HOME | 概要 成田→バンコク→オークランド オークランド テアナウ ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・サウンド ルートバーン・トラック ルートバーン・トラック クイーンズタウン クイーンズタウン オークランド→バンコク バンコク→成田

ニュージーランド(ミルフォード・トラック、ルートバーン・トラック)エリア:オセアニア(ニュージーランド) 日付:2012/12/28 (7/13)

ミルフォード・トラック・トレッキング4日目

いよいよミルフォード・トラック・トレッキングの最終日、サンドフライ・ポイントまで18km、標準時間は6時間。
15:00サンドフライ・ポイント発の船を予約しているが、時間に追われて歩くのは嫌なので、6時前に起床、朝食を食べて、6:30前には出発する(多分、誰よりも一番早く出発)。


5:50、東の空が茜色に染まっていた。


薄暗い樹林帯の道を快調に歩いて行く。途中、見晴らしのいい所で多少休憩。その後もあまり立ち止まらず歩き、7:45にガイドウォークの人達の休憩ポイントであるBoatshed Shelterに到着。その先には吊り橋があり、アーサー川の右岸から左岸へ渡る。


吊り橋からの展望。


吊り橋を渡って10分ちょっと歩くと、Bell RockとMackay Fallsの看板があり、立ち寄る。
まず、Bell Rockがあり、Look insideと書いてあるので、岩を下の隙間からもぐりこむと、岩の中に立ち上がっても余りある円錐状の縦の空洞ができていた(ライトがないと真っ暗で分からないかもしれない)。


Mackay Falls下流の流れ。岩には苔がびっしり。



近くにはカワウが岩の上に佇んでいた。



Mackay Falls。落差はそんなにない。数段の滝になっている。



Mackay Fallsから15分位歩くと、トレイルに覆いかぶさるように倒木が。葉っぱがまだ青々としているので、倒れてからそんなに日が経っていないものと思われる。



倒木があった場所から約1時間歩くと、アーサー川沿いの崖を登る坂に。坂を上がった展望地で30分休憩。ここで、これまで(おそらく)トップを歩いていたが、2人に抜かれる。



さらに約30分歩き、10:43、Giants Gate Fallsに着く。ここにはサンドフライ・ポイント方面からの日帰りトレッキングで来ている人達もいる。ここでもさらに30分休憩。


Giants Gate Fallsから、ちょろちょろ寄り道しながら1時間半かけて歩いて、12:45にゴールのサンドフライ・ポイントに到着。53.5km(33.5マイル)を歩きぬいた。
多雨地帯と聞いていたので、雨の中のトレッキングも覚悟していたが、4日間とも雨に降られずにすんだ。


ミルフォード・トラックゴールにある33.5マイルの標識。


予約した船の出航時刻は15:00だが、その前の船が14:00発だったので、13:40過ぎに迎えに来た船の係の人=船長に、その船に乗れるか聞いてみたらOKとのこと。


サンドフライ・ポイントの桟橋付近からミルフォード・サウンド方面。
正面の島の、海を挟んでその先にミルフォード・サウンドの港がある。ミルフォード・サウンド・クルーズは島の先の海の左方面を進む。


ミルフォード・サウンド・クルーズ

ミルフォード・サウンドの港に着いて、クルーズ会社のカウンターに掲げられた明日の天気予報を見てみると、雨らしい。出国前に、今晩泊まるミルフォード・サウンド・ロッジの予約と一緒に明日朝のクルーズを予約していた。前日のキャンセル料は100%。予約変更もできない。どうするか迷った結果、快晴ではないが、晴れている今日もクルーズに参加することにし、Southern Discoveries社の15:45発のEncounter Nature Cruise(小さめの船のクルーズ)を予約。出発まで時間がまだあるので、ミルフォード・サウンド・ロッジに荷物を置きにいくことにする。
ミルフォード・サウンド・ロッジまではちょうど定期運行の送迎バスがあったので、それを利用。チェックインし、荷物を置いて、また港まで戻るが、送迎バスがないので歩いて行くことに。集合時間までそんなに時間がないのでかなり速足で歩いたが、港まで20分位かかった。


港の近くの展望地にて。
日が当たっていないのと、雲が多く、ちょっと残念。



今回乗る船はこの船。



ミルフォード・サウンド・クルーズはSouthern Discoveriesの他にReal Journeys、Mitre Peak Cruises、Jucy Cruizeの4社が運航。



この景色がミルフォード・サウンドの代表的な景色だが、この時間は逆光気味。こちら側からの景色は午前中の方が良さそう。



世界を周っているような豪華客船も観光に来ているようだ。


船は狭い入江(といっても結構広いのだが)を、入江にそそり立つ岩壁沿いに時計回りで運航。ちょうど1時間で折り返し地点のタズマン海への出口に到着。


タズマン海への出口。この先の大洋への出口ギリギリまで進み、折り返す。



折り返して、来た方面に向かいまた戻る。



岩に寝そべるオットセイ。近くに寄って停まってくれる。



気持ちよく熟睡中。



Stirling Falls。
この後、しぶきがかかるくらい近くに寄っていく。



Stirlig Fallsのしぶきで虹の輪ができた。



いつの間にかに雲が取れ、天気も上々。やはり晴れている方が断然いい。



イルカにも遭遇。ここも近くに寄って、しばらく観察させてくれる。









Bowen Fallsが見えてくると、そろそろクルーズも終了。


17:50に帰港。パンフレットには3:45PMから2時間15分のクルーズと紹介されていたが、10分程短めだった。下船時間も入れて2時間15分ということか。


下船する乗客に手を振る船長。



港からミルフォード・サウンド・ロッジの方面に歩いていると、周辺の地図があり、この近くのBlue Duck Cafeの奥の方にMilford Lookout Trackがあることが分かり、行ってみることにする。


入口は簡単に見つかり(サザーランド夫妻の紹介をしている案内板の脇)、トレイルを登っていく。一旦下り、また登ると(おそらく)水道用タンクがある場所に辿り着く。この辺りからトレイルが分かりづらくなるが、赤テープが付いているので、それを頼りに踏み跡をドンドン登る。いつまで経っても展望台に着かず、いかにもほとんど歩かれていない感じなので、おかしいなと思うが、踏み跡と赤テープはさらに先へと続いている。途中で道に迷いながら30分位歩いたところで、とうとう踏み跡も赤テープもなくなり、やむなく戻る。登る時はひたすら前に進めばよかったが、下りはルートを間違えないよう慎重に下る。幸い、赤テープは短い間隔であるので、踏み跡がおぼつかなくても、何とかルートを間違わず歩けた。そして、先程通過した岩場によじ登ってみると展望が得られ、良好な景色を眺められた。


岩場からの風景。なかなかの展望だ。
マイターピーク(左の尖った山)が影になっているのが実に惜しい。



歩いたルートの一部はこんな感じ。下手すると道に迷うと思う。


水道用タンクを通過し、登り口までかなり近付いた所の左側に小広いスペースがあり、寄ってみると、なんとここがお目当ての展望台だった。登り口から数分の距離だと思う。後で、先程見た地図を確かめると、その程度の距離までがTrackのルートになっており、私が歩いたその先のルートは表示されていなかった。あの踏み跡と赤テープは何だったのか。一昔前はTrackとして紹介されていたのか。踏み跡の状態からすると、間違いなく、私同様、ここ最近も歩いた人が少なからずいるはずである。


こちらが地図でも紹介されていたMilford Lookout Trackの展望台からの景色。



マイター・ピークのズームアップ。
午前中の方が日の当たり具合はいいだろう。


Milford Lookout Trackへの寄り道で思いのほか時間かかってしまったが(この時点で19:30)、日の入り時刻は21:30頃なので、この先にあるMilford Foreshore Walkに寄ってから宿に帰ることにする。


Milford Foreshore Walkの展望地。



上の写真の右端の雪山(Mt.Pembroke)のズーム。


20:05にミルフォード・サウンド・ロッジに戻り、4日ぶりのシャワーを浴び、夕食を食べる。Blue Duck Cafeでも食事はできるが、荷物を減らすため、日本から持参したスパゲッティを調理した。


ミルフォード・サウンド・ロッジへの入口。



ミルフォード・サウンド・ロッジのキッチン。



ミルフォード・サウンド・ロッジから見えた山の夕景。


21:20過ぎ、日の入りの時間だが、ふと、ミルフォード・サウンドの夕景がどんなものか見てみたくなり、また先程のMilford Foreshore Walkまで行くことにする。小走りで急ぐが、途中で見えた西の空は既に夕焼けも終わろうとしている。



展望地に着く頃(21:40)には夕焼けもほとんど終わってしまった後だった。何人かの人達が、海岸の先の方に固まっているのが見えたので私も海岸に下り、そちらへ行ってみる。
立派な三脚を持っている人もおり、彼らもここからの夕景を狙っていたようだ。


太陽はこの写真の約90°左の方角に沈んだので、山自体はあまり赤く染まらないだろうが、条件が良ければ、上空の雲が夕焼けに染まり、波の穏やかな海面も赤く染まるはずだ。



三脚を立てたカメラマンがいた場所から西の方面を見る。
既に夕焼けは終わっているが、なるほど、ここで見る夕焼けは、さぞかし綺麗だったであろう。



HOME | 概要 成田→バンコク→オークランド オークランド テアナウ ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・サウンド ルートバーン・トラック ルートバーン・トラック クイーンズタウン クイーンズタウン オークランド→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 餌付けをしているわけではないが、やはり人の住んでいる所に餌を求めて集まってしまうみたい。

    • 大展望のいにしえの街をブラブラ歩く。

    • エルナクラムのバススタンドにどんどん入ってくる南行きのバスに飛び乗る。14時53分。途中から座れる。41ルピー。 この辺を走ってるバスには窓ガラスがなく、シャッターのような雨よけがあるだけ。なので、数時間も乗っていると埃まみれ。

    • 15時20分発のカトマンズ行き(イエティ)だったので、14時くらいには空港に到着。チェックインをして待合室で待つも、飛行機が遅延。

    • 解放北路を南下し、エイティガール寺院までくると、ウイグル人がモスクの前に結構な数が集まっていた。何のために集まっていたのか分からなかったが、警察が来て、彼らを解散させていた。武装警察も駆けつけ車の中から警戒。

    • 村の中に建つチベット寺に参拝。今はオフシーズンでオフシーズンに来るのは日本、韓国、香港などの人が多いとのこと。欧米人はオンシーズンに来る。まぁ、しょうがないよね。その時期しか休みが取れないんだから。

    • 紅茶工場のあとは、エレファントパークへ。体験料2000Rs。少々高いとは思ったが、スリーウィラーのおじさんに言わせるには、象の孤児院なんかより良いとのこと。「あっちは、遠くからちょっと見るだけだけど、こちらは象と遊べる」って。

    • アルチへ来た道をそのまま戻る。但し、サスポルへ渡る橋は渡らずにバスなどが通る車道とは反対側の道を歩いて、アルチ方面に向かう。空は相変らず鉛色。気温も低く、風が冷たい。耳も痛くなってくる。ついでも気分まで凹んでくる。年末年始の天候は良いと踏んでのラダック行きだったのに。