HOME | 概要 成田→バンコク→オークランド オークランド テアナウ ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・サウンド ルートバーン・トラック ルートバーン・トラック クイーンズタウン クイーンズタウン オークランド→バンコク バンコク→成田

ニュージーランド(ミルフォード・トラック、ルートバーン・トラック)エリア:オセアニア(ニュージーランド) 日付:2012/12/27 (6/13)

ミルフォード・トラック・トレッキング3日目

今日の行程は14km、標準時間6,7時間。標高640mのミンタロ小屋から1154mのマッキノン・パスを越え、標高125mのダンプリン小屋まで下ることになる。
朝7:00過ぎに出発。天気は曇り。山の上部には雲がかかっている。晴れて欲しいが、晴れなくても雨だけは降らないで欲しい。
しばらくはほぼ平坦な道だが、やがて本格的な登りが始まる。登るにつれて、雲が近づいてくる。樹林帯の道だが、時折、見晴らしが良さそうな所もある。しかし、曇っていて見晴らし良好とはいかない。


晴れていればクリントン谷の源流部分のカールが見えるであろうが、今はそれを望めない。


展望は良くないが、足元には花があちこちに咲いているので、花の写真を撮りながら、息が切れないペースでゆっくりと登る。








やがて樹林帯を抜ける。晴れていれば・・・と思うが、とうとう霧(雲)の中を歩くことに。



緩斜面になり、池塘もちらほら見え始める。



この辺りも花が多い。晴れていれば天上の楽園的な雰囲気なのだろう。





小屋を出てからちょうど2時間でクインティン・マッキノンの記念碑が建つ鞍部に到着。
マッキノン・パスの標識はさらに登ったところにある。



記念碑のすぐ脇には、いたずら好きオウムのケアが。
ザックを置いて三脚を立て、記念撮影の準備をしていると、ザックの上に乗っかりザックをつつき出したので、慌てて追っ払った。



記念碑の向こう側は絶壁になっている。上空は霧(雲)で真っ白だが、下の方は晴れているようで、日が射している。



時折、霧が薄くなり、うっすらと見えるその先は大展望を予感させる雪山の姿が。
しかし、うっすらと見えたかと思うと、すぐにまた霧で隠され、もどかしい。




太陽は霧で隠され、風も吹きつけるので寒いが、大展望を期待して衣服を着込み、霧が晴れるのを待つことにする。後続のトレッカーがパラパラと通過していくが、時間はたっぷりあるので、たまにうっすらと姿を現し、すぐまた消えていく山々に一喜一憂しながら粘り強く待つ。
30分位待ったであろうか、依然、全開とはならないが、明らかに霧が薄くなる時間が多くなってきて、シャッターを押す回数も増えてきた。そして、1時間以上待ち、やっとクリアに見えるようになった。
早起きは三文の徳というが、今日は遅く起きた方が良かったみたい。


マッキノン記念碑からの展望。
この後、この山(エリオット山)の麓まで、写真右の方面を最高地点を越えてから大回りして下り、沢沿いを左下方向(クインティン・ロッジ方面)へ下ることになる。



上の写真のさらに左の景色。見事な大展望。
左下の平地に小さくクインティン・ロッジが見える。


10:30、記念碑のあるポイントを出発。1時間半もいたことになる。


トレイルはまだ登りが続くが、絶景を見ながらの登りで、気分はハイテンション。





途中、三脚立てての記念撮影をしながら登り、25分で「Mackinnon Pass Highest Point Altitude:1154m」の標識が立つミルフォード・トラックの最高地点に。


峠を越え、下りにさしかかり、すぐにクリントン渓谷が見渡せるポイントに着く。


クリントン渓谷のミンタロ小屋方面。昨日は、この谷を歩いてきたことになる。
山の上は、まだ厚い雲に覆われている。
雲はクリントン渓谷方面から流れてきて、我々の歩く稜線を越えて、消えていく。







マッキノン・パス・シェルターを過ぎ、エリオット山を正面に見ながら徐々に下っていく。
やがてジグザクに下った後、さらに山腹を斜めに下っていくことになる。



このカール状の地形の左下の沢へ下りていく。
エリオット山はこの写真の左側に聳え立っている。



上の写真の沢に下りた地点。真ん中の山(ハート山)の左下の最低鞍部辺りが記念碑のあった所。



見事な尖頭のハート山(上の写真のズーム)。




トレイルはやがて樹林帯に入り、左に沢の音を聞きながら高度を下げていく。
クインティン・ロッジまでは何ヶ所か滝の見えるポイントがある。






13:30過ぎ、クインティン・ロッジへの分岐点に到着。クインティン・ロッジの先は落差580mのサザーランド滝の滝壺まで続くトレイルがあるのだが、2012年10月に土砂崩れが発生した影響で、残念ながらクローズになっていた。



クインティン・ロッジからダンプリン小屋方面へ約10分進むと、サザーランド滝を遠望できるポイントに。落差580mといっても3段になっており、その上部2段がここから見える。



ダンプリン小屋への道中、樹林越しに垣間見えた雪山。


クインティン・ロッジから50分程で、今宵の宿のダンプリン小屋に到着。時刻は16:26。今日は40人中、21番目の到着だった。
飲み水が残り少なくなってきたので、キッチンの蛇口をひねりペットボトルに水を入れると、やや濁っている。そこで近くの沢の水を汲みに行くことにする。来た道には近くに沢がなかったので、本来、明日通る道の先で探すことにする。雨があまり降っていないためか、涸れ沢が多く、10分程下った所に小さな沢があったので、水を入れるとやはり濁っている。仕方なくあきらめ、先程通過したアーサー川の水が綺麗な所に戻り、そこでしばらく遊ぶことにする。


この地点は、珍しく川の幅が広くなり、池のように流れがほとんどないトロ場になっている。見える範囲に魚はいない。



あまりの水の綺麗さに、初日同様、川の中に入って水中撮影をしてみた。
ここの水を汲んでもよかったが、日本から携帯用簡易浄水ボトルを持ってきていたので、結局、小屋のキッチンの水をこの浄水ボトルで浄水して汲んだ。濁りは取れなかったので、この浄水ボトルの性能は疑わしいが、後で飲んでもお腹は壊さなかった(浄水しなくても壊さなかった可能性も高い)。


1時間半程、小屋の周りでブラブラ過ごし、小屋に戻る。小屋のすぐ近くにも水浴びできるポイントがあった。




ダンプリン小屋のキッチン兼談話室。
今日の夕食は、日本から持ってきたアルファ米の五目ご飯に熱湯で温めるカレーピラフの素を絡めた五目カレーピラフ?。味は・・・普通にうまい(笑)。



HOME | 概要 成田→バンコク→オークランド オークランド テアナウ ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・サウンド ルートバーン・トラック ルートバーン・トラック クイーンズタウン クイーンズタウン オークランド→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 翌朝、少しずつ霧が晴れてきた。霧が晴れるまで窓の下にプールがあることすら分からなかった。

    • 体調が万全でないのに、ビールを飲んだせいか、気持ち悪くなってトイレで嘔吐(失礼)。

    • 野菜売り場。

    • さらに時間は経過して、日没の約30分後。この約5分後、地平線近くの赤みが薄れてきたのでキャンプグラウンドへ戻ることにする。

    • どこの国のバスターミナルも構造は同じ。ダンブッラ行きのバスを探す。建物の右奥に「ダンブッラ」と記載された看板を見つけると、その前にはすでにバスが停まっていた。

    • 昆明駅からホテルに戻る途中に通った路地にて。

    • 数百匹のコウモリが竹の枝にぶら下がっている。ここでは洞窟ではなく、明るい外にコウモリがいる。

    • 19時過ぎからダンス開始。打楽器と歌(ノリノリに歌う)による演奏の後に、役者が登場した。

    • タクシーの運転手。この時期猛暑で観光客が少なく儲からないとのこと。ここから空港までタクシーで行くと220Rsで、ホテルが旋回すると30Rs上乗せされて、250Rsになるんだって。