HOME | 概要 成田→バンコク→オークランド オークランド テアナウ ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・サウンド ルートバーン・トラック ルートバーン・トラック クイーンズタウン クイーンズタウン オークランド→バンコク バンコク→成田

ニュージーランド(ミルフォード・トラック、ルートバーン・トラック)エリア:オセアニア(ニュージーランド) 日付:2012/12/26 (5/13)

ミルフォード・トラック・トレッキング2日目

朝6:00に目覚まし時計で起床。キッチンでラーメンを食べ、まだほとんどの人が寝ているので、小屋の外で荷造りをして、7:00に出発。今日の行程は、ミンタロ小屋まで16.5kmで標準時間6時間、標高差は500m程度。


好奇心旺盛な小鳥(ニュージーランド・ロビンか)がこちらを伺う。
何枚か写真を撮っていると、飛んでこちらに突っ込んできて、目の前数mのところで瞬く間にUターンして、向こうへ飛んで行ってしまった。



写真を撮りながらストップ・アンド・ゴーを繰り返しているうちに、親子4人組みにあっさり抜かれる。



今日もクリントン川(クリントン渓谷)沿いの道だ。



樹林帯を歩いて約2時間後(休憩時間含む)、地滑りの跡である平原に辿り着き、展望が開ける。
ザックを置いて休憩しているとサンドフライに囲まれ、サンドフライ避けのスプレーを、露出した手の甲と首、そして顔に吹き付け、塗りたくる。



両側が急峻な山に挟まれた幅の広い渓谷になっている。標高差はほとんどなく、ほぼ平坦だ。



崖となった山腹には、あちこちに滝がかかっている。



あまり見かけなかったが、クリントン川にはマスの一種が生息している。私は見なかったが、ウナギもいるらしい。



相変わらず水が綺麗だ。この地点は浅瀬のためか、青みがかっていない。



マッキノン・パスが最初に見える所を通過し、数分歩くとHidden Lakeの分岐点に到着。ここまで4時間半かかっているが、止まっている時間(休憩時間含む)が長いので、所要時間はあまり参考にならないだろう。



Hidden Lake。
正に、こんなところに湖(というより池か)があったのかって感じ。



Hidden Lakeの分岐点まで戻り、ちょっと歩くとなぜかこんな所にトラクターが。トレイルの整備に使うのだろう。



朽ちた木には苔がびっしり生え、そこからまた新しい木が成長する。


Hidden Lakeから30分弱歩くと、「Prairie Lake ←1min」の看板が。もちろん立ち寄る。


Prairie Lake。
Hidden Lakeより広さはないが、ここも休憩にはもってこいの場所。



Prairie Lakeに降り注ぐ滝。



Prairie Lake周辺は、その名の通りプレーリー(大草原)になっていて、しばらく明るい谷間を歩く。



ぶ厚い氷雪を水源とした滝の数々。クリントン川が冷たいのも頷ける。



Bus Stop Shelter近くで飛べない鳥のWeka(ウェカ)と遭遇。特にこちらを気にしている様子はなく、餌を探して歩きまわっていた。


Bus Stop Shelterから緩い登り坂を5分程度歩くと、ガイドウォークの2日目の宿となるポンポーナ・ロッジへの分岐。すぐ先にあるポンポーナ・ロッジに行ってみるが、個人トレッカーは中に入れなさそう。分岐に戻り、さらに高度を上げる。しばらく登ると下りにさしかかり、目の前が開け、下りた先の沢に橋がかかり、左後方には、これまた美しい、滝を何本もかける山が。




バターカップの黄色い花が咲き乱れる小道を行く。



立派な滝があっちにも・・・



こっちにも・・・
とにかく滝が多い。



サルオガセの一種。道中あちこちで見かけた。


16:00過ぎにミンタロ小屋に到着。ちょっと早いが空いているうちに夕食をササッと済ませ、夕食後、近くのミンタロ湖に行く。


ミンタロ湖畔の山。屏風のように屹立している。



ミンタロ湖。マッキノン・パスは山の稜線右側のV字になっている窪んだ所。あそこまで山腹をジグザクに登り上げることになる



ミンタロ湖。風もなく穏やかで湖面が鏡のように木々を映している。



ミンタロ湖。パラダイス・シェルダックのつがい。頭の黒いのがオスで白いのがメス。



HOME | 概要 成田→バンコク→オークランド オークランド テアナウ ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・サウンド ルートバーン・トラック ルートバーン・トラック クイーンズタウン クイーンズタウン オークランド→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 対岸に高層ビル群が見える。近未来を思わせる独特なデザイン。

    • 宿を9時に出発。MTRで楽富駅(5香港ドル)まで移動。

    • ゴンパの管理をしている彼女の子供たちがかき集めてきたキノコがカバンに溢れるくらい入っていた。雨の多いところだから、月代わりでいろいろなきのこが取れるとのこと。

    • 港からミルフォード・サウンド・ロッジの方面に歩いていると、周辺の地図があり、この近くのBlue Duck Cafeの奥の方にMilford Lookout Trackがあることが分かり、行ってみることにする。

    • 宿に入り口にかかっているセンスのいい看板。

    • 農家の風景。 奥に山地があるが、インレー湖周辺の山地を歩くトレッキングツアーもあるらしい。

    • 大通りを走る車は結構スピードを出して走っている。SUV車がステータスシンボルのようで、あちこちで見かけた。

    • スカイライン・ゴンドラの展望台からクイーンズタウン、ワカティプ湖方面の展望。 晴れていれば左上にリマーカブルス山脈のギザギザとした稜線が見えるが、残念ながら雲に隠れて見えない。

    • 徳欽の町並み。燕門に比べて、随分と気温が低いように感じる。