。正直、あまり寝られなかったため、食欲はない。


コンマル峠に向けて出発


石小屋の裏から峠に向けて歩き出す。8時15分。



石小屋とヤギたち。



急坂を登ると、比較的なだらかな台地になる。遠くに見えるへこんだ部分が目指すコンマル峠。



自分の足跡だけが雪原に残っている。


コンマル峠に到着


標高5150m。最後の方は10歩歩いて休憩という感じのペース。かなりキツイ。トレッキングのガイドブックなどによるとニマリンから2時間で来られると書いてあったけど、3時間弱もかかってしまった。



峠にはタルチョなどが寒々しくはためいている。



もう疲労困憊。三脚を出す気力もなく、カメラを石の上において記念撮影。10分ほどの滞在。


あとは下るのみ


登りのときはそれほど深い雪ではなかったけど、下りは膝上まで埋まるくらいの雪。アイゼンなしの夏靴でこんなところ歩く嵌めになるとは思わなかった。部分的に凍っているし、途中途中でスッテンコロリ。さらに雪面のトラバースで危険。登りもきつかったけど、下りはさらにキツかった。



そのうち道は狭い谷に吸い込まれていく。遠くにコンマル峠が見える。



野生の鹿が私の姿を発見し、一斉に崖を登り、ある程度登ったところで、私の方を見ながら警戒している。こんな風に野生の鹿に出会うのは何回もある。



雪がなくなり道がはっきりとしてきたが、水量が少ないため、川の脇を通ったほうがショートカットできることが多い。


チョクドに到着


本当はチョクドから1時間ほど先のスムドまで行く予定であったが、体力的に限界でここで泊まることに。16時。



5軒くらいしかない小さな村。だけど、明るく開放的な感じの村で居心地はよい。



庭には野菜類を収穫した痕跡が。でも、この辺は大麦などしか取れないそうだ。



家のすぐ脇にあるチョルテン。少し外をふらついていると、雲が出てきて少し寒くなってきたので、部屋にもどりごろごろ。そんなことをしていたら、主人がレーから戻ってきた。


夕食


主人が戻ってきてから、野菜カレー。ここの家はラダックの典型的なキッチンとは違い、食器は飾られていなかった。ここで主人とおしゃべりしながら長々と食事。食後にはヨーグルトももらった。シーズン中は1~2000人単位でトレッキングに来ているそうだ。でも、日本人はほとんど居らず、いても年配の方々ばかり。来ているのはほとんどがイスラエル、ドイツ、フランスの人たちらしい。



HOME | 概要 成田→インド スキュ 3380m マルカ 3800m ハンカル 3980m ニマリン 4730m チョクド 4000m へミス レー デリー デリー

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 山の尾根に沿って、長城が作られている。

    • 小学校の廊下。3部屋だけの小さな学校。

    • こんな感じの道をテクテクと歩く。もう木はない。

    • ゴンパの上ではお茶を頂いたりみんなでのんびりと過ごす。 現在こちらの旧ゴンパで生活しているのは3人だとのこと。あとの人たちは新しいゴンパで修行している。ここから下を覗くと「ひぇ~」と叫んでしまうくらい高い。本当によくこんなところに建てたものだ。


    • 湖の周りには、御座がひかれ、みんなここで食事をしている。

    • ケアンズから、さとうきび畑が広がる土地を南下。天気は今にも雨が降りそう。太陽が顔を出すタイミングもあったが、長くは続かない。そして約2時間でレストハウス着。ここでドリンクサービスがあり休憩。簡単な朝食をとることもできる。レストハウスからは、またバスに乗りラフティングのスタート地点に着く。

    • アッパーハンカル。台地の上にいくつかの家がある。

    • ゴロゴロとした巨石の上を歩いて、突き出た堤防の先端まで行ってみる。石の上からはこぶし大くらいのカニが見えた。